九州大学共創学部の二次試験が何度も受けられる!?ルークス志塾の「共創模試」を徹底紹介!

M.D.さん 修猷館高等学校出身(福岡)

九州大学 共創学部 合格

Loohcs志塾では、小論文・グループディスカッション・面接の対策に加え個人的なちょっとした相談にもシェルパの方々が親身に乗って下さり、受験期の精神不安定だった私にとってはそれが心の支えになりました。 総合型選抜は“情報”が鍵だと思います。実際、自分も天神校のシェルパの方々と交流したりシェルパを通して志望学部の先輩方と繋がったりして情報を集め、大学の雰囲気をなんとなくつかんでおくことで、当日落ち着いて受験することができました。 また、共に高めあう“仲間”がいたことも大きいです。お互いにアドバイスを出し合ったり、時には励ましあったりして本番直前の苦しい時期を乗り越えることができました。特に、私の高校には同じ立場の友達がいなかったので、同じ目標を持った仲間と交流できる場として天神校は最適でした。 受験期を振り返ると、天神校のシェルパの方々・仲間・家族など多くの方々に支えられていたことを実感でき、感謝の気持ちでいっぱいです。また、総合型選抜を通して自分自身も本当にやりたいことが見つかり大きく成長することができました。
Loohcs志塾は自分でも気づかなかった長所を引き出してくれ、それを強みにしてくれました。これから受験生の皆さんも是非Loohcs志塾に入塾して新たな自分を発見してほしいです。心より応援しています!

Y.A.さん 上野丘高等学校出身(大分)

九州大学 共創学部 合格

私は浪人すると決めた時、なにがなんでも共創学部に合格すると決心しました。そこから総合型選抜について調べているとLoohcs志塾を知り入塾しました。最初は大学でなにをやりたいか自分でもあやふやだったため総合型に関して私はマイナスからのスタートだったと思います。そんな私を合格に導いてくれたのはシェルパの方々とLoohcs志塾の仲間たちでした。 私は元々小論文にトラウマがあったため正直総合型を受けるのが怖かったです。しかし何度も書き直し何度も添削してもらうことで段々と自信になっていきました。共創模試のフィードバックや講座で他の塾生が書く小論文を読み、書き方や話を展開する方法などを取り入れ、小論文では誰にも負けたくないと思えるくらいになれました。ディスカッションの練習では自分にはない視点や興味分野以外の知識ををたくさん取り入れることができるため毎回楽しみでした。 正直、一般の勉強と総合型の準備を同時に進めることはとても大変です。しかし、共創模試を通して出会ったたくさんの友達と励まし合いながら助け合いながら進める準備はとても楽しく、私の勉強するモチベーションになりました。何よりも入試直前で不安でいっぱいになった時にシェルパの方々とルークス志塾の仲間たちは私の心の支えでした。
私にとってLoohcs志塾は夢を見つけた大切な場所です。入塾して本当によかったです。

M.I.さん 西南学院高等学校出身(福岡)

九州大学 共創学部 合格

私は夏の間、一般入試の対策のため、集団塾にこもりきりでした。朝から晩まで白い無機質な仕切りに囲まれて勉強する日々のなかで、なぜ自分が大学に行きたいのかを見失いかけていました。しかし、Loohcs志塾で総合型選抜に向けて志望理由書を練り上げることで、大学に行く目的が明確になりました。そのおかげで、自分にエンジンを積み直すことができ、一般入試の勉強にも勢いが増しました。さらに、塾とは思えないアットホームな雰囲気のLoohcs志塾は、とても居心地がいいです。この雰囲気を作り上げているLoohcsの講師陣こそ、この塾の1番の魅力だと私は考えています。幸運にも、講師の方々は私の志望大学の先輩でした。彼らの好きなことを話し出すと止まらない姿や「毎日忙しい」と言いながらも口元が緩み、充実感の滲む表情を見て、自分の大学生活の未来を思い描きました。そして、その未来への嫉妬は私の原動力になりました。みなさんにもLoohcsで過ごす濃い時間と総合型選抜を楽しんで欲しいです。

K.K.さん 岩国高等学校出身(山口)

