探求プログラム

EXPLORATION

探求プログラム 社会問題を発見し、 ロールモデルに出会い、 自ら実践するプログラム

探求プログラム

探求プログラム

社会問題を発見し、
ロールモデルに出会い、
自ら実践するプログラム

探求プログラムとは

高校生は誰でも受講可能!AO義塾だから起こる、学びの化学反応。


探求プログラム × AO義塾 × RE:VISION

「社会の問題発見能力、社会の問題解決能力」の養成を目指しながら、塾生やロールモデルとのコミュニケーションの中から創発していくことの喜び、0→1(0から1)を創造していくことの喜びを学ぶためのプログラムです。
高校生であれば全プログラム無料で受講可能です。もちろん、AO義塾生でなくとも受講可能です。
そして、全社会を牽引していく先導者としての能力を身につけていくことを目指していきます。同時に、社会を先導していく同志達と出逢い、共に未来を歩んでいくためのコミュニケーション力を身につけ、人生をかけて共に学び合うコミュニティを形成する場となることも目指していきます。そうすることで未来を創造していく先導者を社会に輩出していきます。

各プログラムの概要

冬の1か月無料プログラム

共生社会プログラム

「社会の問題の発見力養成プログラム」

  • 具体的には、社会的少数派や社会的弱者と呼ばれる当事者たちと塾生たちが直接的なコミュニケーションを行うことを主な目的としたプログラムです。社会的少数派・弱者として主に想定しているのは、「在日外国人」「セクシャルマイノリティ」「相対的貧困・絶対的貧困に苦しむ子ども」「障がい者」などの方々です。彼らと直接的にコミュニケーションすることで、高校生たちにとって「別世界の出来事」「自分とは関係ない」社会問題を、身近で自ら主体性を持って取り組まなければならない問題へと変えていきます。歴史学者カーライルは「学問は驚きから始まる」と述べています。だからこそ、社会の課題に出逢うきっかけを塾生たちに提供することを目指すのが共生社会プログラムです。

ロールモデル道場

「社会の問題の解決力養成プログラム」

  • 具体的には、社会の様々な課題の解決に第一線で取り組んでいる先導者たち(ロールモデル)と塾生達が直接的なコミュニケーションを行うことを主な目的としたプログラムです。 ロールモデルとは具体的な行動や考え方などの見本となる人物です。誰もが無意識のうちに複数のロールモデルを持ち、その行動を真似しながら成長するとされています。 ですから、ロールモデルの最大の効果は、「気づく → 考える → 実行する → 振り返る」というサイクルを効果的に回転させる点にあると言われています。 特に優れたロールモデルはフィードバック機能が高く、仕事人の成長に重要な役割を果たします。
    このロールモデル道場では高校生達が未だ、直接接触したことのない課題解決に取り組む先導者や知識人、専門家を、「身近にいる優れたロールモデル」と変えていくプログラムです。 そうすることで、塾生達の社会の問題解決能力を飛躍的に向上させることを目指すのがロールモデル道場です。

未来創造甲子園

「社会問題の解決策を自らの頭で考え、実践する力の養成プログラム」

  • 1402_未来創造甲子園_logo
  • 具体的に未来創造甲子園では、「共生社会プログラム」(問題発見)×「ロールモデル道場」(問題解決)を複合的に講座として織り交ぜながら、「社会の問題発見・問題解決」を 自ら実践し、0→1の創造力養成」を目指す社会問題解決の「甲子園」です。 高校生達が社会問題を自らの頭で考え、解決策の仮説を提示し、仲間と恊働していくためのコミュニケーションを重ねていきます。 その過程で、高校生達には0→1を生み出していく力、自ら何かを創造し、達成していくことの喜びを体感してもらうことを目指します。 そして、高校生達が光り輝く舞台(ステージ)の場を創造し、人生の原点の一つになり得る成功体験や挫折体験を 得る機会を創出していきます。そうすることで、未来を創造していく先導者達を育てる事を目指すのが未来創造甲子園です。