AO入試とは

ARTICLE

慶應義塾大学経済学部PEARL入試(日本語/English)経済学部PEARL入試についてご紹介しております。English Below

PEARL入試とは? どんな人がPEARL入試では求められているの?

全カリキュラムが英語で行われるプログラムPEARLは、100名という少人数で、国内外の学生が切磋琢磨できる環境を整えることで、グローバルリーダーを育てることを目指しています。パリ政治学院などの提携校でダブルディグリー制度や、5年で学士号と修士号を取得する機会などがあります。選考は英語で作成したエッセイなどの書類のみによって行われます。

アドミッションポリシー

「経済」という言葉は、経世済民、「世を経め、民を済う」という語源から生まれました。Economyという金銭的な意味だけでなく、人や社会のための活動を表す四字熟語です。慶応義塾大学経済学部は4年間で学問し、それを使って社会をよりよくするために尽力する学生を輩出することを目指しています。PEARLはさらに全カリキュラムを英語で実施し、海外に合わせた9月入学によって国内外の学生が関わり合える場をつくることで、グローバルリーダーが育つ環境を整えています。

PEARL入試の特徴は?

英語での出願一次試験のみ この2つが最大の特徴です。 SATやACT、TOEFLのスコアなど、英語力を示すためのスコアの提出に加え、英語のエッセイ形式で「自己紹介文」「志望理由書」の作成が必要となり、「添付資料」を通して今までの努力や活動をまとめます。AO義塾では、TOEFL110点以上、英検1級以上の帰国子女講師陣が指導にあたっています。

今からでも間に合うの?

AO義塾では、入塾時期に応じて、最大限サポートする姿勢を敷いています。また、年3回の出願機会(同年度に3度受験することが可能)があるため、今回を逃してしまっても、次の期に挑戦することができます。 第I期出願期間:2016/10/21~2016/12/2 第II期出願期間:2016/12/14~2017/2/1 第III期出願期間:2017/2/28~2017/4/11

一般入試や他のAO入試と時期がずれていることもあり、他の勉強と両立しやすい制度になっています。AO義塾では、一年中いつからでも、無料体験を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

どういう人が受かるの?

入試自体は、TOEFLや SATなどのスコアが提出できれば、誰にでも開かれている入試であると言えますが、実際は、「非常に高い英語力」と「長い海外経験」が合否を大きく左右する傾向にあります。実際、昨年度の合格者も、TOEFL110点以上、海外経験10年以上と、「普通より英語ができる」レベルでは、なかなか合格が難しいことがわかりました。とはいえ、海外経験や英検準1級以上の語学力、「学びたい」という強い志とそれに裏付けられる実績で学生を選抜する入試形態もたくさんあります。ぜひ、PEARL以外の入試も検討してみてください。

AO義塾のオススメする関連大学、学部:

慶應義塾大学法学部 FIT入試慶應義塾大学SFC AO入試慶應義塾大学SFC 一般情報入試慶應義塾大学SFC 一般小論文早稲田大学政治経済学部 グローバル入試早稲田大学国際教養学部 SILS入試上智大学 自己推薦入試 (国際教養学部・総合グローバル学部)

慶應義塾大学経済学部PEARL入試を志す皆様へ 塾長・斎木より

本年度は募集定員100名となっています。全ての授業が英語で行われることに加え、パリ政治学院とのダブル・ディグリー制度や、5年間で学士と修士号を獲得できる仕組みは、グローバルに活躍したいと考えている学生には最高の学習環境となるでしょう。この機会を活かしきるには、早めの書類対策が肝です。

AO義塾は出願に向けて、現役の慶應大学経済学部の講師、帰国子女講師陣を揃えて万全のサポート体制を整えています。みなさんもぜひセカンドオピニオンを聞きにくるような、相談するような気分でAO義塾へ顔を出して貰えたらと思っています。地方生の方や海外在住の方はSkypeでの相談も随時受け付けています。 慶應大学経済学部のPEARL入試のWEBサイトには「PEARL」の意味について、学生を『育てる』という義塾の意思を込めたとあります。”真珠には母貝に核を入れ、カルシウムなどを幾層にも重ねて育てる。美しい真円を排出するのは、非常に繊細で根気のいる作業であり、世界が認める日本の技術である。100名の、世界を先導できるPEARLを育てる。”そうこの入試に対する決意が述べられています。 PEARLは最も伝統的な慶應であり、全く新しいKEIO”であるとも述べられています。SFCが創設されたような熱気が、三田の経済学にも訪れそうな予感を感じさせます。SFCも開設当初は最も熱気があったそうで、意欲ある学生が最も集まったのも開設初期だったそうです。そういう意味で、「PEARL一期生」を目指すのは本当に意味のあるチャレンジだと僕は思っています。 経済学部教授の強い意気込みに溢れた学習環境が、最適な都心の立地の中に誕生するわけです。TOEFLまたはIELTSのスコアや、SATまたはACTのスコアを持っている人は、そのスコアの高さの有無に関係なくチャレンジしてみることを強く推奨します。初年度ですから、そこまで広報や認知が十分に進んでいる訳ではないはずです。ぜひとも、このチャンスを活かしきってみてください!書類やエッセイのサポート含めて、受験相談はいつでものります。

AO義塾塾長 斎木陽平

慶應義塾大学法学部 PEARL入試対策のスケジュール

高1~高2の4月まで 社会問題の発見・探求をする 日常的に英語に触れ、語学力を向上させる 評定平均値を底上げする
4月〜12月 SAT・ACT・TOEFLなどの受験(試験の実施日程や合格発表日をみて、余裕をもって受験しましょう) 出願資料の作成
12月 1期出願締め切り
1月 1期合格発表
2月 2期出願締め切り
3月 2期合格発表
4月 3期合格発表
5月 3期合格発表

