関西大学に
合格したい受験生へ。
学力”だけ”に拠らず出願できる入試を【AO推薦入試】と呼称しています。このページでは、関西大学を志望する受験生が知っておくべき、AO推薦入試に関する情報を提供します。

はじめに:関関同立もAO入試ってあるの?

AOや推薦入試というと、「私には関係ない。スポーツのできる人が受ける入試でしょ。」と思う方も多いかもしれません。しかし、知らなかっただけですでに出願資格をクリアしていて、倍率が低く更に一般入試前に合格を獲得できるAO入試に合格できる可能性が高い人が多くいるのです!

入試は情報戦です。「知らなかった」というだけであなた自身の将来さえ左右してしまうかもしれません。関関同立のAO入試について詳しく見てみましょう。

関西大学のAO入試の特徴

関西大学は関関同立の四校の一つであり、その設備のよさや学生生活の送りやすさなどから高い人気を誇る大学です。関西大学が求める人物とは「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」をもち、4年間で自分自身を育成する意欲にあふれた人物です。関西大学のAO入試の特徴としては、全学部で選別方式が大体統一されており、1次試験が書類審査、2次試験が主に面接となっています。これは大学側のAO入試に対する理念がしっかりとまとまっているためであり、その理念を理解して入試に挑めば、高い倍率を蹴飛ばして合格への道にぐっと近づけます!

AO推薦入試【実施状況】各学部のここ数年の動き

関西大学では、AO入試、SF(スポーツ・フロンティア)入試、推薦入試など、多彩な入試制度を設けています。大学全体がAO入試で見る素質は先ほど述べましたが、各学部ではどのような素質を求めているのでしょうか

AO入試を実施している学部・定員

AO入試

法(25名)、文(10名)、経済(5名)、商(5名)、社会(10名)、政策創造(5名)、
外国語(15名)、人間健康(10名)、総合情報(20名)、社会安全(5名)、
システム理工(10名)環境都市工(8名)、化学生命工(5名)

スポーツ・フロンティア入試(スポーツで優れた成績をおさめた者のための入試)

法(10名)、文(10名)、経済(10名)、商(10名)、社会(10名)、外国語(3名)、
人間健康(30名)、総合情報(10名)、社会安全(5名)、システム理工(5名)、
環境都市工(3名)、化学生命工(3名)

推薦入試を実施している学部・定員

公募制推薦入試(センター試験を課さない)

商(15名)、システム理工(15名)、環境都市工(11名)、化学生命工(30名)

このページの目次:
▼法学部▼文学部▼経済学部▼商学部▼社会学部▼政策創造学部▼外国語学部▼人間健康学部▼総合情報学部▼社会安全学部▼システム理工学部▼環境都市工学部▼化学生命工学部

*定員が明記されていない各学科・入試方式については若干名の募集となっています。
また、このページはAO義塾独自の記事です。正確な情報は大学公式ホームページでご確認ください。

①法学部

法学部では、AO入試、SF入試が用意されています。法学部は国際的なコミュニケーションに積極的に貢献できる能力を求めています。そのため、日本語でも英語でも、相手の意見を正確に読み取り、自分の意見を正確に伝えることが求められます。

政治学科
(25名)
【1型】求める基準はとくになし。ただし、
・実用英語技能検定2級以上
・TOEIC®L&R500点以上(TOEIC IPテストを除く)             
・TOEFL iBT®52 点以上(TOEFL ITPテストを除く)
・GTEC for STUDENTS Advanced 550点以上
を持つ受験者は1次試験合格とし、英文での小論文免除
英文での小論文を要提出
書類審査(出願書類、英文での小論文含む)や英文の要約問題、面接によって合否が決まります。1次試験や小論文免除があるので英語が得意!という方は是非とも受けたい試験です!正確に読み解くことが大事なので、細かい文法などにも注意して日ごろから英文を読んでいきましょう!
【2型】求める基準はとくになし
指定図書についての小論文要提出(2000~2500字)
書類審査(出願書類、指定図書についての小論文を含む)と試験日当日の指定図書についての小論文、面接によって合否が決まります。法に関する内容なのでそれなりの予備知識は必要で準備時間がかかりますが、指定図書をじっくり読み込んでいれば誰にでも合格の可能性はあるといえます!
【3型】求める基準はとくになし
将来計画書を要提出(2000~2500字)
書類審査(出願書類、将来計画書含む)、小論文、面接によって合否が決まります。3つの型の中で最も一般的なAO試験に近い形で、対策が最もしやすいといえるでしょう。

②文学部

文学部では、AO入試、SF入試が用意されています。文学部では大学に入った後どの専修での学びに一番興味を持っているか、そして自分の経験や活動がそれに結びついているかどうかが重視され、また文学部という特性上「考える力」「表現する力」が評価されます。

