AO入試とは

ARTICLE

AO義塾ならたった3ヶ月の集中対策で慶應に行けちゃう?!慶應SFC(総合政策・環境情報学部)一般入試対策英語ができなくても、小論で6割を取れば合格できる!?

慶應義塾大学総合政策・環境情報学部(SFC)は小論で逆転合格を狙おう

慶應義塾大学SFC(総合政策学部・環境情報学部。以下SFCと表記します)の一般入試の特徴は、何と言っても2教科受験が可能な点です。短期間の「集中的な対策」によって「慶應大学合格」を大逆転で掴みとることができる学部なのです。 具体的には、
  • 「英語」と「小論文」の2科目
  • 「数学」と「小論文」の2科目
  • 「情報」と「小論文」の2科目
  • 「数学+英語」と「小論文」の3科目
  • での受験が可能です。 特に、SFCの一般入試の合格の肝は、「小論文対策」!! SFCの一般入試はどの受験科目を選択しても必ず「小論文」は受験しなければならず、大学側は「小論文」を重視していることがよくわかります。実際に、「外国語」や「数学」、および「情報」の科目は「足切りライン」として利用されており、「足切りライン」さえ超えれば、小論文の点数が最も大きな「合否の判断基準」となるのがSFCの一般入試の特徴です。

    1月の一般向け小論文対策講座の予定一覧

    • 1/5 9:00-12:00 阿鼻地獄小論道場
    • 1/19 13:00-16:00 SFC一般小論
    • 1/21 10:00-13:00 SFC一般小論
    • 1/21 18:00-20:00 文章力道場
    • 1/26 13:00-16:00 SFC一般小論
    • 1/28 10:00-13:00 SFC一般小論
    • 1/28 18:00-20:00 文章力道場
    • 28日より後も開催予定です!   ▶︎阿鼻地獄小論道場とは?こちらをクリック 随時体験授業(2回可能)も承っております。「○日の▲▲の授業を希望します」とお伝えいただくと、スムースです。無料体験のお申し込みはこちら

        

      慶應義塾大学SFCとは(キャンパス紹介)

      慶應義塾大学SFCとは、1990年に開設された慶應大学の湘南藤沢キャンパス(Shonan Fujisawa Campus)の略称です。これまでの学力偏重型の大学の慣習を改め、多様化した社会に対して文理を超えた様々な学問の力を駆使しながら、問題解決可能な人材を養成することを目指したキャンパスです。    具体的には、総合政策学部では、政策マネジメント、経営、コミュニケーションスキルなど、環境情報学部ではテクノロジー・デザイン・サイエンスなどを主に学ぶことができ、いずれの学部に入学しても、いずれの学部の授業を自由に履修することができます。経営×デザイン、政策マネジメント×テクノロジー、コミュニケーションスキル×サイエンスなど、「無限の学びの掛け合わせ」が可能になり、文理横断の複合的な学びを駆使して、「問題発見・問題解決能力」を皆さんが手にすることができるキャンパスです。   

      お申込み

      AO義塾のSFC対策に興味がある!という方は、以下よりご連絡をお待ちしております。 無料体験のお申し込みはこちら また、ご相談等ございましたら、jimu@aogijuku.com または、03-6300-0506(13:00〜22:00)までご連絡ください。