合格に必要な情報が聞ける"合格者座談会"を実施中!

小論文の書き方

小論文には正解がある?!合格する小論文の書き方

小論文は国語の延長線ではない!

小論文は「国語の延長線」だと思っていませんか?
しかしそれは大きな間違い。実は全くの別物です。
小論文では…
科目横断的な題材に対応していく力が求められます。特殊な科目だからこそ、対策次第で他の受験生に大きく差をつけることも可能です。

多数の難関大で合格実績を叩き出しているLoohcs志塾の小論文メソッドでは、
①小論文の”答え”を確実に抑える
②高い文章力で正しい構造をとる
この2点を徹底して指導します。

小論文を極めるための2つのコツ

①小論文の「答え」を確実につかむ

よく、「小論文には答えはない」という人がいます。
しかしこれは大きな間違いです。小論文には必ず、「答え」が必ず存在します。
考えてもみてください。「答え」がない試験でどうやって採点を行うのでしょうか。小論文考査において出題者は「答え」を設定した上で、その設問を作成しています。
その出題者の意図を的確に見抜き、設問に対してストレートに答ている解答が小論文における「正解」になのです。具体的には、設問の意味を理解していること、それに沿った内容が書けていること、小論文として正しい構造をとれていることがポイントになります。

② 高い文章力で正しい構造をとる

出題の意図を的確につかんでも、それが出題者に伝わらなければ何も意味がありません。また、ただの感想文ではなく、小論文の試験であるからには、構造を組み立てて論じる必要があります。
「わかりやすい構造」を組立てることによってより「質の高い小論文」へと近づけましょう。
そのために参考したい「5段階エッセイ」という型を紹介していきます。
1. 主張…自分の主張の決定
2. 理由…自分の主張の根拠
3. 具体例…字数や内容によっては書かなくていい場合も
4. 反駁…他者の視点+その根拠
5. 主張…必ず1と統一させる

実践! 実際の問題をモデルに構成してみよう

問:一票の格差についてあなたの意見を述べよ

解答:
【主張】
私は一票の格差について、政府は政策によってこの事態を改善するべきだと考えます。
【理由】
なぜなら、一票の格差は日本国憲法第14条に明記されているような「法の下の平等」を侵害しているからです。
【具体例】
例えば2012年の衆院選が最高裁によって違憲状態であるという判決を下されることがありました。
【反駁】
確かに、一票の格差を是正するためには、抜本的な制度改革などが必要であるため、現実的でないという意見もあります。しかしこれに対しては現在、地域の人口ごとに当選する議員の数を第三者委員会が割りあてる制度が議論されるなど、問題解決に向けて動き出しています。
【主張】
以上のことから、私は一票の格差について、政府は政策によってこの事態を改善するべきであると考えます。
このように主張と主張で文章を挟むサンドイッチ構造を組立てることで、自分の主張が出題者により伝わりやすい文章を組立てることができます。

重要ポイント:小論文は基本的にまず「結論ありき」

小論文と書く手順としては、自分が最終的に何を伝えたいのか、何を主張したいのかを論文の冒頭で示し、それに対する理由付けを行っていくことが重要です。文章力は一朝一夕では身につきません。地道にコツコツと訓練を積むことで、高得点を狙える文章力を養えるようになります。

実際の入試のレベルを見てみよう!

小論文の試験で有名な慶応SFCで実際に出題された問題と、Loohcs志塾の生徒の答案をご紹介します。最終的に目標とするレベルの答案イメージとして読んでみてください。

Loohcs志塾の優秀答案 慶應義塾大学環境情報学部「小論文」2016

<問1>省略

<問2>
(1)あなたの身近にあるモノやコトをひとつ選び、それが何かを解答欄に記入してください。(2)あなたが選んだモノやコトが生まれた背景と2016年現在のそのモノやコトによる生活や人の意識の変化について、解答用紙の4つの枠を自由に使って、あなたの視点で説明し、採点者を説得してください。なお、4つの枠は、左から順番に全てを使い、記述内容は文字・画面を問いません。