総合人文学科
(10名)
評定平均3.5以上
【自己推薦型】次のいずれかを示す書類が必要
・学術・文化・経済活動などで社会的に高評価を受けている
・高度な技術を有していて、社会的に高評価を受けている
書類審査(活動報告書、入学志望理由書、調査書、出願資格を証明する書類を含む)や面接、小論文によって合否が決まります。高校での活動を評価できるものが必要となりますが、その資格を持つだけで【外国語能力重視型】や【論文評価型】の1次試験と並ぶことが可能です
【外国語能力重視型】次のいずれかを証明する書類要提出
・英 語:実用英語技能検定2級以上/TOEIC L&R500点以上/TOEFL iBT 52点以上
・フランス語:実用フランス語技能検定4級以上/DELF A1以上/TCF100点(niveau 1)以上
・ド イ ツ 語:ドイツ語技能検定4級以上/Start Deutsch A1以上/OeSD A2以上
・中 国 語:中国語検定4級以上/新HSK2級以上
書類審査(活動報告書、入学志望理由書、調査書、出願資格を証明する書類を含む)、面接、選択した外国語の長文読解問題によって合否が決まります。
【論文評価型】6000~8000字の論文要提出
書類審査(活動報告書、入学志望理由書、調査書、論文、出願資格を証明する書類を含む)、面接、小論文によって合否が決まります。ほかの2つの型を受験するのが難しい場合はこの型がいいかもしれません。

必要な評定が低く、自分に合った型を受験すれば合格に近づけます!

③経済学部

経済学部ではAO入試、SF入試が用意されています。経済の仕組みを知ろうとする熱意のある人物を求めていて、また学校生活においてリーダー的な位置を担うことができる人物を求めています。また、自分の活動や疑問が経済学と結びついているか、自分の考えをわかりやすく伝えることができるかなどが見られます。特殊な活動が必要だったり、提出書類が多かったりと厳しい試験ではありますが、2017年度は出願者数が募集人数を下回る結果になっているため、条件に当てはまる人は大チャンスかもしれません!

経済学科
(5名)
評定平均3.5以上
次のいずれかを示す書類が必要
  ・学術・文化・経済活動などで社会的に高評価を受けている
  ・高度な技術を有していて、社会的に高評価を受けている
自由エッセイ(2000字程度)、将来設計書(2000字程度)要提出
書類審査、面接、課題エッセイによって合否が決まります。ほかに社会人枠での受験も可能です。

④商学部

商学部では、AO入試、SF入試、推薦入試が用意されています。商学部では、未来のリーダーの育成をめざし、積極的にビジネスを学びたいと思う人材を求めています。これまでに志願者が培ってきた語学や簿記、情報処理あるいはビジネス・プランニングの能力を生かし、大学で何をどのように学ぶかを、具体的に書類および面接でアピールできることが大切だと2017年度の結果と講評に書いてあります。

商学科
(5名)
評定平均3.5以上
次のいずれかに当てはまることを証明する書類を要提出
1:起業に関心のある者:◯ 関西大学ビジネスプラン・コンペティション(KUBIC)の1次審査通過者、または KUBIC以外のビジネスプラン・コンペティションに入賞した者。
2:ビジネスプラン・コンペティションで優れた実績をあげた者:◯ 関西大学ビジネスプラン・コンペティション(KUBIC)に出場し、優勝ないしそれに 準ずる評価を得た者。◯ KUBIC以外の全国レベルのビジネスプラン・コンペティションでリーダーとして優勝または準優勝した者。 
3高度な資格を持つ者:
書類審査、面接、上記1に当てはまる人はプレゼンテーションによって合否が決められます。

⑤社会学部

社会学部ではAO入試、SF入試が用意されています。「社会学部で学ぶことでさらに伸びる可能性を持つ学生」、「周りの学生にも良い刺激を与えてくれる学生が求められています。全体的に特殊な活動などが必要となっています。そのぶん志願者数は募集人数程度と少な目で、最後まで手を抜かずに受験すれば合格は勝ち取りやすくなります。部活動などで成果を上げた人にはチャンスかもしれません!

