【秘訣公開】総合型選抜(AO入試)で圧倒的に差をつける志望理由書の書き方を伝授します!

はじめに

はじめまして!ルークス志塾シェルパの久保領雄音です。

いざ志望理由書を書こうと思っても、何から書き始めればいいのか正直戸惑いますよね。総合型選抜(旧AO入試)にとって、志望理由書は最も大切なものだと言っても過言ではありません。この記事では、圧倒的に差をつける志望理由書を書くための秘訣をお伝えします。

あなた自身の、過去、現在、未来をしっかりと見つめ直し、圧倒的に差をつける志望理由書を1つずつステップを踏んで書いていきましょう!

志望理由書に求められるのはストーリー

会話する先生と生徒

志望理由書には、あなたがどれだけ熱意を持って志望校に進学したいのか、なぜ他の大学ではなく志望校を選択するのかという熱意が強く求められています。ここを明確にしておかないと、他の入試形態に比べて倍率の高い総合型選抜(旧AO入試)で、あなたの志望理由書は、試験官の目には留まりません。

熱意を伝えるにはストーリーが必要

大学側は熱意を持った受験生を入学させたいと考えています。担当者は、あなたの志望理由書から熱意をはかりとるプロです。そこで熱意を伝えるために大切なのが、過去の実績、現在の志、未来のキャリアなのです。

「これまでの経験を踏まえて将来はこういうことに尽力したい。」というストーリーはあなたの熱意に説得力をもたらします。

何かのや大会での記録を持っている受験生は、その実績によってライバルと差別化することで有利になります。しかし、過去の実績ばかりアピールしても試験官には響きません。
過去の実績を得るまでにどのように努力工夫をしてきたのか、それが現在の自分にどのように影響しているのか、未来のキャリアにどんなことが期待できるのかをしっかりと伝えることができれば良いでしょう。

例えば、あなたがインターハイで陸上競技の100m走種目で優勝したとします。。あなたには優勝したという実績はありますが、成果を出すために基礎体力や基礎筋力といった土台をまずは見直し、できるところから一歩ずつ着実に進めていく努力をしたといった過程を示した方が評価されます。なぜなら、あなた自身が大きな目標を達成するために学んできたことが現在や未来のキャリアへの期待につながるからです。

ストーリーの作り方

過去を明確にする

まずは、自分がどんな人間なのかを知ってもらうために、現在の自分につながるバックグラウンドや特性をひたすら書き出してみましょう。

例えば、アメリカ南部で生まれ育ち、今も尚根付く黒人差別の問題を日常のように目の当たりにしており、そのことがきっかけで人種差別的な問題に強い関心がある。
また、スポーツ活動において全国大会で優勝や入賞をした経験がある受験生は、その結果を得るためにどのように努力工夫を凝らしてきて、その経験が今の人格形成につながっているのか。

以上のように今の自分自身を作り上げてきた核となる出来事を理解できていると、あなたらしさをアピールするための土台が明確になります。

現在の自分をアピールする

次に、そんな過去を踏まえて現在何をしているのかをアピールしましょう。

生まれ育った経験から、人種差別的な問題解決に興味関心がある人は、そういった過去を踏まえて現在では、NPOを立ち上げたり、人種差別問題を多くの人に知ってもらうために活動をしたりといったことがアピールできると良いです。ここでは、あなたが主体的に行動しているということがポイントになります。

自主性と主体性は似ている様で実は違います。この違いをしっかりと区別しておきましょう。

  • 自主性:言われたことを率先して行うこと。与えられたいくつかの選択肢の中から、どれかを選択するイメージ、

主体性:言われてないことを自ら進んで行うこと。選択肢のない状況から、自ら考え何らかしらの選択をする

未来につなげる

そして、これからどういった活動をしたいのかといった未来について考えていきましょう。ここでは大学の学びがあなたの未来のキャリアにつながっていることが重要です。

「現在進行している活動だけでは、得られる知識や経験は乏しく、これから実現したいもっと大きな構想を確実に実現するために貴校での学びが不可欠です。」といった様に、志望校でなければこの想いは実現できないといったアピールができれば、圧倒的にライバルと差をつけることができるでしょう。

ここまで読んでもいまいち書くことがわからないという受験生は、総合型選抜(旧AO入試)について基礎的なことから詳しく書かれているこちらの記事を読んでみてください。

志望理由書の書き方にそって、まずは一回書いてみよう!

