面接試験で最も大事なこと

人間性や志望動機を実際に確認する場

AO入試を実施する多くの大学で、二次試験に面接試験を設けています。面接試験の目的は、受験生の人間性や志望動機などを評価すること。もし学校や塾の先生に志望理由を考えてもらっている人がいるならば、この試験で見抜かれ、それ相応の結果が出るものと覚悟してください。 「この生徒は本気でウチの大学でも学びたいのか」試験官はじっくりと受験生を見定めていきます。多くの場合、 1次試験で提出した志望理由書や活動報告書などをベースに面接が行われています。 面接官によって、和気あいあいとした雰囲気だったり緊迫した雰囲気だったりと、一概に面接の雰囲気を断言することはできません。しかし、万が一の事態に備えて厳しい質問が飛んでくると予想しておいた方が良いでしょう。

面接試験の3つのチェックポイント

面接の場で試験官が具体的に見るのは  1)マナー 2)態度 3)想い です。それぞれ説明していきましょう。

面接官はここを見ている ①マナー

面接の流れとマナー

面接対策としてまず必須なのが、「マナー」です。 以下面接の流れとその場でのマナーを説明します。

【入室】 ドアをノック。「どうぞ」という声がかかってから入室します。扉を閉めた後に、「失礼します」とハッキリいいましょう。その後、45度ほどの角度でのお辞儀をしたのち、椅子まで歩きます。この時、大きな音を立てて扉を閉めないことや、靴を引きずった歩き方をしない、足音がうるさくならないように注意します。

【着席】 椅子のそばに立つと、多くの場合面接官から「名前と出身校、受験番号お願いします」と言われます。それらに大きな声で切りと答えましょう。面接官から「どうぞお掛けになってください」と言われた後に、「失礼いたします」と言って椅子に座ります。この時、椅子に深く腰掛けるのではなく、浅く座って背筋を伸ばし、両手は膝の上におきます

【面接】 どのような質問が飛んでこようとも、あせらず答えましょう。面接中も基本的に姿勢は崩さず、両手は膝の上。身振り手振りをつけるのはもちろんOKですが大げさになりすぎないようにします。

【退席】 「これで面接を終了します」と面接官に言われたら、すっと椅子から立ち上がって「ありがとうございました」とお礼を言います。速やかに、退室するまで扉まで移動しましょう。この時、後ろ姿も評価対象になっていることを忘れずに。

【退室】 扉の前で面接官のほうを振り返り「ありがとうございました」と述べて、45度のお辞儀をして退室します。このようなマナーは学校の先生の指導方針など「によって細部が異なります。しかし基本は上記のように考えていいでしょう。同時に2つのことをしないように気をつけてください。お辞儀をしながらお礼を言う、失礼しますと言いながら腰かける、お辞儀をしながら扉を開けようとするなど、受験生はやりがちですが、動作が雑に見えてしまいます。

録画してチェックする

学校の予備校の先生にも模擬面接をお願いするのはもちろんのこと、それをビデオカメラや携帯電話のカメラで録画することも、有効な練習法の1つです。録画した自分の姿を見ると、意外なクセや、気になるポイントが見つかったりします。そうした点を修正しながら、面接対策を行っていきましょう。

面接官はここを見ている ②態度

「厳しい質問も愛情の一部」として割り切る

面接試験でのミスパターンとして、緊張で固くなりすぎてしまうことがあります。丸暗記してきた志望理由はスラスラ言えるのに、その他の質問に対しはカチンカチンになって何も言えなくなっては一大事です。 そこで普段から面接時の「態度」を意識していきましょう。「変に自分を取り繕うとしない」「教授との対話を楽しむ」「常に笑顔とハキハキした声」といったポイントが大事です。 教師は未来の教え子になるかもしれない受験生との対話を楽しみにしています。厳しいことを聞いてくるのも、愛情の一部です。厳しいことを厳しい口調で聞かれてもすることせず前向きに捉えていきましょう。ここでも、先ほど説明したようにビデオカメラや携帯電話のカメラで面接の風景を録画し、その内容チェックして修正を加えていくのが良い対策になります。

面接官はここを見ている ③想い

強すぎても弱すぎてもダメ

「こんにちは」と言う言葉でも、楽しそうな言い方、悲しそうな言い方、ぶっきらぼうな言い方で印象が全く異なります。 言葉を口に出すとその人の心情や思いが込められて、その言葉の印象大きく左右するからです。面接においては、話言葉を使って、いかに「想い」を上手に伝えられるかが合否の決め手です。 自分にはたくさんの想いを詰めたつもりでも、試験官から見ればやる気がなさそうだったり、逆にアピールしすぎて押し付けがましい印象与えてしまったりすることもあります。ここでも、録画を通してできるだけ客観的に自分の印象やクセを把握して、その修正・改善をしましょう。想いの込め方が足りないと薄っぺらく見え、あからさまに想いをこめすぎると途端にうさんくさく見えるものです。そうしたバランス感覚を大切にしながら、面接に挑みましょう。

