【これを読めば全てわかる!】慶應義塾大学文学部の受験生が知っておくべき基本情報をまとめました!

慶應文学部ってどんな学部?

概要

文化の創造と社会の発展に資する幅広い教養と深い学識および知的・倫理的・実践的能力を有した人物の育成を目的とし、17専攻+2部門という幅広く横断的な専攻分野を2年次という早い段階から専攻できる、他に類を見ない特殊なカリキュラムが採用されています。

<参考>https://www.flet.keio.ac.jp/about/policy/index.html

研究可能な分野

慶應文学部では前述したように2年次から専攻分野を決めます。
専攻可能な分野として「哲学、倫理学、美学・美術史学、日本史学、東洋史学、西洋史学、民族学・考古学、国文学、中国文学、英米文学、独文学、仏文学、図書館・情報学、社会学、心理学、教育学、人間科学」があります。

<参考>https://www.flet.keio.ac.jp/about/feature/index.html

男女比

文学部の男女比は2:3と、女性の方が多く在籍しています。

<参考>https://www.keio.ac.jp/ja/academics/undergraduate/

アクセス

1年次は日吉キャンパス(神奈川県横浜市)、2・3・4次は三田キャンパス(東京都港区)と、キャンパスが途中で移動します。

・日吉キャンパスは日吉駅から徒歩1分

・三田キャンパスは三田駅から徒歩7分

となっており、駅からのアクセスは良いと言えるでしょう。

<参考>https://www.keio.ac.jp/ja/maps/

卒業後の進路

文学部を卒業した多くの人は就職の道を歩んでいます。
内訳として、情報通信業や金融、保険業などがあります。
また、就職以外にも更に専門的な内容を学ぶために進学する人もいます。

<参考>https://www.flet.keio.ac.jp/about/careers/index.html

慶應文学部の入試の特徴

慶應文学部の入試には一般入試、自主応募制による推薦入学者選考(自主推薦入試)があります。

一般入試

法学部の一般入試の科目には「小論文」、「地理歴史」(日本史、世界史から選択)、「外国語」(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から選択)があります。
小論文の採用により、多くの他大学で採用されている「現代文」や「古文・漢文」がないのが特徴です。
<参考>https://www.keio.ac.jp/ja/admissions/examinations/general-admissions/

自主応募制による推薦入学者選考

慶應文学部では一般の学力考査とは異なった視点・尺度で様々な資質を持った学生を入学させるために自主推薦入試を導入しています。

出願資格

自主推薦入試に出願するためには、全体の学習成績の状況(いわゆる評定平均)が4.1以上である必要があります。

<参考>https://www.keio.ac.jp/ja/admissions/examinations/recommendation-self/

出願書類

出願するには

  • 評価書
  • 自己推薦書

が必要です。
なお、評価書は志願者が在籍する学校の担任教員もしくは指導教員等が作成する必要があり自己推薦書は指定のA4一枚の中に収める必要があります。
下のリンクには更なる詳しい情報、提出書類制作のコツなど合格に一歩近づくための情報が記されています!

ぜひ以下のリンクをチェックしてください!
https://aogijuku.com/juken-guide/skj/keio/letters/letters-syorui/

選考方法

慶應文の自主推薦では、「調査書」「評価書」「自己推薦書」に加えて、「総合考査Ⅰ」と「総合考査Ⅱ」が実施され、その5つの成果を踏まえ合否が決定されます。

「総合考査Ⅰ」では小論文方式を採り、各種資料に対する理解力、文章構成・表現力、分析力等を総合的に考査されます。

「総合考査Ⅱ」では与えられたテーマについての記述が評価されます。

指定校推薦入試

慶應文学部では指定校推薦入試は導入されていません。

倍率

入試方式倍率定員志願者数受験者数合格者数
一般入試3.2580424339031208
自主推薦入試2.8120343343123
一般入試は2021年度、自主推薦入試は2022年度

まとめ

いかがでしたでしょうか!
慶應文学部は受験生に非常に人気の大学学部になっております。

Loohcs志塾では様々な対策を専門講師が行っており、圧倒的な合格実績を誇っています。詳しくはホームページをご覧ください!

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等