大学入試の種類や用語を解説

AO入試や公募推薦の違いって? 大学入試の種類や用語を解説!

大学入試にも様々な受験形式があることを知っていますか?

実は大学入試には、一般入試以外にも様々な受験形式があります。
推薦入試、推薦入試にも「AO入試」や「指定校推薦」、「公募推薦」などなど。
それぞれどんな形式の入試なのか?
AO入試と公募推薦で難易度は違うの?
指定校推薦って志望理由書とか必要なの?
気になる大学入試の形式やその用語を1つ1つ説明していきたいと思います!

一般入試とは?

一般入試は、みなさんがイメージする学校で習う科目をペーパーテストによって学力を測るものです。多くの受験生は一般入試形式で受験しています。高校で習った科目はもちろん、大学によって出題傾向や応用問題がありますので、対策に時間がかかり、1年通して勉強を続けていくことになります。

推薦入試とは?

一般入試とは異なり、「人物重視」で行われる入試の形式です。受験方法は、書類審査や面接、小論文を課す大学が多くなります。
また、推薦入試だからといって「学力を無視する」ということはありません。
大学によっては出願資格の中に「高校の平均評定○以上」と記述しているところもあり、また出願資格に書かれていなくても評価の基準になることもあります。

推薦入試でよく聞く「専願」と「併願」の違い

推薦入試には「専願」と「併願」という出願方法があります。

専願:合格したら必ず入学する、という条件のもと出願すること。
併願:同時に複数大学を出願すること。

大学によって専願か併願かと規定がありますので、募集要項は必ず確認しておきましょう。

また、併願についてはこちらの「AO入試の併願について、徹底解説」に記載してありますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

推薦の種類は大きく3つあります。

1.AO入試

AO入試とは「大学側がこんな人を育てたい」という人を見つけるためのもので、わかりやすく表現するなら大学と高校生が互いを知るためのお見合いです。

一般的に「AO入試は特技を披露するもの」と思われる方も多いようですが、「行きたい大学を知り、自分の志を伝える」ことが大切です。
つまり、”大学のことを知り、やりたいことがあれば誰にでも合格するチャンスがある”ということになります。また、基本的に学校長の推薦状が必要ない、というところも特徴的です。

2.指定校推薦

指定校推薦は「大学側が高校に指定校枠を用意し受験者を募る」というものです。
主に私立大学で実施されています。指定校推薦も

また、高校の推薦枠に入ってしまえば、合格する可能性がかなり高いことも特徴的です。
ですので、高校生活における学業の成績や部活動、委員会などのしっかり取り組むことが大切になってきます。
指定校推薦は「大学と高校の信頼関係」で成り立っていますので、入学後も高校代表の自覚をもって大学生活を送るようにしましょう。

3.公募推薦

公募推薦は「大学側が求めている出願条件を満たし、学校長からの推薦があれば出願できる」というものです。
基本的に現役生が対象となりますが、大学によっては浪人生も出願できるところもあります。公募推薦は「一般推薦」と「特別推薦」というように分かれています。

また、指定校推薦とは違い、高校からの推薦をもらっても必ず合格できるとは限りません。
公募推薦も大きく2種類あります。

公募推薦(一般)

学校長の推薦状や大学の出願条件を満たしていれば誰でも応募できる推薦です。

公募推薦(特別)

文化活動やスポーツにおいて実績を残した人が出願できる推薦です。
一般的にはスポーツ推薦、文化活動推薦、有資格者推薦とも呼ばれています。
実績による評価になりますので、評定平均の基準を設けていない大学が多くなります。

AO入試と公募推薦は、どっちが難しい?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく「AO入試と公募推薦はどちらが難しいですか?」と聞かれることがありますが、どちらが難しいということはありません。もう少し詳しく言うと「試験内容によって異なる」ということです。

同じ大学、同じ学科でも、AO入試と公募推薦では提出書類や試験内容が変わることがあります。ですので、どちらが難しいか、ということは「その大学のAO入試と公募推薦の試験内容による」ということになります。

ただ、一般的に倍率という面で見ると、AO入試は自己推薦、公募推薦は高校の学校長からの推薦が必要ですので、公募推薦の方が倍率が低くなる傾向があります。

推薦入試はどの入試でも志望理由書が必要になります。

これまであげたAO入試、公募推薦では志望理由書が必要になることは想像がつくと思います。では、指定校推薦はどうでしょうか。

実は指定校推薦もほとんどの場合、自分の通う高校に志望理由書の提出が求められます。指定校推薦は大学側から定員が指定されているため、通う高校内で選考が行われます。校内選考の際に志望理由書の提出が求められることが多く、高校の先生たちはその志望理由書や学力などをもとに、推薦する学生を決めていくためです。

そう考えると、推薦入試はどの形式でも志望理由書が必要になると思っていた方が良さそうです。

また、志望理由書は数週間で仕上げることが出来るものではありません。
しっかりと自己分析をして自分のやりたいことを明確にすることも時間がかかりますし、志望理由書は合格者の志望理由書を読み込み、学んでいく必要があります。

もし推薦入試や志望理由書で迷ったら、ぜひ一度AO義塾にご相談ください!

大学入試の種類についてまとめてみました。これまで一般入試で受験する学生が多かったのですが、実は推薦入試で受験する学生も年々増えています。しかし、推薦入試を受けたいと思っても、高校では推薦入試の情報や合格者の志望理由書が少ない、ということがあると思います。

AO義塾は10年分の合格者の書類や二次試験の情報など各校舎にたくさんありますので、 推薦入試のことで悩んでいる方はぜひAO義塾の無料相談にいらしてください!

大城翔平
この記事を書いたひと 大城翔平

Shohei Oshiro

AO義塾webチームに所属。高校卒業後、1年の浪人生活を経て、東京学芸大学に進学。「まだ自分に教えるには勉強が必要だ!」ということで、東京学芸大学大学院に進学。卒業後、某大手予備校に勤務し、一般入試を受ける生徒のマネジメントしながら、大学受験のアドバイス・サポートを行う。現在はAO義塾柏校にてAO入試対策を指導しながらwebライターも兼務。コピーライター養成講座受講、宣伝会議賞も受賞経験あり。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学