解答例:
今回私が取り上げたいのはタブレットである。このタブレットの登場によって、人々の生活、特に企業において、大きな変化を生み出した。
例えば、携帯ショップや家電量販店においてはこれまで、サインをしなければいけない場面で書面にて様々なやりとりを行ってきた。また紙を用いた説明をしなければいけない場面もあった。しかし、タブレットが登場したことによって、人々がこれまで書面で行っていたやりとりが画面一つでできるようになり、さらには紙のようになくしてしまうというリスクを排除することができたり、スペースをとるということがなくなった。検索をかければ必要なときに必要なデータを簡単に取り出すことも可能となった。
タブレットが生まれた背景として、PCの普及が最初に挙げられる。PCが登場したことによって、様々な作業がペーパーレスになり、処理速度を上げることができたが、PCは持ち運びに不便である。その結果、画面だけで作業できる、持ち運びが簡易なPCの必要性が生じたため、タブレットが登場した。
タブレットが登場した結果、持ち運びが簡単なPCという役割以上の活路を見出すこととなった。
販売において説明が必要な際は書面ではなく、動画を用いたよりわかりやすい説明ができるようになったり、上記に述べたようなペーパーレス社会を実現することができる。さらには煩雑な資料を探す手間も省くことができるのだ。
タブレットの登場により、企業は処理速度の高く、スペースをとらない、リスクのない業務を行うことが可能となった。

<問3>
問2であなたが選んだモノやコトが、来るべき未来にどのような発展・進化を遂げているかを考えてください。そして、それが登場したきっかけとともに、そのモノ・コトを使うことによる生活や人の意識の変化を、現在から未来を想像しながら880文字以内で説明してください。なお、未来についてはあなたが大学を卒業した後を想定していますが、どの年代かは自由に設定してください。

解答例:
2020年、タブレットは現在の企業における普及から個人単位における普及にまで広まっていくのではないかと私は考える。
そしてタブレットを取り巻く環境の充実、つまりタブレット向けの多くのソフトウェアが開発され、普及する未来が訪れるのではないだろうか。
現在、企業において様々な場面でタブレットが活用されている。今後はこのような集団を形成する多くの場においてタブレットが導入されていくはずだ。
学校を例に挙げれば、全生徒がタブレットを持つことによって、教科書を全てペーパーレスにすることができる。子供達は重い、たくさんの教科書を持つ必要がなくなる。さらに補助教材を動画として配信すれば、理科科目では実現が困難な科学の実験を見ることができたり、遭遇することが難しい生物を見ることができる、社会科目では史料を動画として見ることができるなど、現在では実現することの難しい多くの学びを実現することができるだろう。
また、多くの家庭で普及すれば、様々な自治体からの連絡をタブレットで行うことができたり、これまで紙面で行っていたやりとりを、ペーパーレスで行うことができる。回覧板を回すといったことや、学校からの手紙が両親に届かないといったこともなくなることだろう。
そのような社会を実現するためにソフトウェアの開発もさらに進んでいく。
現在、タブレットはPC向けに開発されたものをタブレットでも使えるように開発されたものがほとんどだが、現在スマートフォン向けアプリが登場しているようにタブレット向けアプリケーションが現在以上に普及していくはずである。
また、タブレットの種類が増えることや、様々な形のタブレットが登場する。SFの世界のようなタブレット上にAIが登場し、様々なことを教えてくれるといったことも実現されるかもしれない。
このようなタブレットを中心として社会が実現することによって、学生にとってはより学びやすい環境が整い、人々はより情報にアクセスしやすくなると共に、多くの人がネットワークで繋がったペーパーレス社会が実現するであろう。

最後に

前半の実践問題に比べると、過去問は、問題の難易度も上がったように感じるかもしれません。ですが、書いてきた通り小論文は、対策をして正解をつかめるようになれば、誰でも高得点が狙えます。今の自分から、上記の解答例のようなレベルの解答が書けるようになるイメージが浮かばないのであれば、是非一度loohcs志塾にお越しください。

YouTubeチャンネルでは小論文の書き方について、詳しく説明しています。動画で小論文についてもっと知りたい方は、みてみてください。

コンテンツや動画をみて、総合型選抜(旧AO入試)に興味を持った方は、下記の申し込みフォームから、無料相談会にお申込みください!

山下部 幸秀
この記事を書いたひと 山下部 幸秀

Yukihide Yamakabe

AO義塾池袋キャンプ長。慶應義塾大学環境情報学部を休学して校舎を運営する傍ら、インスタグラマーを目指している。東大や早慶上、GMARCHやSFC一般入試など、幅広く教鞭を執った経験を活かし2019年に池袋キャンプを開校、志望校合格率86.9%を達成。

合格座談会
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須受講者氏名

    必須受講者フリガナ

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    ※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    任意所属高校

    任意志望大学