【秘訣公開】青山学院大学文学部比較芸術学科自己推薦対策で圧倒的に差をつける秘訣を伝授します!

はじめに

はじめまして!Loohcs志塾シェルパの久保領雄音です。今回の記事では、青山学院大学文学部比較芸術学科自己推薦入試について、入試の概要から対策の方法までをまとめました。最後まで読んでくれたあなたが圧倒的に合格に近く対策についての秘訣をお伝えしています。比較芸術学科の自己推薦入試にチャレンジしたいと考えている方は是非参考にしてみてください!

比較芸術学科とは

青山学院大学では「五感を総動員して芸術を学ぶ」と比較芸術学科を一言で言い表しています。芸術系の専門学校では、美術専攻の学生は美術について、音楽専攻の学生は音楽について学びを深めていきますが、このような既存の芸術学科にはない魅力が青山学院文学部比較芸術学科にはあります。そんな魅力の一つとして美術、音楽、演劇映像という、芸術諸ジャンルのなかでも中心的かつ基礎的な領域でそのコース編成がなされることにあります。1、2年次の基礎段階では少なくとも二領域以上の履修を義務づけられており、学科名にあるように、異なる分野を比較しながら芸術について学ぶことができます。そこには、文学部に芸術学科が設立された意味も込められており、人文学の基本理念に沿った領域であるだけでなく、現代社会の芸術・文化の本質を知るうえで必要なものは何かを、いま改めて指し示す根源的な領域であるともいえましょう。幅広い基礎領域を経て、その中で専門的に学びたいの各自の学習・研究スタイルも同時に約束されています。一つの領域の学びだけではなく、幅広い視野、視座、視点を持って4年間の大学生活を送りたい学生におすすめの学科であるといえます。

参考文献
青山学院大学、「青山学院大学文学部比較芸術学科」

入試の概要

出願手続き、試験日、合格発表を順番にまとめた入試の流れになります。出願手続きを計画的に行うためにも、しっかりと逆算して準備に取り掛かかりましょう。出願資格、倍率についてもまとめてありますので是非ご確認ください。

2021年度入試日程

各種手続き内容日程
1次試験出願手続き2020年09月24日~10月08日
1次試験合格発表2020年11月13日
2次試験出願手続き2020年11月13日~11月16日
2次試験2020年11月23日
合格発表2020年12月07日
入学時期2021年4月

(出典:青山学院大学、「2021年度自己推薦入学者選抜要項」)

出願資格について

史学科の自己推薦入試を受けるために、まずは以下の出願資格が必要となります。一般的に自己推薦入試(AO入試)は出願基準が高いため、高校の定期試験は手を抜かずに取り組みましょう。

  • 本学科を第一志望として本学科へ進学を希望する者
  • 以下の1または2のいずれかに該当する者
    1.  高等学校における「全体の学習成績の状況」が4.0以上である者
    2.  下記、3点すべての要件を満たす者
      •  高等学校における「全体の学習成績の状況」が3.8以上であること
      •  高等学校における「外国語」の「学習成績の状況」が4.2以上であること 
      •  高等学校における「世界史B」または「日本史B」のいずれかの「学習成績の状況」が4.2以上であるこ

過去の倍率

過去2年間の倍率をまとめました。志願者数に大きな増減はありませんでした。倍率はおよそ3倍強です。青山学院文学部自己推薦入試の中では比較芸術学科は倍率が比較的高い印象です。総合系大学に芸術科が設定されていることが珍しいことが倍率が高くなっている要因の一つであると考えられます。しかし、定員が10人に対して合格者数がそれを下回っているため、しっかりと試験対策をして試験に挑むことが必要です。

募集人数志願者数合格者数倍率
2019 約10名 30人8人3.8倍
2020約10名32人 8人4.0倍

(出典:青山学院大学、「2021年度自己推薦入学者選抜要項」)

志望動機・理由書を書く

文学部史学科へ出願するために必要な入学願書では、1500字程度で志望動機・理由書を提出する必要があります。自己推薦入試は、あなたという人間を総合的に評価して合否を決める入試方式です。だからこそ、この志望動機・理由書、入学後の計画・目標で、あなたが入学する目的を明確にしっかりと表現することができれば圧倒的に合格に近づきます。

志望理由書を書くときに大切なことは、「過去」「現在」「未来」と、一つの時間軸上であなたの物語を伝えることです。これは、ストーリーテリングと言って、合格に近くためのあなたにしか書けない文章を書く上で是非意識して欲しいポイントです。過去、現在、未来を通してどのように文章を構成していけば良いのかは、こちらの記事で詳しく解説しております。是非参考にしてみてください。