PEARL入試対策の授業

志望理由書

自分がかかわっていきたい「経世済民」とは何なのか。志望理由書を書くにあたり、個別レッスンを通して生徒自らの問題意識を追求していきます。なぜ経済を学びたいのか、経済学を使って社会をどのようによりよくしていけるのか。講師陣の提示する質問に対して答えを探していくことによって、自らの問題意識を言葉で表し、経済学部で学びたい理由を伝えるお手伝いをします。伝えたいことを伝えられないことがないよう、AO推薦入試を熟知した、帰国子女の講師が志望理由の内容、英語の両側面からサポートしていきます。

添付資料

AO入試では珍しく、PEARLは受験生が携わってきた活動や実績を表現するスペースが限られていますが、追加の資料をアップロードすることができます。高校生活を通して取り組んできた活動を英語で表現するためのサポートをしていきます。

自己紹介文

PEARLでは、文章で自己紹介をする自由なスペースが設けられています。しかし、具体的な設問がないため戸惑う受験生が多いようです。志望理由書では自分のイメージしている将来を表現し、添付資料では自分の過去を表現するので、自己紹介文では自分の新たな一面を表現するお手伝いをします。あなたの価値観や考え方、特徴などを伝えることができるスペースを有効に利用することで、他の受験生と違う味を出すことができます。

 

講座の日程:いつでもみなさんのご予定と調整して授業を組みます!

また地方生の方もSkype(無料通話)にて随時受講可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。Skypeについてはこちら

What is PEARL?

PEARL is a new program provided at Keio University’s Faculty of Economics that aims to provide an innovative environment for the next generation of global leaders. Each year, 100 individuals from Japan and abroad are given the opportunity to learn from each other and take part in this stimulating, diverse community. Students will take all their classes in English and have the chance to apply to special initiatives such as the Double Degree Program at partner universities including Science Po. PEARL also provides students with the opportunity to earn both a Bachelor’s and Master’s degree within five years. Admission decisions are made by the documents that students prepare, which include an essay and standardized test scores.

About PEARL Admissions

The admission process at PEARL is unique compared to other AO admissions in two significant ways: ① All application materials must be completed in English ② Decisions are made solely by reviewing documents as PEARL does not conduct interviews Applicants must turn in standardized test scores such as the SAT/ACT/IB and TOEFL scores. Other documents include an essay on academic goals and a brief self-introduction where applicants are asked to outline their accomplishments and qualities as an individual. The tutors at AO Gijuku who help students create these documents have TOEFL scores that are over 110 points and EIKEN Grade 1.

When should I start?

It is best to start as early as possible! Since many documents take time to prepare, it is important to take the time to look through the application early on in order to get a general idea of what needs to be done. PEARL has three admission periods, and applicants can apply to any or all of the three. Even if you miss one deadline it is possible to apply for the next period. Application period I:2016/10/21 – 2016/12/2 Application period II:2016/12/14 – 2017/2/1 Application period III:2017/2/28 – 2017/4/11 Join us for a free trial at any time during the year!

What kind of students is PEARL looking for?

The application process itself is open to all students who can submit the required documents such as the SAT and TOEFL. However, having a high score on standardized English tests and having experience of living abroad for long period of time seem to be factors that heavily affect the admission decision. However, there are many other schools that have similar programs that are looking for students with unique experiences and skills, such as being able to speak another language or having experience of studying abroad. At AO Gijuku, we can assist you in finding the right school for you.

Schools with September entry programs/English curricula:

Waseda University, School of Political Science and Economics, English-based Degree Studies September Admission Program (EDESSA) Waseda University, School of International Liberal Studies (SILS) Keio University, SFC, Global Information and Governance Academic Program (GIGA) Sophia University, Faculty of Liberal Arts (FLA)

Other recommended schools:

Keio University, Faculty of Law (FIT), Keio University, SFC (AO Admissions), Keio University, SFC (Regular Admissions/Information Technology), Keio University, SFC (Regular Admissions/Essay), Waseda University, School of Political Science and Economics (AO Admissions), Waseda University, School of International Liberal Studies (AO Admissions), Sophia University (AO Admissions)

Applying to PEARL – Timeline

Freshman year to Junior year Get involved in activities and causes that interest you Focus on school and GPA
April to December (Junior year/Senior year) Take standardized tests (SAT, ACT, TOEFL etc.) Prepare application documents
December (Senior year) Deadline for Application Period I
January (Senior year) Announcement of results for Application Period I
February (Senior year) Deadline for Application Period II
March (Senior year) Announcement of results for Application Period II
April (Senior year) Deadline for Application Period III
May (Senior year) Announcement of results for Application Period III

What are PEARL classes at AO Gijuku like?

– Written Statement of the Applicant’s Academic Goals o The Japanese word “Economics (経済)” comes from the saying to “govern the land and help the people (経世済民).” PEARL aims to develop leaders who will utilize their knowledge of Economics in order to make a positive contribution to the world. In class, tutors will encourage students to question what attracts them to the study of Economics and what they hope to achieve by specializing in this subject throughout their time in college. Tutors, many who have experienced AO admissions themselves, will help students put their thoughts into words and proofread essays. – Brief Self-Introduction o PEARL provides students with free space to express themselves in words. However, the ambiguous question often seems to leave students unsure of what to write. Since the Written Statement already outlines your vision for your future, this section should focus on your past accomplishments and qualities that make you a strong applicant for PEARL. There is no right answer to this section; tutors will encourage students to try approaching this question in a variety of ways to see which ones show you at your best. – Classes can be conducted at our classroom near Yoyogi Station or through Skype.