九州大学 共創学部 合格

K.K.さん

 入塾当初、私は小論文でわずか3行しか書くことができませんでした。しかし、ルークス志塾の仲間から刺激を受け、彼らに負けたくない一心で、一つの小論文には平均して3、4回解き直しを行い、自分の納得がいくまで小論文を書き続けました。他にも、グループディスカッションやディベートを行い、自分では考えられないような意見を聞き感化される中で、自分の視野を広げ、また自分の興味分野以外の知識もたくさん身につけることができました。私は元々他の塾生より足りない力が多く、なかなか思うような結果が出ない時期もありました。とても辛くて、帰りの新幹線で涙を流したことや校舎から走って逃げ帰ることもしばしばありました。しかし、その悔しさを糧にこの状況を乗り越え、論理的思考力や柔軟な発想力、自分の考えを言語化する力を獲得し、自分でも信じられないくらい成長することができました。
 ルークス志塾で見つけた私の強みである、困難な壁に直面しても、逃げ出さず、粘り強く努力し続ける力は一生の財産です。ルークス志塾に入塾して本当に大正解だったと感じています。

共創模試って何?

共創模試とは、九州大学共創学部の総合型選抜入試の二次試験対策として、ルークス志塾福岡天神校が開催する日本でただ一つの模擬試験です!

昨年からの自粛ムードに合わせて、オンラインでも参加できるようになりました。

九州大学共創学部の総合型選抜入試の二次試験は、2日間かけて実施されます。

2日間の日程は以下のとおりです。

ルークス志塾福岡天神校では、この本番と全く同じスケジュールで模擬試験を4月、6月、8月、10月の計4回開催しています!

ここでは、共創模試の魅力を大きく2つご紹介します!

魅力① 2人に1人はリピーター!『ほぼ本番』の質の高さ

ルークス志塾福岡天神校の開催する「共創模試」は、現役の共創学部生が過去の試験を徹底的に分析し、「二次試験で見られている能力は何か」「どのような対策が必要になるか」をしっかりと押さえた模擬試験となっています!!

そのため、ほぼ本番といえるスケジュールでの実施に加え、その質にも定評があります!!

また、本番同様の試験を受けることで「今の自分の強み、足りないものは何か」を確認することができ、対策をおこなっていく上で力を入れるべき部分が明確になります!!

冒頭でも触れましたが、共創模試は年に4回も開催されており、何度も受験してその時点での自分の実力を確かめることが出来ます!そのため、過去3年間での参加者は年々増加しており、2人に1人がもう一度共創模試を受験してくれています!!

魅力② LINEで気軽に相談できる!! 模試参加後の手厚いサポート

共創模試のもう一つの魅力として、模擬試験を受験したあとも受験に向けた手厚いサポートを行っているという点です!

共創模試では、受験後のフィードバックやアドバイスを公式LINEを通してお返ししています。討論や小論文から見て取れる個人の特性や弱点に対して、一人ひとりにあった今後の対策方法や注力すべきポイントを、共創学部対策のプロが丁寧にまとめます!

それだけでなく、模試が終わったあとでもLINEを通して質問に答えたり、相談に乗ったりするなど、合格まで一緒に走り抜けるためのサポートを行っています!!

無料相談会に参加して、開催の通知をいち早く受け取ろう!!

共創模試は年に4回開催されますが、本番同様の形式で実施をするために、人数制限を設けることがあり、年によって開催日が若干異なります。

ルークス志塾福岡天神校では、共創模試の開催日をLINEでいち早くお知らせします!

これからの受験について直接ご相談を受ける無料相談会を毎日行っていますので、まずはそこにご参加いただき、LINEで友達になって共創模試の開催のお知らせをいち早く受け取ってください!!

ご連絡、お待ちしております!

松田斗夢
この記事を書いたひと 松田斗夢

Matsuda Tomu

九州大学共創学部3年。総合型選抜入試によって志望大学に合格した自身の経験から、諦めないで挑戦するための勇気と選択肢を多くの受験生に広めようと活動している。WEBライティングやデザイン、受験指導など様々な表現方法で受験生の選択肢を増やす支援を行っている。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等