また、あなたには芸術学科を受験する目的があることでしょう。さらに細かく、青山学院大学文学部の比較芸術学科を受験する理由も存在していると思います。ここではそんなあなたの熱意を文章にする必要があります。比較芸術科の特色として、美術、音楽、映像と異なる感覚に触れながら五感を総動員して芸術を学ぶことができる環境があります。あなたの過去の経験から、そのような環境での学びを切望していることをまずは書いてみてください。そして、芸術オタクと言っていいほど芸術を愛し、歴史的背景から芸術を学ぶ意欲をアピールできると良いでしょう。

自己推薦入学者選抜課題対策

比較芸術学科の自己推薦入試には、以下のような自己推薦入学者選抜課題があります。

「次のテーマについて論じなさい。芸術と剽窃

論述を進めるにあたっては、Ⅰ美術、Ⅱ音楽、Ⅲ演劇映像の三つの芸術領域のなかから、ひとつの分野を選択し、具体的な作品や作家の名前を挙げて論じること。」

この課題は、分量が約2000字と、かなりボリュームがあるため、計画的に作業を進めていくことをお勧めします。また、志望動機・理由書と自己推薦入学者選抜課題を参考に面接が行われるため、誰かの言葉や書いてもらった文章である場合、面接次に痛い目にあってしまいます。ですので自分の言葉で、自分で調べて考え抜いたことを課題として進めてみてください。課題のテーマである「芸術と剽窃」についてですが、芸術作品には剽窃は付き物です。美術、音楽、演劇映像の中から最も情熱を注いできた分野を選択して、あなたの考察を論じてください。筆記試験のように限られた時間内で書き上げるものではありませんので、時間を好きなだけかけて良い課題です。しかしその分、内容の質がどうしてもみられてしまうので、書いては書き直してを繰り返し、しっかりと対策をしていきましょう。

筆記試験対策

ここからは、一次試験を突破した受験生が受けることのできる二次試験の対策についてお伝えしていきます。筆記試験は「美術」「音楽」「演劇映像」のいずれかを選択し、その場で出題された問題に答える小論文形式です。

あなたはこれまでに数多くの芸術作品に触れ合ってきたと思います。この筆記試験では、美術館や音楽堂や劇場であなたに影響を与えた作品や体験を基に考えを論じることができるチャンスがあります。選択した分野への熱量をアピールしていきましょう。また、芸術に関する基礎知識について出題されるため、日頃から芸術作品を観賞をして、知識を蓄えることができると良いでしょう。そこでは、ただ観賞するのではなく、その作品が誰によって、なんのために、どのような経緯を持って創られた作品であるのかをいちいち調べながら観賞すれば効率的に知識を蓄えることができます。

面接対策

面接の内容は主に、あなたが提出した志望動機・理由書、自己推薦入学者選抜課題の内容に沿ったものです。面接において、出願時に提出した書類の内容と口頭の内容が違っていては、説得力がかけてしまう恐れがあります。ですので、もう一度志望動機・理由書、自己推薦入学者選抜課題を熟読し、突っ込まれそうな箇所は予めリストに上げて対策をしておくと良いでしょう。極論ではありますが、芸術に対するあなたの熱量を持って挑みさえすれば、面接官にあなたの想いは届くはずです。一次面接を突破したという自信を持って是非面接に挑んでください。

最後に

青山学院大学文学部比較芸術学科自己推薦入試について、その対策方法を少しでも参考にすることはできましたでしょうか。まずは出願資格でもある評定平均の基準を突破することが最優先です。しっかりと学校の授業に集中して定期試験では点数を安定的に獲得してください。その上で、志望動機、自己推薦入学者選抜課題の対策を行いましょう。小論文や面接では、芸術についての基礎知識や見解が問われます。常日頃から芸術作品に触れ合う機会を設けて知識を増やしていきましょう。Loohcs志塾の無料体験では、プロの講師があなたの志望理由書を添削してアドバイスをしてくれます。小論文や面接の対策ももっと詳しく丁寧に説明してくれます。そんなプロに一度志望理由書を読んでもらいたい受験生、小論文を書く極意を身につけたい受験生はいつでもLoohcs志塾の無料体験にご応募ください。お待ちしております!

久保 領雄音
この記事を書いたひと 久保 領雄音

Kubo leon

AO義塾Webチームに所属。1年間のドイツ留学を経て18'慶應SFC AO入試を1期合格。幼い頃から続けるカヌースプリント競技を日本代表として漕ぎ続ける。体育会に所属しながらも勉学との両立を目指す。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学