志望理由書はとりあえず1回書き切ってみることが重要です。一通り書いてみると、自分で明確になっていない部分を把握することができるからです。
そこで志望理由書を書けるように、まずは書き方を解説していこうと思います。

講義風景

志を簡潔に示す

自分が将来目指す「志」や「ゴール」を設定し、それについて簡潔に示しましょう。志とは「利他的な目標」のことです。自分が達成したい志を、誰が見てもわかるように「具体的に、簡潔に」提示しましょう。
教授に、何を訴えたいのかを提示して読み進めてもらえるように、簡潔に書きましょう。具体的には、全体の1割程度の分量、場合によっては1文で、志を掲げてください。
ex.)社会に貢献したいこと、将来なりたいもの、将来就きたい職業、理想とする社会など

志を抱いたきっかけを語る

次に、あなたが志を抱くようになったきっかけを書きましょう。

ここで重要なことは2つです。
1つはあなたが本気で志を実現させたいと思っていると示すこと。
もう一つは、その志が社会に必要だと示すことです。そのためには、背景にあるあなただけの「ストーリー」をリアリティのある文章で表現する必要があります。

実際にその場面を想像し、想いに共感してもらえるような書き方をすることを意識しましょう。いつ、どこで、誰と、どんな言動で、どんな感情を抱いたか、などを具体的に描いてみてください。感情の揺れ動きを表現できれば、志 望理由がグッと伝わりやすくなります。
ex.)これまでの人生を振り返って感じてきたこと、分岐点となったこと、どこかへ行った時に実感したことなど

問題発見

志 を 実 現 するには、その過程で必ず課 題 や問 題 に直面することでしょう。

こ こ で は 、具 体 的 に み な さ ん が 持 っ て い る 問 題 意 識 を 明 確 に す る た め に 、「 何 が 、 な ぜ 問 題 な の か 」を 論 理 的 に 書 き 、読 み 手 が「 こ れ は 取 り 組 む べ き 必 要 / 価 値 が あ る 」と 思 っ て も ら え る よ う な文章を目指します。

問題自体を把握できていないと具体的な解決方法や、そのために必要な大学での学びがわかりません。またこの分析は、自身の思い込みだけで進むことのないように客観的にしていく必要があります。文献調査やフィールドワークなど、時間と労力をかけて調査して、問題と現状を分析しましょう。

この「分析」段階においては、不足してる情報を調べて、付け足し、また更に調べるというサイクルを続けることが大切です。
志望理由書を読む教授は研究者ですから、いくら調べても調べすぎということはありません。

【Step Up Points!!!】

問題を分析する前に「何が問題なのか」を文章にすることが非常に大切です。
例えば「地球温暖化」は、それだけで問題であるかの様に感じますが、地球温暖化によってもたらされる利点があることも事実です。
しかし、「地球温暖化によって海面上昇などが起き住む場所が失われてしまう人たちがいる」、「絶滅してしまう種がいる」などは地球温暖化の問題と言えます。このように「何が問題なのか」を定義付けることで問題を分析することで深いものになっていきます。

フィールドワークの一環としては、問題意識を持ったことについて、”その分野の専門家に話を聞く”というのが非常に効果的です。実際に足を運んだり、直接人に話を聞いた経験は、文章の説得力を高めます。

問題解決を提示

分析した問題をどうしたら解決できるかを提示しましょう。未来でどのようになっていたら良いかを考え、まとめてみましょう。

ブレストなどを利用して案を出していくのがオススメです。ここで注意しなければならないポイントはなるべく“大学で学ぶ領域”と結びつけて解決策を提示することです。どんなに良い解決策を提示しても、それが大学の学びと関連づいてなければ志望理由書としてまとめ上げることが難しくなります。

【Step Up Points!!!】

問題解決方法がある程度固まったら、それを今の自分にできる範囲で実際に行動に移してみるのも効果的です。身近なところからでも実践してみることで見えてくるものがあり、考察も深まります。また、行動に移すことで志への強い気持ちを示し、説得力に繋がります。

