合格に必要な情報が聞ける"合格者座談会"を実施中!

明治大学文学部自己推薦特別入学試験を徹底解説! 面接編!

明治大学文学部自己推薦特別入学試験を徹底解説! 面接編!

今日は明治大学文学部の自己推薦特別入試について解説していきます!合格に近づくポイント、特別なテクニックを特別に教えちゃいます!

・入試情報

:出願条件

1. 本学部の各専攻で勉学を強く希望し,第一志望として入学を志す者。

2.全体の評定平均値(学習成績の状況)が3.5以上の者。

日本史学専攻:日本史Bあるいは世界史B,またはそれに準じる科目を含む4単位以上履修している者。

アジア史専攻:世界史B,またはそれに準じる科目を含む4単位以上履修している者。

西洋史学専攻:世界史B,またはそれに準じる科目を含む4単位以上履修し,かつ英語の評定平均値が4.0以上の者。

地理学専攻:地理B,またはそれに準じる科目を含む4単位以上履修している者。

3. 学内外の特定分野に優れた能力を発揮した者(注)。自己アピールできるものを持っており,それを第三者に説明し,説得できる能力を有していること。

(注)「学内外の特定分野」とは,正規授業のほかの自主的でユニークな学習・活動であり,それらが入学後の文学部および各専攻での学びに結びつく分野であることを指しています。またコンクール等での入賞実績の優劣で合否が決まることはありません。重要なのは,入学後の学びにつながる活動や努力を明確に説明できることです。

(自己アピールの具体例)

・日本文学専攻

研究評論・読書感想文・創作等における受賞歴や,日本文学もしくはその周辺分野(書道・詩歌・古典芸能等)における活動歴とその成果など

・演劇学専攻

演劇や舞踊などの舞台芸術および映像に関わる分野での受賞歴や活動歴(台本の研究や創作,舞台または映像作品への出演や,演出など) 

・文芸メディア専攻

小説・詩歌の創作や受賞歴,演劇やライブでの活動歴など

・考古学専攻

フィールドワークや研究発表の経験(日本考古学協会の高校生ポスターセッションなど)など

・地理学専攻

国際地理オリンピック国内予選の受験や学会における高校生向けセッション(例えば日本地理学会高校生ポスターセッション)での発表,地理学に係る自主研究の成果など

・哲学専攻

日本倫理・哲学グランプリ入賞,国際哲学オリンピックへの参加,哲学プラクティスの活動経験など

:試験スケジュール(2021年度入学者)

:試験内容(2021年度入学者)

・明治大学文学部って??

:大学を求める生徒像

 専攻ごとに求める学生像は異なりますが、専攻分野に対する明確な問題意識や目的意識,強い学習意欲を持つ生徒を求めているようです。専門的知識を身につけた幅広い教養人の育成を教育方針としています。

(要綱より)文学部の教育目標は,過去から現在まで多様に展開されてきた人間の営みのすべてに対して,さまざまな角度からの考察を試みながら,究極的には,人間そのものを普遍的かつ総合的に理解することです。その目的を達成するため,充分な専門的知識を身につけた幅広い教養人の育成を教育方針としています。なお,文学部では専攻単位に志願者を募集します。当該専攻分野に対する明確な問題意識や目的意識,強い学習意欲を持つ志願者を期待します。

  以上のような教育目標,教育方針に基づき,文学部では,次のような学生を求めます。

・本学の建学の精神「権利自由・独立自治」を理解し,世界での活躍を見据えながら,他者や異文化を受容しつつ,確かな「個」の確立に意欲のある学生

・人と人のつながり,人と社会のつながりに関心をもち,人間の創作物や人類の過去,社会事象等のアプローチから人間学の探究に挑戦する意欲のある学生

・他者との関わりの中で,独創的な生き方を模索し,新しい概念や価値観の創出を追究したい学生

・専攻する専門領域において明確な問題意識や目的意識,強い学習意欲を持つ学生

  また,各学科では,次のような学生を求めます。

  文学科:様々な文化のあり方を学ぶことに積極的で,それに謙虚な理解を示すことが出来る学生,また自らの専門性の確立によって自分の「個」を形成する意欲のある学生を求めます。

  史学地理学科:自然と人間世界のあり方に幅広い興味を持つ学生,ものごとを歴史的地理的に探究したい学生,文献の読解・分析能力やフィールド調査能力を身につけて職業に活かしたい学生,幅広い歴史・文化の知識を活かして国際的に活動したい学生を求めます。

  心理社会学科:個人や集団に対する援助的姿勢を持ち,自立的思考のできる社会人となるための多角的視野を持つ学生を求めます。

:アドミッションポリシー

 前提として国語、外国語、地歴の知識が必要とされているが、とりわけ外国の文学・文化・歴史等を研究対象とする専攻においては,高いレベルの外国語の学習が必要なため、高校時代から重点的に取り組んでおきましょう。

 (要綱より)時代や地域を超えて,人間を普遍的かつ総合的に理解するためには,高校における多様な科目を学習しておくことが大変重要です。変化の激しい現代に要請される資質は,高校時代までの幅広い学習が基礎となるからです。大学入試センター試験利用入学試験や全学部統一入学試験では,「高等学校の段階における基礎的な学習の達成の程度を判定する」観点から,多様な科目を選択科目に含めています。入学定員の約5割を募集人員とする一般選抜入学試験では,入学後の専門性を考慮して,特に国語・外国語・地歴の3教科について,より高度な学習達成度を期待しています。具体的には,国語においては,長文を理解し得る読解力や論理的思考力,古典(漢文,文学史含む)等に対する基礎的知識や理解を期待しています。外国語も,国語と同様に,長文を理解し得る読解力や論理的思考力が重要です。地歴については特定の時代や地域に偏らない基礎的知識と,幅広く深い洞察力を期待しています。なお,国語・外国語・地歴の3教科は,文学部の全ての学科・専攻において必要な教科ですが,とりわけ外国の文学・文化・歴史等を研究対象とする専攻においては,高等学校での外国語の学習が重要です。高校時代に学び,考えるべき課題は大変多く,また多種多様だからこそ,目標をしっかりと見すえ,確実に課題を解決して行く姿勢が大切です。

・自己推薦特別入試はどんな生徒像を求めている?