よく聞かれるのはこんなこと

質問は事前に準備しておこう

面接試験での質問は、大学・学部また面接官によって様々です。しかし、「よく聞かれる質問」はあります。答えを丸暗記するのはオススメできませんが、想定内に質問にはある程度、準備しておきましょう。 なお、ここでは面接の序盤では肩慣らし的に答えやすい質問を、中盤で核心的な質問に入る、と想定していますが、序盤から核心に触れる質問をしてくる面接官も少なくありません。どちらであっても慌てずに対応しましょう。

【面接の序盤】

  • 「簡単に自己PRお願いします」
  • 「〇〇の出身なんですね。〇〇の問題点は何だと思いますか。〇〇の好きなところってどこですか」
  • 「今日はどうやって会場まで来ましたか」
  • 「今日以前にこの大学に来たことありますか」
  • 「オープンキャンパスに参加しましたか」
  • 「高校時代に打ち込んできた事はなんですか」
  • 「最近何か気になるニュースはありますか。」
【面接中盤以降】
  • 「なぜ〇〇大学〇〇学部を志望しましたか」
  • 「他の大学ではだめなのですか」
  • 「どうして志望理由に書いてあるような志を抱いたのですか」
  • 「大学で具体的に何を学びたいですか」
  • 「志望理由に関連する〇〇についてどう思いますか」
  • 「大学でやってみたい事はなんですか」
  • 「人生において最も影響受けた事はなんですか」

あくまでも、上記の質問は、ごく一般的な例で、大学・学部により、核心に迫る質問は、大きく違います。特に、教授が自分の志望理由に書いている研究内容の専門家である場合、より深く、専門的な質問される場合もあります。AO義塾では、過去の受験生からの調査をもとに、東大、慶応、早稲田、上智始め、多くの国公立大・上位私大の面接・口頭試問データを保有しています。また、指導にあたる講師も、実際にAOや推薦で合格をした者であり、本番に即した模擬面接授業が可能です。

無料体験は二回まで実施しております。まずは、受験相談を代々木・横浜・吉祥寺・柏校舎でおまちしております。 また、大阪大学世界適塾入試二次試験対策は、現在全授業を無料キャンペーン中です。大阪大学世界適塾入試についてはこちら

答えの丸暗記が危険な理由

答えにギャップがありすぎると印象が良くない

ここまで何度も述べてきましたが、面接試験の具体的な対策として、学校の先生などに面接の相手役になってもらい、模擬面接を重ねましょう。その中で出てきた質問や自分の志望理由について予想される質問をリストアップしておき、それに対する答えを、ある程度考えていくことが大切です。ただし、質問に対する答えを考えるときに、その答えを丸暗記するのはオススメしません。 想定内質問と想定外の質問に対する受け答えの差が開きすぎていると、面接官に悪い印象与えかねないので、あくまでも答えのの指針程度に留めておきましょう。しかし、どうしてもしゃべることに不安が残るのならば、志望理由だけなら暗記しても良いでしょう。< /p>

自分が面接官になってみる

学校や塾に同じ受験生がいるならば、交互に面接官役をやってみるのもおすすめです。面接官の目線で見ると、座っている受験生のちょっとした動作や言葉遣いの癖、表情の動きなどが意外と目に付くことに気づくでしょう。そこで気づいたことをメモしておいて、自身の面接に活かしましょう。まさに「人の振り見て我が振り直せ」です。

苦手を得意に変えるには

この大学で学んでいる自分を明るくイメージ

面接試験に苦手意識を抱いている受験生は、たくさんいます。確かに、自身の人生を左右するかもしれない面接試験に平常心でいる事は難しいことです。面接官にある教授陣に恐れを抱いている人もいるかもしれません。 でも、怖がる事はありません。 面接試験も、何度か練習を積めば自分の考えが整理され、場慣れしていきます。また、試験官である教授陣も、未来の教え子になるかもしれない皆さんと直接しゃべれる時間を、きっと楽しみにしています。もしかすると、面接であった教授の授業を受講したり、ゼミに入ったりするかもしれません。そう考えるとワクワクしてきませんか。 これまでの項目を参考に、貴重な面接試験という時間をぜひ楽しんでください!

キャンペーンや対策ノウハウ更新中