AO入試とは

ARTICLE

【無料受講可能】東大推薦入試対策・2017年度入試【無料受講可能】東大推薦入試対策・2017年度入試

AO義塾の高い合格率について

まずはAO義塾で書類対策を行った塾生の昨年度の合格率を見て下さい。

1次試験合格率100%(8名中8名) 2次試験合格率75%(8名中6名)

AO義塾で書類対策を行った8名は全員一次試験合格。さらに、その8名のうち6名は二次試験も合格し、無事、東京大学へ進学しました。二次試験対策から入塾した18名を加えてもAO義塾の合格率は53.8%(26名中14名)を誇ります。

成功のカギは書類対策です

特に入塾試験や選抜を行わず、全希望者を東大対策クラスとして受け入れてのこの数字です。受験者全体の書類通過率は約86.1%(173名中149名)・全体の合格率は約44.5%(173名中77名)でしたから、その差は歴然としています。 集まった塾生たちは誰もが非常に優秀でしたが、最終的に合否を分けたのは出願書類の品質です。素晴らしい実績で一次試験を合格できたとしても、志望理由に矛盾があったり、大学教授の問題意識から大きく離れた内容があれば、出願書類を元に行われる面接試験で対応ができないのです。

2017年度はさらにパワーアップして講座を提供

いくら出願書類の品質が重要といえど、多くの東大推薦入試受験生が、日々の一般入試・センター試験対策で時間をあまり推薦入試に割くことができないと思います。AO義塾ではそんな皆さんでもしっかり対策ができるよう、柔軟な対応を模索して参りました。今年度は昨年度よりさらにパワーアップして、高3秋からスタートしても短期間で十分、一次試験の出願書類、二次試験の面接・グループディスカッション、小論文の対策を進めることができます。 特に学部によっては、昨年度の東京大学推薦合格第一期生から直接指導を受けることができるようになりました。まずはぜひご相談ください。

AO義塾の対策スケジュール

※「東大推薦入試無料体験希望」とご連絡頂くとスムーズです

10月21日~11月4日 出願書類・集中対策期間

東京大学推薦入試の出願資料の設計をサポートいたします。昨年度、AO義塾で一次試験の出願書類より対策を進めてきた塾生は、全員一次試験合格を勝ち取っています。塾生との対話を繰り返しながら、A評価(合格者最上位ライン)を目指し、フィードバックを行います。

11月5日~12月8日:二次試験対策期間

慶大・早大など最難関の推薦入試で高い合格実績を叩きだしてきたノウハウを生かし、二次試験(面接・グループディスカッション・小論文等)での最終合格ラインの突破を支援します。学部によっては、東大推薦合格者から直に指導を受けることが可能です。

AO義塾では授業を2回まで無料で体験受講できます

今年も、すでに10名近くの受講者が集まっています。 みなさんもぜひセカンドオピニオンを聞きにくるような、相談するような気分でAO義塾へ来ていただければと思っています。 地方生の方はSkypeでの相談も随時受け付けています

AO義塾の推薦入試対策の特徴

【1】実際に合格した者に相談ができる

AO義塾では昨年度の対策に関わったAO入試対策の専門家、東京大学推薦合格者、現役弁護士が指導に関わります。書類考査・二次試験はもちろん、センター試験の対策法などについても相談することができます。

【2】徹底したソクラテスメソッド

出願資料対策講座については、基本的にマンツーマンの対話式で授業が展開されます。塾生の志望学部や興味・関心を基に選ばれたシェルパが担当し、きめ細やかなフィードバックを受けることが可能です。

【3】昨年度合格者の出願データベース

AO義塾では昨年度合格者の出願書類データベースを用意しています。個人情報保護の関係上、直接的に塾生に見せることは難しいですが(但し、合格者本人から許可を得ている出願書類はご覧いただけます)、AO義塾ではそのデータベースを基に合格レベルの書類か否かを判定しております。

受講方法

まだ、受験するか悩んでいるという方、書類を作ってみたは良いものの仕上がりに自身が無い方。AO義塾では無料体験・無料受験相談も承っております。まずは一度ご相談くださいませ。日程を調整させて頂きます。