慶應義塾大学
AO推薦入試の【本質】にみる、
合格する人はこんな人

慶應は【実績】だけでなく
【ビジョン】を重視します。
そのため、あなたにも
【合格のチャンス】はあります。

「私にも合格できるの?」と不安に感じている方へ。

「オリジナル」な高校時代を送ったあなたへの、
慶應義塾からの招待状。

勉学、部活、課外活動。高校時代に何か一つでも
「他人よりも頑張った」と思えることはありますか?

どんなことでも構いません。「他の人がやっていないこと」が一つでもあれば、それを軸に合格を掴み取ることができます。生徒会活動や部活はもちろん、ある塾生はそれが「趣味の庭いじり」でしたし、あなたが思いもしないことが、慶應大学合格の鍵になるのです。

今、慶應義塾大学は、キャラクターとしての
ユニークさを持つあなたを求めています。

一般入試の方が合格枠が多いため、SFCでも、法学部でも、文学部においても、AO・推薦入試で入学した学生は少数派であり、世間的には毀誉褒貶があります。でも、そんなユニークな少数派こそが、他の学生を触発し、ゼミを引っ張り、大学をもっと面白い場所にしています。

さらには、大学の調査(KEIO SFC REVIEW)によると、AO入試で合格した学生の方が、大学の成績が良いというのです!だからこそ、慶應義塾大学はユニークなあなたを求めています。

「とはいっても、合格者は全国レベルの実績があるんじゃないですか?」と思った方へ

AO入試・推薦入試では、志望理由書や自由記述といった出願資料、面接などを通して、ユニークさを表現する場が与えられます。「あなたがこれまでの高校時代でどのようなユニークな経験をし、どのような気づきを得て、どのように大学で学び、どのように社会に還元していくのか」というビジョンを鮮明に表明できた学生こそが、毎年合格を掴んでいくのです。

具体的に向いている人を挙げていけば、

  • 大学受験に向けたものではなく、自主的に好きな分野の学問を探求してきた人。
  • 起業・プロジェクトの立ち上げを経験し、高校生のうちから実社会との関わり合いを持った人。
  • スポーツ・芸術などの分野で、自分の能力を高め続けてきた人。
  • 留学やサマープログラムに参加するなど、国際的な経験を積んできた人。
  • ボランティアや奉仕活動を通して、他人の幸せに尽力することの大切さを培った人。
  • 「同世代の他の人よりも、これなら誰よりも頑張った」と胸を張って言える経験を持っている人。

などが挙げられます。

評価軸は多種多様であり、あなたにだって、必ず「輝かせられる原石」があるはずです。その原石さえ見つけ、磨くことができれば、合格は自ずと近づいてくるでしょう。

キャンペーンや対策ノウハウ更新中