【徹底解説】早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラム (TAISI) 合格のための対策方法!

【徹底解説】早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラム (TAISI) 合格のための対策方法!

ソーシャルイノベーションプログラム  (TAISI) とは?

はじめまして!Loohcs志塾シェルパの市川創太郎です。このページでは、早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラム (TAISI)グローバル入試について入試の概要から対策の方法まで様々な情報をまとめました。TAISI にチャレンジしてみたいと考えている学生さんは是非最後まで読んで入試対策の参考にしてみてください!

TAISI は2019年から設置されたとても新しいプログラムとなっています。TAISI  最大の特徴は、日本にいながら英語での学位の取得が可能で、また、多くの国際教養系の学部が取り入れているリベラルアーツ教育とは異なり、社会科学に特化した学びを得ることができます。同じく早稲田大学の提供している政治経済学部の EDESSA や文化構想学部の JCulP、そして慶應義塾大学経済学部 PEARL にも似た特徴を持っていると言えるでしょう。早稲田大学の築き上げてきた密度の濃い教育体制はそのままに、英語での授業を通してより多くの学びを得られることは間違いありません。特に社会科学系の分野国際社会での活躍は切ってもきれない関係があります。将来、多くの課題が生まれてくる社会の中で最先端に立って社会問題の解決に取り組みたいと考える学生さんはぜひ目標として欲しいプログラムになっています!

入試の概要

2021年度入試日程

はじめに、2021年度入試の日程をまとめました。早稲田大学社会科学部のグローバル入試では一般プログラム (日本語学位プログラム) とTAISI (英語学位プログラム) のどちらか一方のみ受験可能となっていますので注意してください。入試日程はどちらも下記の表の通りです。

各種手続き内容日程
出願手続き2020年9月15日~9月18日
書類選考合格発表2020年10月16日
2次試験2020年11月22日
合格発表2020年12月11日
入学時期2021年4月

(出典: 早稲田大学社会科学部、「2021年度グローバル入学試験要項」)

英語外部検定試験の利用について

TAISI のグローバル入試では出願時に英語外部検定試験のスコア提出を求められます。以下の表は各種英語外部検定試験別の出願条件となっています。以下の表に定めるスコアを収めることができていない場合は出願が受理されませんのでご注意ください。なお成績は Band ごとに評価され、同一 Band ないであれば点数の上下にかかわらず同一の評価となります。受験生の皆さんはぜひ受験前に Band 1 へ到達できるようにしておくと良いでしょう!

英語外部検定試験名Band 1Band 2
実用英語技能検定 (英検)CSE 2,600 点以上CSE 2,300 点以上
TEAP375 以上309 以上
IELTS7.0 以上5.5 以上
TOEFL iBT95 点以上72 以上

(出典: 早稲田大学社会科学部、「2021年度グローバル入学試験要項」)

なお、過去2年間の合格者の英語外部検定試験のスコアの分布は以下の通りです。この表からも分かる通り、実際は Band 1 の成績がほぼ必須と言えるでしょう。

入試年度合格者数Band 1Band 2
2019年度20名19名1名
2020年度15名15名0名

(出典: 早稲田大学社会科学部、「グローバル入学試験の合格者実績データについて」)

過去の入試倍率

2019年度から過去2年分の入試データをまとめました。概ね10倍程度で推移しています。例年4倍程度で推移する他大学の代表的な英語学位プログラム (早稲田大学国際教養学部や同政治経済学部 EDESSA、慶應義塾大学経済学部PEARL 等) と比較するとかなり高めの倍率となっています。

年度募集人数志願者数合格者数倍率
2019年度15名167名15名11.1倍
2020年度15名185名20名9.3倍

(出典: 早稲田大学社会科学部、「入試情報」)

志望理由書の主な対策方法とは?

TAISI のグローバル入試では、外部の英語検定試験に加えて、Essay の作成筆記試験 (小論文) が大きな課題となります。ここからは、Essay の作成から筆記試験 (小論文) までの対策方法をまとめていきます。

TAISI のグローバル入試では出願時に英語で記載された Essay の提出が求められます。詳細については以下の通りとなっていますので指示に従って作成しましょう。

Write an English essay of approximately 1000 words that answers the following two questions:

  1. In your country or community, identify one social issue that should be addressed and explain why.
  2. During your time at TAISI program, what do you hope to learn and how do you think the TAISI program will help you resolve the social issue you identified in question 1.

<Note>

  • The essay should be typed in English on white A4 or letter-sized paper in black ink, 12-size font, and double-spaced.
  • At the end of the essay type “The End.”
  • If your essay exceeds two or more pages, number the pages.

ここでは、自らのいる国や地域社会にみられる社会問題について考えながら、なぜ TAISI への入学を志望するのか、そして、大学ではどのような学びを通してその社会問題の解決にアプローチしていくのかをまとめる必要があります。ここで意識しなくてはならないのは主に3つあります。まずは、自らの所属する社会の中で起きている社会問題についてしっかりと目を向けること。また、TAISI のための志望理由書であることを意識すること。そして、自らの志に対して一貫性を持たせることとなります。

まず初めに求められるのは、自らの所属する社会の中で起きている問題をしっかりと把握し、その裏にある課題を発見することにあります。そして、なぜその問題に取り組まなくてはならないのか、また、解決のためにはどのようなアプローチが求められるのか。日頃から、国や地域の中で問題視されていることについて注意深く観察し、自らの意見を持って考察していくと良いでしょう!例えば、日本の直面する高齢化社会の中で社会のシステムはどのように変化していくべきでしょうか?他にも、グローバル化のなかで差別や格差の問題が今まで以上に表面化してきている中でいかにしてこれらの問題を根絶していけるでしょうか?課題の発見だけでなく、実際の解決方法までしっかりと考察していきましょう!

