【用語解説】自己推薦・公募推薦とは?

はじめに

 皆様、お疲れ様です。Loohcs志塾11期シェルパの臼田です。今回は自己推薦と公募推薦の意味、それぞれの違いなどを解説していきたいと思います。

自己推薦とは

 自己推薦は主に自己推薦入試と称され、総合型選抜(旧AO入試)と似た意味で使用されることの多い用語です。学校長や学校の先生などから推薦書をもらう必要はありませんが、自己推薦書と呼ばれる自分の長所や活動実績などをアピールする書類を書く場合が多いです。出願要件を満たしていれば基本的に誰でも出願可能な方式であるという点も公募推薦との違いになります。

公募推薦とは

 公募推薦は自己推薦とは大きく異なり、調査書とは別に学校長からの推薦書を大学に提出する必要があります。高校ごとに、評定や部活動での成績などを基準に志望大学に適した生徒であるかどうかを高校側が判断し、推薦書を渡します。また、大学ごとに各高校からの推薦可能人数を指定している場合もあるため、出願可能な人数に制限が設けられることがあるというのが自己推薦との違いになります。逆に人数が指定されていない場合は、よほど大きな問題を起こしていなければ誰でも推薦をもらうことができるので、学校側との信頼関係を構築しておくと良いでしょう。

まとめ

 最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は推薦入試を受験するにあたり必ず聞くことになるであろう用語、自己推薦・公募推薦について解説しました。今後も用語解説ページは続々と増やしていく予定なので、興味のある方は是非チェックをお願いします。また、Loohcs志塾では自己推薦書の書き方の授業も開講されています。 自分一人での対策に限界を感じた方は、ぜひ下記のフォームから無料体験、無料相談にお申込みください!

その他の特集記事はこちらから↓

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等