社会学科(10名)

専攻別課題レポート要提出
【社会学専攻】評定平均4.0以上
学術・文化・経済活動などで社会的に高評価を受けていることを示す書類
書類審査とその書類についての口頭試問によって合否が決まります。
【心理学専攻】全体の評定平均値が3.8以上、かつ6教科(国語、英語、地理歴史、公民、数学および理科)の評定平均値 が3.8以上
各種の賞や特筆すべき活動などを証明できる書類提出要
書類審査とその書類についての口頭試問によって合否が決まります。心理学専攻での学びと自身の活動の結びつきをしっかりアピールできる必要があります。
【メディア専攻】次のいずれかを示す書類 ・新聞・テレビ・雑誌・インターネットなどのメディアによる表現活動、あるいは放送 部や新聞部などの課外活動における表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。  ・地域でのボランティアやスポーツ・クラブや芸能・芸術など、特色ある活動に積極的 かつ継続的に取り組んでいる者。
書類審査とその書類についての口頭試問、小論文によって合否がきまります。
【社会システムデザイン専攻】評定平均3.8以上
 社会システムデザイン専攻の勉学に関わる活動分野において、見るべき活動実績や資格・ 技能があることを示す書類要提出 書類審査とその書類についての口頭試問によって合否が決まります。

⑥政策創造学部

政策創造学部では、AO入試が用意されています。この学部のAO入試では2つの基準が設けられており、英検などの資格での基準と、学術・文化・芸術・スポーツ活動による成果での基準です。この2つから学んだことと政策創造学部での学びとの結びつきをいかにアピールできるかを見ています。

政策学科、国際アジア法政策学科
(計5名)
次のいずれかを証明する書類要提出 ・高度な資格や技能を有し、高い評価を得ている
・学術・文化・芸術・スポーツ活動などさまざまな分野において、研究、創作 発表、コンクール、競技などの活動を通し、広く高い評価を得ている
書類審査、面接によって合否が決まります。

⑦外国語学部

外国語学部では、AO入試、SF入試が用意されています高等学校までの学習内容の理解を基盤に、思考力・ 判断力および表現力(日本語・英語)を身につけているのか、外国語学部のプログラムで何を学びたいの、その学びを自分の将来にどのように生 かしたいのか、を明確に表現できるという点がみられます。外国語能力だけではなく、世界で起こっている出来事に対してどのような考えを持っているかもみられます。外国語学部ではほかの学部と違って選考方式ごとに定員が決められているため、より自分に合ったほうの方式を選びやすいといえるでしょう。

外国語学科
(15名)
【外国語運用能力評価型】(5名)
英語に関する科目の評定平均値が4.0以上
次のいずれかを示す書類要提出 [主専攻言語:英語] 実用英語技能検定準1級以上、TOEIC®L&R 730点以上、TOEFL iBT® 72点以上、GTEC for STUDENTS Advanced 730点以上、GTEC CBT 1,160点以上、IELTS(アカデミック・ モジュール)5.5以上、TEAP R/L 155点以上
[主専攻言語:中国語] 中国語検定3級以上、新HSK5級180点以上
  書類審査、主専攻言語での会話を含む面接、課題エッセイによって合否が決まります。
【将来目標評価型】(10名) A:中国語  ・・・全体の評定平 均値が3.8以上、かつ「英語」および「国語」の評定平均値がそれぞれ4.0以上
将来設計書(800字程度)課題レポート(1200字程度)要提出
書類審査(課題レポート含む)、その内容を含む面接、課題エッセイによって合否が決まります。
B:クロス留学 C:英語教員  ・・・全体の評定平 均値が3.8以上、かつ英語に関する科目の評定平均値が4.2以上
次のいずれかを示す書類、将来設計書(800字程度)要提出  実用英語技能検定2級以上、TOEIC L&R545点以上、TOEFL iBT 55点以上、GTEC for STUDENTS Advanced 640点以上、GTEC CBT 940点以上、IELTS(アカデミック・モジュール) 5以上、TEAP R/L 120点以上
書類審査、英語でのやりとりを含む面接、課題エッセイによって合否が決まります。こちらも高い英語能力は必要ですが、TOEICなどの基準値が低くなっているので、それらの資格を取ることができなかった人はこちらで挽回できるかもしれません!

⑧人間健康学部

人間健康学部では、AO入試、SF入試が用意されています。人間健康学部では、強くこの学部に入りたいという熱意に加え、健康やスポーツなどに対する幅広い基礎知識、教養を持ちつつ実践的な能力を持ち、地域との連携活動にも積極的な個性的な人物を募集しています。そのため、この学部では、社会貢献活動をした人にも受験資格を与えています。評定平均も3.5以上と低めで、こういった健康、スポーツ、社会活動に積極的な人にはぴったりな学部です!

