大阪大学世界的塾入試に
合格したい受験生へ。
学力”だけ”に拠らず出願できる入試を【AO推薦入試】と呼称しています。このページでは、大阪大学を志望・世界的塾入試を受験する受験生が知っておくべき、AO推薦入試に関する情報を提供します。

大阪大学 世界適塾入試とは

大阪大学の世界適塾入試とは、大阪大学を第一志望とし、入学を確約できる受験生を対象にしたAO・推薦入試です。大阪大学の世界適塾入試の最大の特徴は、募集人員270名に対して332名(平成29年度の出願者)であり倍率が1.2倍程度と極めて倍率が低く、しっかりと世界適塾入試に照準を合わせ、準備して臨めば、極めて合格の可能性が高いという点です。
大阪大学は、11学部という、多岐に渡る専門領域が集約されています。現代社会の複雑な課題を、一つの分野の専門知識だけでなく、幅広い視点から考察する「学際的な学び」が可能な学習環境です。また、文部科学省の指定する「スーパーグローバル大学」の拠点大学の一つに選定されるなど、「グローバルな視点を身に付けたい!」「グローバル社会で活躍していきたい」と考える受験生にとっては最適なキャンパスと言えます。

世界適塾入試 対策講座開講中!

AO入試は情報戦
・過去の国公立推薦受験者がどんな質問を受けたのか
・他の受験生がどのような志望理由で出願しているか
・どんな説明をしているか
を参考に、発言の質を高めていきましょう。口頭試問は、練習の有無が強く結果を左右します。学部ごとのワークショップ形式で、アクティブラーニング型の授業を実施致します。本番に即した練習ができる、日本唯一の機会です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

AO義塾の合格実績

慶應義塾大学法学部FIT入試:84名
合格者の約2人に1人がAO義塾生)
東京大学推薦入試:14名
合格者の約5.5人に1人がAO義塾生

AO義塾は今まで、どこよりも多くの受験情報を集め、各大学のAO推薦入試のためだけに練り上げられたきめ細やかな受験サポートで圧倒的な合格実績を達成してきました。
このページでは、その実績をもとにした情報を公開しています。少しでも受験をを検討している方は、まずはお気軽に
無料体験へお申し込みください。
*上記の合格者数は、AO入試関連対策講座を受講した人の合計数です。合格率No.1とは、WEB上で公開されている学習塾の合格実績をAO義塾のそれと比較したものです。

大阪大学の魅力

学際的な学びが可能

11学部という、多岐に渡る専門領域が大阪大学に集約されています。現代社会の複雑な課題を、一つの分野の専門知識だけでなく、幅広い視点から考察することが可能となっている学習環境です。

グローバル化対応能力を身につけることが可能

大阪大学は日本トップクラスの学問・研究を通じて、21世紀のグローバル社会で活躍できる「教養・デザイン力・国際性」を備えた人材を育成することを目標として掲げて言います。そのための充実した語学教育プログラムや海外留学・国際交流プログラムの機会が用意されており、学内にも数多くの留学生が在籍しています。また、文部科学省の指定する「スーパーグローバル大学」の拠点大学の一つに選定されるなど、「グローバルな視点を身に付けたい!」「グローバル社会で活躍していきたい」と考える受験生にとっては最適なキャンパスと言えます。


大阪大学世界適塾入試の特徴~なぜ倍率が低いのか?

大阪大学の世界適塾入試は11月上旬の出願の段階で、特に世界適塾推薦入試に合格した場合は入学を確約しなければなりません。そのため、大阪大学以外の大学の選択肢を残したい受験生は、世界適塾推薦入試を敬遠する傾向にあるため、出願者が少なく、結果として倍率が極めて低くなる傾向にあります。
また、出願条件として

  • 外国語の資格や
  • 学校の成績
  • 課題活動

などが各学部によって求められます。
(もちろん全てが求められるわけではありません。各学部の出願条件は世界適塾推薦入試の募集要項で確認できますし、AO義塾にお問い合わせいただくことも可能です。)
そのために、これらの条件を満たさない受験生は世界適塾推薦入試を受験することができません。逆に裏を返せば、これらの出願条件を満たすことができている受験生は、極めて有利な環境で大阪大学の合格を手にすることが可能になります。
大阪大学の募集枠は、全体で270名と、極めて大きな募集枠といえるでしょう。さらに平成29年の出願者は332名と、その倍率はわずか1.2倍です。大阪大学を第一志望と考えている受験生はぜひ、大阪大学の世界適塾入試の受験を視野に入れなければ間違いなく損をすると考えて良いでしょう。詳しいことは何でも、AO・推薦入試の専門的知識を持ったAO義塾にご相談いただければ、時間をかけずにお悩みを解決することもできます。

