授業料1ヶ月無料のキャンペーン実施中!

推薦入試特有の用語を解説!

アドミッションポリシーや公募推薦って何? 推薦入試特有の用語を解説!

大学入試には一般入試以外にも様々な受験形式があるという話を「どんな人が向いている?話題のAO入試について他の入試と比較して徹底解説。」の記事で解説をしました。

推薦入試の中にも「AO入試」や「指定校推薦」、「公募推薦」などなど聞きなれない言葉も多いと思います。
AO入試と公募推薦って何が違うの?それぞれ何がどんな書類が必要なの?
推薦入試を検討する上で、知っておくべき用語を解説していきます!

「専願」と「併願」とは??

推薦入試には「専願」と「併願」という出願方法があります。

専願というのは、合格したら必ず入学する、という条件のもと出願すること。
併願というのは、同時に複数大学を出願すること

大学によって専願しか認められないもしくは併願が可能などの規定がありますので、募集要項は必ず確認しておきましょう。

また、併願についてはこちらの「AO入試の併願について、徹底解説」に記載してありますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

公募推薦

公募推薦は「大学側が求めている出願条件を満たし、学校長からの推薦があれば出願できる」というものです。
基本的に現役生が対象となりますが、大学によっては浪人生も出願できるところもあります。公募推薦は「一般推薦」と「特別推薦」というように分かれています。

また、指定校推薦とは違い、高校からの推薦をもらっても必ず合格できるとは限りません。
公募推薦も大きく2種類あります。

公募推薦(一般)

学校長の推薦状や大学の出願条件を満たしていれば誰でも応募できる推薦です。

公募推薦(特別)

文化活動やスポーツにおいて実績を残した人が出願できる推薦です。
一般的にはスポーツ推薦、文化活動推薦、有資格者推薦とも呼ばれています。
実績による評価になりますので、評定平均の基準を設けていない大学が多くなります。

アドミッションポリシー

アドミッションポリシーとは、入学者の受け入れ方針をまとめたものです。 学校の特色や教育理念を反映した上で「どのような学生を求めているか」という受け入れの方向性が、示されています。アドミッションポリシーの理解は選考の大きなポイントとなると同時に、大学の雰囲気が自分と本当に合うかを考えることもできます。アドミッションポリシーは大学もホームページ等で確認できますので、気になる大学ができたらぜひ確認してみてください。

志望理由書

出願の際に提出する書類の一つであり、この書類をもとに面談・面接での意思確認などが行われます。自分をアピールするAO入試でもっとも大切な書類の一つと言えます。どの形式の推薦入試でも必ず必要と言っても過言ではありません。

志望理由書は、一朝一夕に書き上げることができるものではなく、先述のアドミッションポリシーや入念な自己分析のもと書き上げる必要があります。

入学前教育

推薦入試合格決定後から入学するまでの間に、大学が合格者に対して実施する教育のことです。小論文やレポートなどの課題や講習などがあることが多いです。

もし推薦入試や志望理由書で迷ったら、ぜひ一度AO義塾にご相談ください!

推薦入試特有の用語についてまとめてみました。これまで一般入試で受験する学生が多かったのですが、実は推薦入試で受験する学生も年々増えています。しかし、推薦入試を受けたいと思っても、自分の通っている高校では推薦入試の情報が少ないという状況があると思います。

AO義塾は10年分の合格者の書類や二次試験の情報など各校舎にたくさんあります。 推薦入試のことで悩んでいる方はぜひAO義塾の無料相談にいらしてください!

大城翔平
この記事を書いたひと 大城翔平

Shohei Oshiro

AO義塾webチームに所属。高校卒業後、1年の浪人生活を経て、東京学芸大学に進学。「まだ自分に教えるには勉強が必要だ!」ということで、東京学芸大学大学院に進学。卒業後、某大手予備校に勤務し、一般入試を受ける生徒のマネジメントしながら、大学受験のアドバイス・サポートを行う。現在はAO義塾柏校にてAO入試対策を指導しながらwebライターも兼務。コピーライター養成講座受講、宣伝会議賞も受賞経験あり。

お年玉キャンペーン
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学