人間健康学科
(10名)
全体の評定平均値3.5以上
次のいずれかを示す書類要提出 ・学術・文化・芸術・スポーツ活動等さまざまな分野において活躍している
・高度な資格や技能を有し、高い評価を得ている
・ボランティア・福祉活動等さまざまな領域において継続的な社会貢献活動をしている
書類審査、面接、課題エッセイによって合否が決まります。課題エッセイでは課題にひそむ本質的な問題の発見能力、表現の 正確さ、論理性、説得性を中心に評価されます。

⑨総合情報学部

総合情報学部では、AO入試とSF入試を用意しています。総合情報学部では、社会に認められるような自身の実績をどのようにこの学部での学びに結びつけるか、そして高校までに得た情報リテラシーを問題解決に生かす能力が重視され、さまざまな視点から独自のアイデアを提供しつつ、他人とコミュニケーションが取れることが求められます。

総合情報学科
(20名)
【活動実績評価型】評定平均3.5以上(10名)
次のいずれかを示す書類要提出
・高度な資格や技能を有し、高い評価を得ている
、研究、創作発表、コン クール、競技などの活動を通し、広く高い評価を得ている
・「日本情報オリンピック」において、本選Bランク以上の成績をおさめた
書類、面接によって合否が決まります。入学後何をしたいかのビジョンがはっきりしていることは出願基準となっているので、最低限そこは自信をもって答えれるようにしましょう!
【情報リテラシー評価型】評定平均3.5以上(10名)
課題レポート要提出(1500字程度)
書類審査(課題レポート含む)、パソコンを用いたプレゼンテーションやグループディスカッションによって合否が決まります。

どちらも入学後何をしたいかのビジョンがはっきりしていることは出願基準となっているので、最低限そこは自信をもって答えれるようにしましょう!

⑩社会安全学部

社会安全学部では、AO入試、SF入試が用意されています。社会安全学部で何を学びたいかが明確で、その熱意が十分に感じられ、また社会安全学部は、「安全・安心」、「防災・減災」、「事故防止」、「危機管理」に関す る諸問題を、実践的に解決することに積極的に取り組める学生が求められます。

安全マネジメント学科
(5名)
評定平均3.5以上
指定図書を用いた社会安全に関する小論文要提出(2000字程度)
書類審査(小論文含む)、面接、当日の小論文によって合否が決まります。

⑪システム理工学部

システム理工学部では、AO入試、SF入試、公募制推薦入試を用意しています。勉学への強い熱意のほか、システムの知識にとらわれない自由な発想を持つ学生が求められています。文系学部の多い関大ではこの学部のAO入試の倍率が1.5~1.8倍と一番低、理工学系を目指したい人には狙いどころかもしれません!

数学科、物理・応用物理学科、機械工学科、電気電子情報工学科
(計10名)
次のいずれかを示す書類、活動報告書(2000字以内)要提出
・学術・文化・芸術活動などさまざまな分野において活躍している
・高度な資格や技能を有し、社会的に高い評価を得ている
書類審査、口頭試問を含む面接によって合否が決まります。

⑫環境都市工学部

環境都市工学部では、AO入試、SF入試、公募推薦入試を用意しています。、知識の蓄積だけでなく自ら考えることができる人、社会貢献に対する目的意識が強い人、そして何よりも好奇心が強く新しい事象を 学んだり生み出したりすることに喜びを感じることのできる人が求められるようです。

建築学科、都市システム工学科、エネルギー・環境工学科
(8名)
次のいずれかを示す書類要提出
・学術・文化・芸術活動などさまざまな分野において活躍している
・高度な資格や技能を有し、社会的に高い評価を得ている
活動報告書(2000字以内)要提出
書類審査、口頭試問を含む面接によって合否が決まります。1次試験では自分のアピールポイントを環境都市工学に結びつけて自分の言葉で説明できること、2次試験では自分の活動を単にアピールするだけでなく、柔軟性や幅広い人間性をアピールすることが合格への近道になりそうです!

⑬化学生命工学部

化学生命工学部ではAO入試、SF入試、公募推薦入試を用意しています。与えられた環境のな かで自ら成長していこうとする意がもとめられます。システム理工学科に次いで1.3~2.3倍と低くなっています。

化学・物質工学科、生命・生物工学科
(計5名)
次のいずれかを示す書類、活動報告書(2000字以内)要提出
・学術・文化・芸術活動などさまざまな分野において活躍している
・高度な資格や技能を有し、社会的に高い評価を得ている
書類審査、口頭試問を含む面接によって合否が決まります。

AO入試を実施している学部・定員

商(10名)、文化情報(15名)、生命医科(2名)、スポーツ健康科学(4名)

推薦入試を実施している学部・定員

神(20名)、文(18名)、社会(30名)、法(20名)、経済(10名)、
グローバル地域文化(23名)、文化情報(10名)、理工(10名)、
心理(8名)、グローバル・コミュニケーション(20名)、スポーツ健康科学(36名)       

キャンペーンや対策ノウハウ更新中