学習院大学に
合格したい受験生へ。
学力”だけ”に拠らず出願できる入試を【AO推薦入試】と呼称しています。このページでは、学習院大学を志望する受験生が知っておくべき、AO推薦入試に関する情報を提供します。

はじめに:GMARCHもAO入試ってあるの?

AOや推薦入試というと、「私には関係ない。スポーツのできる人が受ける入試でしょ。」と思う方も多いかもしれません。しかし、知らなかっただけですでに出願資格をクリアしていて、倍率が低く更に一般入試前に合格を獲得できるAO入試に合格できる可能性が高い人が多くいるのです!

入試は情報戦です。「知らなかった」というだけであなた自身の将来さえ左右してしまうかもしれません。GMARCHのAO入試について詳しく見てみましょう。

学習院大学のAO入試の特徴

学習院大学はGMARCHの六校の一つとして、近年受験者数が増加している大学のひとつです。「ひろい視野 たくましい想像力 ゆたかな感受性」を教育目標とし、学生の個性を尊重しながら、文理両分野に広義の基礎教育と多様な専門教育を有機的に繋げる教育を行なっています。自ら課題を発見し、その解決に必要な方策を提案・遂行する力を十分に身につけた人材を育成することを使命としています。一見難易度が高いように見えますが、GMARCHの中でももっとも合格する可能性が高い大学の一つでもあるのです。

AO推薦入試【実施状況】各学部のここ数年の動き

学習院大学では、AO入試、自己推薦特別入試、公募推薦入試、海外帰国生のための入試を実施しています。また、全学部でAOまたは推薦入試のどちらかを実施しています。

AO推薦入試を実施している学部・定員

このページの目次:
▼経済学部▼文学部▼理学部▼国際社会科学部▼法学部政治学科

*定員が明記されていない各学科・入試方式については若干名の募集となっています。
また、このページはAO義塾独自の記事です。正確な情報は大学公式ホームページでご確認ください。

入試までのスケジュール

8月下旬
法学部自己推薦 出願
9月下旬
法学部自己推薦 最終試験(筆記、面接)
11月初旬
AO入試:国際社会科学部 出願
公募推薦:経済学部、文学部、理学部、国際社会科学部 出願
11月中旬
公募推薦:文学部 筆記・面接試験
11月下旬
公募推薦:理学部 最終試験(筆記・面接)
12月初旬
公募推薦:経済学部 最終試験(筆記・面接)
12月中旬
AO試験:国際社会科学部 最終試験(筆記・面接)
公募推薦:国際社会科学部 最終試験(筆記・面接)

学部ごとの要件・ポイント

経済学部
(若干名)
経済学部では経済学科・経営学科共に公募制推薦入試を行なっています。
・全体の評定平均値が経済学科は3.8以上、経営学科は4.0以上であること
・数学I、II、Aの評定平均値が4.0以上であること
・TOEIC500点以上、TOEFL(iBT)45点以上、IELTS4.5以上、GTECforStudents580点以上、GTEC(CBT)850点以上、TEAP(R+Lの合計)110点以上、英検2級以上、この中の条件をいずれか二つ満たすこと
この三つの条件は様々あるAO推薦入試の出願条件の中でもとても優しい基準であり、合格しやすいと言えます。
文学部
(若干名)
文学部では公募制推薦入試を行なっています。評定平均値のみが出願条件とされており、英語の試験のスコア提出等はありません。また、学科によっては評定平均値が3.5さえあれば出願できるため、成績を取ることが難しい高校に通っている人には穴場と言えます!そして、2016年の入試において倍率は平均して約1.3倍となっています。
理学部
(若干名)
この学部の公募制推薦入試では評定平均値4.0が出願条件とされており、化学科・生命科学科は学年で上位15%以内であることが求められていますが、倍率が約1.2倍と大変低いため、出願すればほぼ確実に合格を獲得できると考えられます。
国際社会科学部
(20名)
国際社会科学部では公募制推薦入試、AO入試の二種類が実施されています。
公募制推薦入試では
・全体の評定平均値3.8以上
・数学I、II、Aの評定平均値が3.5以上
・TOEIC500点以上、TOEFLiBT45点以上、IELTS4.5以上、GTECforStudents580点以上、 GTECCBT850点以上、TEAP(R+L+S+Wの合計)210点以上、英検2級以上、この中の条件をいずれか一つ満たすこと
の三つが出願条件となります。
また、AO入試は学校長からの推薦書を必要としませんが、英語試験のスコア基準が高く設定されています。
・TOEFLiBT62点以上、IELTS5.5以上、TOEIC910点以上、GTECCBT1200点以上、TEAP310点以上、英検準一級以上、ケンブリッジ英検合格者、この中の条件をいずれか一つ満たすこと
国際社会科学部は2015年に新設された学部であり
近年の国際系学部の人気の高まりを考るととかなり易しい出願条件となっており、穴場と言えます。
法学部政治学科
(5~10名)
法学部では自己推薦特別入試を実施しています。この入試は公募制推薦とは違い学校長からの推薦を必要としません。また、評定平均値は出願条件に含まれていないため、英語試験のスコア、小論文、そして面接で合否が決まります。
・TOEIC680点以上、TOEFLiBT68点以上、PBT500点以上、IELTS6.0以上、GTECforStudents710点以上、GTECCBT1060点以上、英検準1級以上、ケンブリッジ英検合格者、国連英検B級以上
上記のいずれかの条件を満たすことが求められています。

帰国生入試を実施している学部・定員

法(若干名)、経済(若干名)、文(若干名)、理(若干名)

      
キャンペーンや対策ノウハウ更新中