 これまでに各学科、各選考に関する学習や課外活動などに取り組み、大学生活の中で目標を明確に位置づけ、挑戦しようと高い意欲を持った学生に向けた試験です。高校時代の課外活動等を重視し、学ぶことへの明確な目的意識や意欲,幅広い知的好奇心,内外の特定分野でどのように優れた能力や実績を示してきたのか、思考の独創性,論理的思考能力などを基準に合否を判断するようです。

(要綱より)自己推薦特別入試の目的は、これまで自分が真摯に取り組んできた学習,あるいは活動を本学部各学科・各専攻での専門的な教育の中に明確に位置付け、それに挑戦しようとする意欲を持った人材を学生として迎えることにあります。そのため,従来の一般入学試験による選抜とは異なる資格・条件と選抜基準で選考を行います。第一次選考 (書類選考)では,みなさんから提出された書類すべてが評価対象になります。学力のみによらない判定を行うため,高校生活における課外活動等を十分考慮に入れます。とりわけ重要なのは,みなさんの意志が強く表わされる自己推薦書の内容です。自己推薦書では,本学部で学ぶことへの明確な目的意識や意欲,幅広い知的好奇心,内外の特定分野でどのように優れた能力や実績を示してきたのかなどについて判定します。さらに第二次選考では,思考の独創性,論理的思考能力など,一般の学力試験では判定しにくいことがらを小論文と面接で問い,合否を総合判断します。(中略)

 明治大学文学部は,はっきりした目的意識をもつ意欲的なあなたの応募を期待しています。

・面接で気をつける3つのこと

:最低限のマナーとされていることは気を付けておこう

 これくらいのミスで減点されないだろうというメンタリティも必要ですが、寝癖がついていたり、ネクタイが曲がっていたり、タメ口気味でいても加点されるわけではないので、最低限試験官に悪印象を与えない身嗜み、行動を意識しておきましょう。

:早口・長文は禁止

 聞き取りやすさが一番大事です。早口で捲し立てるように話したり、長く話さずに短くゆったりと落ち着いて話しましょう。それからよく言われていることですが、結論は冒頭に述べましょう。面接官は何人もの受験生と話し続けているので集中力もかなり低下しているはずです。わかりやすく伝えることを意識しましょう。

:質問の文脈を読み取ろう

 面接官からされた質問にそのまま答えることが大事とされていますが、「この質問はどのような意図があるのか」「この返答は問題ないか」ということを考えて答えることも合格するために必要なことです。例えば文系学部で「高校時代苦手だった科目は何ですか?」と聞かれた時、本当は国語が苦手でも正直に答えてはなりません。「数学が苦手でしたが、高校3年生の夏に集中的に取り組み克服しました」といったように隙を作らない解答を意識することが必要だったりします。

・オンラインで特に気をつけること

ボディーランゲージ、表情は豊かに

人はコミュニケーションにおいて、視覚・聴覚・言語の情報に矛盾があると感じたとき、視覚情報(55%)>聴覚情報(38%)>言語情報(7%)という優先順位で情報の重要度を判断しているという実験結果が出ています。オンラインでタイムラグなどが発生すると尚更、視覚情報によって判断されます。そのためボディーランゲージ等で伝わりやすいコミュニケーションを意識しましょう。照明や背景、マイク環境等も可能な限り整えておきましょう。

話し方にさらに注意を

 対面でしたら、その人の雰囲気やその場の空気感で少しの間が生まれたり、声が小さくても通る場合が多いです。しかしオンライン面接では受験生がどれだけ風格を持っていても伝わらないことがほとんどでしょう。特にオンライン越しの沈黙、間は対面より重い空気が流れます。

 特に声の大きさは普段より大きくした方がいいでしょう。それだけで減点ということはないでしょうが、一生懸命話したのに聞こえにくいと言われてしまったら、試験でさらに余計なプレッシャーがかかってしまいますよね?

Loochs志塾に是非ご相談ください!

Loochs志塾は志望理由書、小論文の添削を始め、選考課題対策・サポート、面接試験対策、動画試験などの新型コロナウイルス によって今年から生まれた試験の対策も行っています!

Loochs志塾では他の提出書類や、受験情報についても対策記事があるのでチェックしてみてください!!

久保 領雄音
この記事を書いたひと 久保 領雄音

Kubo leon

AO義塾Webチームに所属。1年間のドイツ留学を経て18'慶應SFC AO入試を1期合格。幼い頃から続けるカヌースプリント競技を日本代表として漕ぎ続ける。体育会に所属しながらも勉学との両立を目指す。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須受講者氏名

    必須受講者フリガナ

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    ※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    任意所属高校

    任意志望大学