AO義塾の【慶應SFC】一般入試対策

第一志望を譲れないあなたへ。AO義塾では12月からでも間に合うSFCに特化したカリキュラムをご用意しています!

慶応義塾大学SFC(総合政策学部・環境情報学部)にどうしても入学したいあなたへ。
今からでも間に合う!SFCに特化した一般入試対策で合格を掴み取りましょう!

まずは一度、無料相談へ!

SFC一般入試科目とは?

慶応義塾大学総合政策学部、環境情報学部の一般入試では、「小論文」が必須科目です。もちろんセンター試験の受験は必要ありません。 「英語」「数学」「情報」「語学」のどれか1科目+「小論文」のわずか2科目だけで、”2学部(総合学部と環境情報学部の両方)”を受験できます。 つまり、ご自身の得意科目1科目と小論文の解き方さえマスターしてしまえば合格への道もぐっと近づきますね。

AO入試受験者こそ、SFCの一般入試に挑戦すべし!

AO義塾では毎年、12月から対策をスタートしSFC一般入試で合格を掴む塾生が大勢います。

理由①AO入試の経験こそが、最大の一般入試対策に!

SFCの入試は「本当にSFCという学び舎を求めている人物」を選抜する入試体形をとっており、その方針は一般入試でも同じことが言えます。例えば必須科目である小論文では、問題発見・解決の為の思考法を問うことはもちろん、年度によってはまるでSFCへの志望動機を問う様な出題もなされます。他大と比較して非常に特徴的な出題傾向にあり、対策が難しいと言われているSFCの小論文ですが、AO入試でSFCへの志望動機を深堀した経験こそが、最大の対策となるのです。

理由②自分の得意科目を選択出来る!

前述の通り、2科目のうち小論文以外は「英語(外国語)、数学、情報」から選択が可能です。外国語の中にはドイツ語やフランス語も含まれており、選択科目の幅も広いことから、あなたの得意な科目を短期集中で伸ばしていけば、十分に合格が可能となります。AO入試のアピールで用いた外国語力やITスキルを一般入試でも利用可能なのです。

理由③総合政策学部、環境情報学部の併願が可能

SFCは2学部に分かれていますが、学部によって履修出来る授業に違いもなく、所属出来るゼミにも制限が無いことから中身はほぼ同じと言えます。AO入試では1つの学部しか出願が出来ませんが、一般入試では両学部に併願が可能です。つまり、同一の対策で合格率を2倍にすることが出来るのです。SFCに進学したいあなたは必ず2学部を受験することをオススメします。

AO受験者でなくても、12月から間に合うカリキュラムもご用意しています

教鞭を取る講師陣は、SFCで「問題発見・解決のフレームワーク」を学んでいる一般入試合格生です。日々SFC流の学びに浸かっているからこそ、一般入試対策予備校の小論文講座よりもハイクオリティの授業が実現出来ています。

まずは無料で一度、あなたの合格への道順を相談しましょう

AO義塾SFC小論文対策の強み!

入試までの期間中、小論文の基礎から慶應SFC入試過去問題、さらにAO義塾オリジナル入試予想問題を使用した授業を提供いたします。
また、AO入試(Ⅱ期試験)にチャレンジする方も両立して早めに一般入試・小論文の対策をすることで、慶應SFC合格の可能性を広げることができます。
使用する入試過去問は過去23年分の慶應SFC入試過去問を厳選しており、これまでのノウハウの蓄積と独自のメソッドに基づいた授業を展開します。

AO義塾の小論文対策授業の特徴

【集団授業(問題演習&解説)】
集団授業の1コマは、演習2時間・解説1時間の内容となります。提出された答案は授業後講師が添削し随時返却をいたします。また、実際に教室で答案を解くことにより、塾生一人ひとりの進捗状況を講師が把握し、塾生一人ひとりに合わせた答案返却、指導を行います。※解き直しの問題について2回目以降の答案は提出後に返却がされない場合もございます。あらかじめご了承下さい。
【個別授業(苦手克服対策)】
AO義塾では、集団授業に加えて、個別授業にて一人ひとりの進捗状況に合わせた授業を行います。専門の講師とマンツーマンにて授業を行うことで塾生の小論文の苦手の克服をし、更にレベルアップを目指します。

AO義塾SFC情報・数学・英語対策の強み!