大学での学び

ここまで解決方法を大学で学ぶことと結びつけて明記しましょう。

マッチングを図ることが総合型選抜(旧AO入試)の意図の一つですから、どこの大学でもできる様な内容でまとめず、志望校の特徴やアドミッションポリシーを理解し、大学が求めている人物像に沿った主張をすることが大切です。大学に入って、学びたい教授や、やりたいプロジェクトなどを伝え、「その大学だからこそ実現できる!」ということを伝えられるといいでしょう。

具体的には以下の4つの要素を入れて組み立ててみてください。

①自分の解決法はどんな知識・技術があれば実行できるのか
②自分が履修したい授業は何か
③②の授業ではどんなことが学べるのか
④自分の入りたい研究会、教わりたい教授について

志望理由書を書き上げたら読み返そう

付箋へメモ書きする生徒

一通り内容を書き終えたら、必ず志望理由書を読み返しましょう。スムーズに読みやすい文章にすることは、志望理由書を書いていく上で大切なポイントです。

軸が通っているか確認

まずは、過去、現在、未来での主張のが揃っているか確認してみましょう。
例えば、過去の経験に関係のない現在の取り組みが書かれていて、さらに現在取り組んでいることと全く関係のないキャリアを将来は積みたいといった文章では、軸がブレブレになっていて、伝えたいことが伝わらない状態になってしまいます。あくまでも、過去の出来事が現在に活かされていて、その先に将来こういうことがしたいという軸はしっかりと揃えましょう。

自分で声に出して読んでみる

声に出して自分で書いた文章を読んでみると、読み難かったりリズムが悪く読めない箇所が出てくるはずです。そのため声に出して独り言のように文章を読んで確認する癖をつけていきましょう。

誰かに読んでもらう

最後に、誰かに読んでもらうことをお勧めします。
しかし、読んでもらう人が誰でも良いとは限りません。総合型選抜(旧AO入試)対策に合格した人や、自分が勉強したい分野において専門性を持っている人に読んでもらうとより効果的です。

特に希望する大学に所属している先輩方に読んでもらえると良いでしょう。なぜなら、先輩方はその大学の内部の情報をよく知り、この志望理由書に書かれている大学でやりたいことが進学後本当にできるのかどうかを把握しているからです。

しかし、注意点もあります。それは、その人の意見に流されすぎてしまわないことです。人それぞれに違った意見を持っており、もっとこんな文章やこんな取り組みをした方が良いのではないかという意見をいただくかもしれません。
しかし、すべての意見を鵜呑みにして、自分が本当に伝えたい内容が薄まっては元も子もありません。ですので、あくまで人の意見はあくまで参考程度に、自身の軸をしっかりと掴んで志望理由書対策に挑みましょう。

無料相談会で「あなたらしい」志望理由に気づける!

ルークス志塾には志望理由書をはじめとする、総合型選抜(旧AO入試)対策のノウハウが十分にあります。また、志望校に合格し、通っている学生の指導を受けたり、同じ学校を目指す受験生と刺激しあえる環境が整っています。是非一度無料相談会にお越しください。

ルークス志塾の無料体験では、志望理由書や小論文、面接、併願に対するあなたの疑問全てにお答えします。
無料体験に参加するメリットは、プロの講師と時間をかけて会話をする中で、これまであなたが気がつくことのできなかった無意識の問題意識を探り当てることができるところにあります。この問題意識が明確になるだけで、志望理由書を書き進める際や面接時に自信を持って臨めます。

この機会に是非、下記の無料体験フォームを送信して受験に使えるあなただけの武器を手に入れましょう!我々は、あなたと志望校の架け橋として、あなたを合格まで導きます。

その他の特集ページはこちら↓↓

久保 領雄音
この記事を書いたひと 久保 領雄音

Kubo leon

慶應SFC環境情報学部に2019年度春AO入試を経て入学。1年間のドイツ留学は人生の分岐点となった。競技歴15年のカヌースプリント競技では日本代表として戦う。自身のアスリートとしての人生が戦略的思考を養い、マーケティングを学ぶキッカケとなる。大学では企業やデジタルマーケティング、ブランディングなどを探求する研究会に所属。これからは、総合型選抜時代においてスポーツに励んできた学生が受験で平等に戦えるためにアスリート学生の強みを本気で引き出すコンテンツを作成したい。

掛け持ち掛け持ち
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等