慶應義塾大学法学部のAO入試まとめ

慶應義塾大学法学部のAO入試まとめ

慶應義塾大学法学部のFIT入試とは、「第一志望で慶應義塾大学法学部法律学科・政治学科で勉強したい」学生と、「この学生を教えたい」という法学部教員との良好な相性(FIT)を実現しようとする入試のことです。
FIT入試は、開始以来FIT入試の入学者の成績や積極的な課外活動、卒業後の活躍などが評価され、2012年度には募集枠が60名から160名に拡大されるなど、学内で評価を受けている入試形態です。特に二次試験の厳しさでも知られており、付け焼き刃ではない綿密な努力の積み重ねが必要です。

慶應義塾大学法学部日程早見表

【入試方式別】募集人員・倍率比較表(文系・文理融合系学部)

学科入試名称募集人数倍率志願者数合格者数
法律学科FIT入試
A方式
A、B合わせて
最大80名
6.124340
法律学科FIT入試
B方式
A、B合わせて
最大80名
2.616865
政治学科FIT入試
A方式
A、B合わせて
最大80名
6.428344
政治学科FIT入試
B方式
A、B合わせて
最大80名
3.621564

出願条件の学部別早見表



出願方式      

出願登録期限郵送書類提出期間 第一次選考合格発表第二次選考合格発表日入学手続き〆切
FIT入試
A方式
法律/政治
    
    
9/17(木)9/15(火)〜9/17(木)10/7(水)課題提出:
10/9(金)〜
10/12(月)
面接:
10/25(日)
11/2(月)12/18(金)
FIT入試
B方式
法律/政治
     
9/17(木)9/15(火)〜9/17(木)10/7(水)課題提出:
10/16(金)〜
10/19(月)
面接:
10/25(日)
11/2(月)12/18(金)

アドミッション・ポリシー

法学部では慶應義塾の建学の精神を理解し、国際的や視野に立ちつつ、新しい社会を創造し先導する気概を持つ人材を求めています。この使命の実現のため、知的好奇心・個性あふれる学生を選考する入試制度、すなわち一般入試、帰国生入試、留学生入試、指定校校長推薦入試、そして自己推薦形式でのFIT入試といった多様な入試制度を設けています。なお、FIT入試では地域ブロック枠を設定した方式を行われています。

募集要項/応募資格早見表


出願方式
   

評定平均
      

英語力
 
その他
FIT入試
A方式
法律/政治
      
制限なし不要
   

FIT入試
B方式
法律/政治
全体の評定平均が4.0以上及び英数国社の各教科が4.0以上不要全国を7ブロックに分け、各地域から最大10名ずつ採用する方式

二次試験早見表

二次試験の学部別早見表

出願方式二次試験概要補足
FIT入試
A方式
法律/政治
・課題提出:10/9(金)に課題掲載
・面接:約30分
※コロナウイルスにより内容変更
<2021年度>
・論述試験
・口頭試問
FIT入試
B方式
法律/政治
・課題提出:10/16(金)に課題掲載
・面接:約30分
※コロナウイルスにより内容変更
<2021年度>
・総合考査I 、II
・面接

Loohcs志塾の考察

併願におすすめの大学・学部

併願におすすめな大学は中央大学法学部・上智大学法学部です。
中央大学法学部は、FIT入試と非常に似た選考形式となっておりFIT受験生に有利な併願先となっています。かつては白門・中央の法として東大と凌ぎを削った中央大学は、未だそのブランドの強さを誇っています。
上智大学法学部は他大学と比べても非常に倍率が低く、更に出願時期が11月以降と遅いためFIT入試の結果が出てから出願するかどうかを決めることが出来ます。
慶應義塾大学内のおすすめな併願先としてはSFCがあげられます。
慶應義塾大学のAO推薦入試の二大巨頭であるSFCは、学べる領域が広く非常に併願しやすい学部です。慶應ブランドを手にすることが出来るため、Loohcs志塾でも法学部を受験する人はほとんどSFCにも出願する傾向にあります。


最近の慶應義塾大学法学部の入試トレンド

2012年度から募集枠が60名から160名に拡大され、東大早慶の難関大学のAO入試の中で最多の募集枠となりました。法学部一般入試の募集枠が460名であることを考えても非常に大きな募集枠であることが分かります。
2012年度から募集枠が増えただけでなく、A方式とB方式の2つの方式で行われることになりました。条件を満たす受験生は併願が可能なため、単純に考えてFIT入試を受験すれば一般入試・A方式・B方式、合わせて合計3回法学部入学へ挑戦するチャンスを得ることが出来ます。
大学と学生のマッチングであるFIT入試である以上、自分の魅力を的確に伝えなければなりません。更に、慶應義塾大学法学部でなければならない理由を説明するには、大学で学べることに関して深く理解している必要があります
そのため、絶対条件として自分が師事したいと考えている教授の研究の意義、できれば全ての教授の研究の意義について知り、大学での学びを求める理由の説得力をあげていくことが重要になります。
ここにおいてLoohcs志塾には、慶應法学部所属ないしは出身の講師など、法学に強い講師陣が多数在籍しております。自分の興味を持った教授の研究会に入っている講師にその研究会の雰囲気や魅力を尋ねられる点は大きな強みです。
FIT入試における二次試験では「論述試験」や「総合考査」など独特な問題に対しての高い対応力が求められ、柔軟な発想がなければ解けない課題が出題される傾向にあります。
Loohcs志塾では、3日間に渡り朝から晩まで小論文を解く特別講習や直前期の集中対策講座によって圧倒的な論文の底上げを行います。

合格事例紹介

2012年の創業以来、難関大学を中心に一貫して高い合格実績を誇ります。そうして卒業した塾生・合格者のネットワークが、高校生たちの大学受験を支えるコミュニティとなっており、AO義塾の指導の品質につながっています。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学