次に、受験生が絶対に忘れてはならないのがこの Essay で盛り込むべきは早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラムに向けた志望理由であることを常に意識することです。Essay の作成に取り掛かる学生さんがよく陥りがちなのが自らの経験や将来の展望等に意識を向けるがあまり、だんだんとその内容が大学への志望理由からかけ離れてしまうことです。あなたはなぜ TAISI への入学を望むのか、そして、なぜそれは TAISI でなくてはならないのか。基本的なことですが常に意識を向けながら Essay の作成に取り組んでください。社会科学という分野に対して英語でアプローチする意義とは? 早稲田大学の TAISI プログラムでしか得られない学びとは?大学の持つ特徴についてもしっかりと理解しておき、自らにとって必要なことはどんなものであるかしっかりと考えておきましょう!

最後に意識しなくてはならないのは、過去、現在、そして大学生活を含む未来について一貫性を持たせることです。大学への入学は決してゴールではありません。自らの持つ「志」を達成するために必要なことは何かを考え、一貫性を持った学びや経験を見つけることを意識しましょう。特に入学後の学習計画は自らの将来を考える上での次なるステップとなります。しっかりと将来を見据えたステップを今のうちから考えておくことは大学生活をより充実したものにするためにも欠かせません。例えば、将来国連で活躍したいと考える学生さんは、どんなことを TAISI で学ぶべきでしょうか?英語でのコミュニケーションでしょうか?多様な意見を取り入れるための視野の広さでしょうか?それとも、課題解決のための具体性を持った知識や経験でしょうか?TAISI での学びを生かして将来社会に貢献するためには何が求められるのかしっかりと考える必要がありますね!

これらのことを常に意識しながらなぜ、そして何を TAISI で学びたいのかまとめることができれば自ずと合格に近づくことができるでしょう!

また、英語での記入に対して苦手意識を持つ人も多いかと思います。特に1,000語程度の Essay Writing に触れる機会というのはなかなかありません。まずは意識的にライティングの機会を増やし、また、一度に書く文量も1,000語から1,500語を目安に TOEFL や IELTS の Writing Section 等で求められるよりも長い文章を書くことに慣れておきましょう。

参考文献
出典: 早稲田大学社会科学部、「2021年度グローバル入学試験要項」

小論文の主な対策方法とは?

次に、書類審査の合格者のみを対象とする、筆記試験、小論文の対策方法をまとめていきます。

小論文では、与えられたテーマについて資料を読解、分析した上で自らの意見をまとめることが求められます。なおこちらの2次試験については日本語での記入が求められていますのでご注意ください!

TAISI の受験にあたって2次試験では日本語での資料の分析から論述までが求められています。与えられた資料に対して適切に分析した上で社会問題等に関する内容を多角的に捉え自らの考えをまとめる必要があります。特に、論述に取り組む際は自らの意見が偏ったものになっていないか一つに視点に固執していないかなど注意すべき点は多くあります。日頃から、新聞やニュースなどを通して社会情勢に触れるだけでなく、関連する資料やデータについて自分なりに分析してみたり、取り上げられたテーマについて二つ以上の異なる視点から別の意見を考えてみたりすることで2次試験の課題に取り組むための力をつけておきましょう!

参考文献
出典: 早稲田大学社会科学部、「2021年度グローバル入学試験要項」

合格のための対策スケジュール

早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラム (TAISI) のグローバル入試合格のための対策スケジュールをまとめておきます。学生さんごとに対策の仕方も変わってはきますが、あくまで一例、参考にしてみてください。

時期やるべきこと目標
1年4月〜2年8月英語力の底上げ
1年4月〜3年11月社会問題等の研究及び考察
2年4月〜3年4月外部試験 (英語) の受験英検: CSE 2,600
TEAP: 375
IELTS: 7.0
TOEFL iBT: 95
3年4月〜3年9月Essay 等の作成準備/完成
3年8月〜3年11月小論文及び面接対策

最後に!

ここまで、読んでいただきありがとうございました。最後に、我々 Loohcs志塾では早稲田大学社会科学部ソーシャルイノベーションプログラム (TAISI) のグローバル入試合格のための Essay の作成指導2次試験対策指導などをご用意しています。Loohcs志塾では、早稲田大学合格者をはじめ多様な知識経験を持ったシェルパ (講師) が徹底的に志望校合格のためのサポートをさせていただきます。また、TAISI 受験に欠かせない英語力も英検1級やTOEFL iBT 100点以上相当の講師陣が徹底的に底上げさせていただきます!Essay の作成や小論文の対策は一般的な試験対策とは異なり学生さんお一人では難しいこともたくさんあります。無料相談会や体験授業等もご用意していますので是非一度ご相談ください!

また、別途、英検やTOEFL、IELTS、TEAP 等の試験対策もご用意しています。TAISI のグローバル入試の受験はまだ悩んでいるという方も各種英語試験については持っておいて損はありません。こちらについても是非ご確認ください!

市川創太郎
この記事を書いたひと 市川創太郎

Ichikawa Sotaro

国際教養大学の3年生。典型的な学生として過ごしてきた高校生までとは打って変わって、大学入学以降はイラン留学やインドでのインターンを通して自らの視野を拡大中。より実践的な経験を求めて、2020年6月からLoohcsのインターン生として活動中。得意分野は英語科および社会科関連。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学