大阪大学世界適塾入試・学部別情報

文学部
30名
人文学科
人間科学部
15名
人間科学科
外国語学部
64名
中国語専攻(4名)、朝鮮語専攻(2名)、モンゴル語専攻(2名)、インドネシア語専攻(1名)、フィリピン語専攻(2名)、タイ語専攻(2名)、ベトナム語専攻(2名)、ビルマ語専攻(2名)、ヒンズー語専攻(2名)、ウルヅー語専攻(2名)、アラビア語専攻(3名)、ペルシア語専攻(2名)、トルコ語専攻(2名)、スワヒリ語専攻(2名)、ロシア語専攻(3名)、ハンガリー語専攻(2名)、デンマーク語専攻(2名)、スウェーデン語専攻(2名)、ドイツ語専攻(4名)、英語専攻(6名)、フランス語専攻(3名)、イタリア語専攻(2名)、スペイン語専攻(4名)、ポルトガル語専攻(3名)、日本語専攻(3名)
法学部
25名
法学科(17名)、国際公共政策学科(8名)
経済学部
14名
経済・経営学科
理学部
33名
研究奨励
化学科(4名)、生物科学科生命科学コース(3名)、生物科学科生命理学コース(2名)
挑戦
数学科(5名)、物理学科(10名)、化学科(4名)、生物科学科生命科学コース(2名)、生物科学科生命理学コース(3名)
国際科学オリンピックAO
各学科若干名
医学部
約9名
医学科(若干名)、保険学科(看護学専攻:5名、放射線技術科学専攻:2名、検査技術科学専攻:2名)
薬学部
15名
薬学科(5名)、薬科学科(10名)
歯学部
5名
歯学科
工学部
約54名
推薦
応用自然科学科(14名)、応用理工学科(16名)、電子情報工学科(10名)、環境・エネルギー工学科(6名)、地球総合工学科(8名)
国際科学オリンピックAO
各学科若干名
基礎工学部
約45名
推薦
電子物理科学科(9名)、化学応用学科(9名)、システム科学科(18名)、情報科学科(9名)
国際科学オリンピックAO
各学科若干名
志望学科は任意に選択可能であり、1学科のみに出願できます。

大阪大学世界適塾入試のAO義塾の対策講座

1次書類

  • 志望理由書
  • 「志望動機」「学力」「学業成績以外の卓越した能力」「課外活動・社会活動の実績」「特技」等を要素として織り交ぜながら、大阪大学を志望する理由を所定用紙に収めていくことが何よりの合格のポイントです。AO義塾では、受験生一人ひとりの「ストーリー」を引き出し、大阪大学の各学部・学科を強く志望する意欲あふれる人物像を表現できるように、徹底的にきめ細やかなサポートを行っています。何より大切なのは各学部・各学科のアドミッションポリシーの理解であり、その徹底理解をAO義塾では全力でサポートします。

  • 外国語の資格対策
  • AO義塾では、大阪大学の一部の世界適塾入試の出願条件にあたる、外国語の対策を個別指導で行っております。資格のスコアを確実に引き上げる勉強法の伝授や、具体的な勉強計画の策定およびコーチング(進捗管理)を行います。実際の外国語資格の取得者、高スコア保持者が講師を務めるため、きめ細やかなサポートが可能となり、飛躍的にスコアが上昇する人気の講座です。

    2次試験

  • 面接および口頭試問の対策講座
  • AO義塾の講師が模擬面接を行い、当日に万全の大勢で受験に臨めるようサポートを行います。AO義塾の豊富なデータベースを元に、過去の受験生がどのような質問を受けたかを分析し、効果的な模擬面接で受験生一人ひとりの合格を強くサポートします。

  • 学科ごとの個別テスト(主に小論文)の対策講座
  • 学科ごとの個別テストは主に小論文が出題されます。AO義塾の講師は過去問をよく研究し、それぞれの学科に合わせた対策法を提示します。その上で、具体的な学習計画を立てることをサポートし、個別テストで確実に合格を勝ち取っていくための、専門的な知識の習得を助けるべくきめ細やかな助言とサポートを行います。一人では対策をすることが難しいこの個別テストの対策も、AO義塾の豊富なデータベースに基づく効果的な準備方法で、受験生の合格を力強くサポートします。

    キャンペーンや対策ノウハウ更新中