「早稲田大学スポーツ科学部合格プログラム」がはじまります。

早稲田大学特進キャンプは、AO義塾の中でも早稲田大学に特化した唯一の校舎です。実際に、スポーツ科学部に合格した人材が講師を務めており、受験日まで全ての授業が、マンツーマン式の授業展開になっております。また、塾生との対話を元に、将来のヴィジョンを明確にし、それを用いて、塾生の目標到達まで、細やかなアドバイスと指導をさせていただきます。

早稲田大学スポーツ科学部

早稲田大学スポーツ科学部は、昨年度、英国のQS社により、研究分野別の世界ランキング「QS World University Rankings Subject 2017」において、世界19位にランクインしました。早稲田大学スポーツ科学部は、日本トップレベルのアスリートが集う大学であり、日本トップのスポーツ科学が学べる大学です。

早稲田大学スポーツ科学部 アドミッション・ポリシー

早稲田大学では、「学問の独立」の教育理念のもとで、一定の高い基礎学力を持ち、かつ知的好奇心が旺盛で、早稲田大学の理念である進取の精神に富む、勉学意欲の高い学生を、日本をはじめ世界から多数迎え入れられます。スポーツ科学部では、多様な入試形態を通して、スポーツマインドを持ちかつ学力に優れた受験生から高い競技力をもつ受験生まで多様な個性をもった学生を受け入れられ、大学がより豊かで膨らみのある学問の場となることを求められます。

スポーツには「する」という関わり方だけではなく「みる」「ささえる」など様々な関わり方があります。スポーツ科学部ではそのような幅広いスポーツ科学の分野を真摯に探求し、スポーツ科学の発展に大いに貢献できる人材が求められます。

早稲田大学スポーツ科学部 AO入試の特徴

トップアスリート入試 

出願時点で、オリンピックや世界選手権への出場経験、あるいはオリンピックや世界選手権出場につながる国際的レベルの競技大会への出場経験、もしくはそれに相当するレベルの競技能力を有する人を対象に、事前セミナー・書類選考および面接によって選考されます。

スポーツ自己推薦入試 

一定の高い競技能力を有し、スポーツに対する旺盛な熱意を持つと同時に、その体験を通じてスポーツを科学的に探求する能力を培ってきた学生が求められます。

新思考入試(地域連携型)※2018新入試制度

グローバルな視野と高い志を持って、社会的・文化的・学術的に地域へ貢献する意識を持った学生が求められます。すべての都道府県からの受け入れを目標とし、入学後は所属学部の学びに加え「地域への貢献」をテーマとした全学共通の活動を行うことで、当入試出願に至った志を入学後の学びにつなげる「高大接続」型の入試制度です。

早稲田大学スポーツ科学部AO入試日程

トップアスリート入試 

事前セミナー(必須)

スポーツ自己推薦入試 

出願期間 2017年9月26日〜10月2日
書類選考(スポーツ競技歴調査書)2017年11月1日
第二次選考(小論文試験・面接試験)2017年11月16日

新思考入試(地域連携型)※2018新入試制度

出願期間 2017年8月21日〜9月5日
一次選考(書類選考)合格発表日2017年9月22日
二次選考(総合試験等)試験日2017年10月22日 合格発表日2017年11月16日
センター試験成績請求票送付期間2017年12月15日〜2018年1月10日
センター試験日2018年1月13日、14日
最終合格発表日2018年2月9日

早稲田大学スポーツ科学部担当講師

名前  日高大樹 長谷部宏仁
大学  早稲田大学
学部  日高)スポーツ科学部  長谷部)社会学部(スポ科合)
部活  スキー部
部実績 2017インカレ総合優勝 2017男子インカレ優勝
個実績 日高)アジア大会(日本代表選出)大回転9位
    インターハイ大回転4位
    長谷部)Whistler cup(日本代表選出)大回転3位 回転3位
    インターハイ大回転 8位

無料体験講座を開講しています

早稲田大学スポーツ科学部の魅力を最大限に伝えるため、無料講体験座を早稲田大学特進キャンプ(高田馬場校舎)にて開講しております。

日程の一覧

7月2日(日) 日高15時〜
7月9日(日) 長谷部15時〜
7月16日(日) 日高15時〜
7月23日(日) 長谷部15時〜

参加申し込み

以下の問い合わせフォームの校舎選択欄を「早稲田大学特進キャンプ(高田馬場校舎)」を選択して、お問い合わせくださいませ。

キャンペーンや対策ノウハウ更新中