【情報科目】

「情報」科目はAO入試対策塾では殆ど対策が行われていないため、専門の講師と対策が出来る数少ない機会となっております。AO義塾では週2回を目安とし、講義形式の授業(1コマ2時間)を少人数にて行います。アルゴリズム系の問題などをはじめ、自分だけのチカラでは理解をするのが難しい問題を専門の講師が直接解説・指導を行います。

【数学・英語科目】

AO義塾では、個別授業(1コマ1時間)にて対策授業を行います。こまめにチェックテストを行い、一人ひとりのレベルに合わせ基礎から苦手な部分、応用までをマンツーマンにて対策いたします。

【デイリー学習管理】※全科目共通

SFC一般試験に合格するには、自学自習が最も大切となります。AO義塾では自学自習もサポートいたします!一人ひとりの進捗状況をこまめなチェックテストにて確実に把握し、それぞれにあった学習プランを日々提案・サポートします。※本講座にて使用する教材については、原則AO義塾側で用意をさせて頂きます。

他塾に通っていてもしっかり対応してもらえる!

この講座は、他の塾にすでに通っている方でもお申込み可能です。AO義塾は受験生1人1人に合わせてしっかりと対応します。

小論文

AO入試との相性も抜群

SFC志望理由書の内容を深めていくのに必要な「総合政策的アプローチ」や「デザインについても幅広い知見から、小論文を通じて鍛えていくことも出来ます。

AO入試の志望理由書を書く上でも、幅広い分野を扱う一般入試対策の論述力を鍛えることで、SFCのAO入試の特徴を抑えて書くことに役たちます。

また、AO入試対策を行ってから、一般小論文対策に切り替えても、SFCのアドミッションポリシーや特徴を理解した上で、小論文を書くことができます。

SFCの一般入試は、たった2教科です。3つの選択肢の中から、一番得意な科目1科目と小論文を鍛えれば、合格することができるのです。
論述力を早めからつけておくことで、AO入試の志望理由書、また、その他入試でも、力を発揮する出来ます。
遅い時期であっても、例えば仮にAO入試がもし、不合格になってしまった場合でも、SFCに絞った小論文対策をすることで、合格できる可能性が大いにあります。

1) 過去問対策演習について

SFCの過去問を解きながら、AO義塾のAO入試での合格メソッドの考え方を交えながら、演習していきます。

2)オリジナル予想問題演習について


AO義塾のオリジナル予想問題を用いて、

模試形式の演習を実施します。

AO義塾のオリジナル予想問題を用いて、
模試形式の演習を実施します。

3)料金と対象について

高校1年生〜を対象とします。
基本的には通常コマ通りとなります。
※AO入試と違って、2学部併願可能です。SFC志望者は必ず2学部出願しましょう。
※得意科目に応じて、文学部・経済学部・法学部・商学部の併願を(記念受験的でも)推奨します。

情報

AO義塾での対策の強み

AO義塾では、この参考試験を専門的な知識をもった担当者が、徹底的に分析し、独自に傾向に沿った予想問題を作成しています。コピー自由で豊富な予想問題、そして参考試験での問題を実際に解いていきながら、専門知識をもった講師が丁寧に解説、指導いたします。

AO義塾の「情報」科目 対策カリキュラム

情報クラス授業の方式

授業前に問題集の配布し、解いてきていただいた問題の採点&解説(個別指導)を授業内に行っていきます。

授業対象について

主に高校3年生を対象としておりますが、高校1年生、2年生でも受講は可能です。
ご質問などありましたら、お気軽のご質問くださいませ。

授業、料金について

基本は、代々木教室の受講になりますが、地方に在住で代々木に通うことが困難な場合に限り、skypeで代々木教室での授業をつなぎ、受講することができます。(問題用紙も事前に送付いたしますので、代々木教室でもskype授業でも、授業内容に差はございません。)

まだ間に合う!まずは一度、無料相談へ

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎
任意所属高校

任意志望大学