慶應義塾大学/入試の全体像

慶應義塾大学/入試の全体像
(AO入試・一般入試の比較まとめ)


慶應義塾大学の一般入試は国語の代わりに小論文を課し、また1990年にAO入試を日本で最初に実施するなど、2020年の新時代入試を以前から先取りしていた点に特徴があります。最近では「センター利用入試の廃止」も行いました。そのため、AO入試の枠が大きく一般入試とAO入試の併願が特にオススメ出来る大学のひとつです。

慶應義塾大学合格のための
入試方式活用ポイント

慶應義塾大学においては、文系・文理融合系学部でAO入試を広く実施しています(指定校推薦を除いても合格者の2割近く)。学部単位では、一般とAOで必要なポイントも似ているので、うまく組み合わせて出願することが望ましいです。特に、総合政策学部と環境情報学部は、一般入試の倍率が10倍以上と人気が高騰していますが、小論文の知識がAO入試でも活きるため、両方を受験することが合格率を高めるカギとなります。

文系・文理融合系学部の入試

【入試方式別】募集人員・倍率比較表(文系・文理融合系学部)

     
学部名入試名称募集人数倍率志願者数合格者数
一般入試 580 4.6 4351 937
自主応募入試 120 2.9 361 124
経済 一般入試 630 5.0 6149 1224
一般入試 460 5.1 3059 597
FIT入試 160 4.3 909 213
IB入試
一般入試 600 4.1 6286 1517
総合政策 一般入試 225 11.7 3323 285
AO入試 150 9.4 1194 127
環境情報 一般入試 225 15.0 2999 200
AO入試 150 6.4 972 152
AO入試系人数合計5805.63436616
一般入試系人数合計27205.5261674760

ポイント①慶應文系学部はAOの合格枠が広く、誰にでもチャンスがある

法学部、文学部、SFC(総合政策学部、環境情報学部)はAO推薦入試の枠が広いことが特徴です。また法学部とSFCのAO入試は出願資格が設けられていないことから、誰にでもチャンスがある入試と言えます。例えばSFCでは、過去に評定平均2.6で合格した実績もあることから、他大学よりも【あなた自身】を強く評価する傾向にあると言えます。

ポイント②一般入試とAO入試とを併願することの相性が抜群に良い

慶應の一般入試は国語ではなく小論文を採用していることから、AO推薦入試の入試形態と類似しています。特にSFCの一般入試は、小論+選択科目(外国語、数学、情報)の2科目入試となっており、小論文に関しては「本当にSFCへ入学したい人を評価する」ことを大切していることから、まるで「SFCへの志望動機」を求める様な出題も度々出題されます。通常では対策することが難しいSFC小論文は、AO入試を受験すること自体が対策に直結するのです。

理系学部の入試

【入試方式別】募集人員・倍率比較表(理系学部)

学部名入試名称募集人数倍率志願者数合格者数
一般入試 66 11.1 1391 125
理工 一般入試 650 3.4 8230 2444
AO入試 若干 3.0 3 1
看護医療 一般入試 70 3.7 565 151
AO入試 若干 9.9 89 9
一般入試 150 4.5 2101 467
AO入試系人数合計9.29210
一般入試系人数合計9363.9122873187

ポイント①慶應理系学部に合格するには、普通に高い基礎学力が必要

理系学部においては基礎学力が成績に寄与する度合いが高いため、AO推薦入試はあまり実施していません。東大・京大を第一志望とする受験生と競い合うことになるため、合格を勝ち取るためには高い基礎学力が必要です。

ポイント②日本国籍でも、帰国生・留学生なら抜け穴アリ

ただし、理系学部でも、帰国子女向けの帰国生入試、海外で教育を受けた人向けの外国人留学生入試では比較的競争率が低く、海外で教育を受けた経験が長ければ有利な受験方式があります。日本国籍であっても出願可能ですので、海外での居住経験が長い人はぜひ確認してみてください(慶應大学のサイトへ)。



AO義塾は8年連続で慶應義塾大学AO入試の合格実績No.1!

AO義塾では慶應義塾大学向けのAO/一般入試対策を実施しています

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学