小論文の過去問を実際に解いてみよう!【法学系例題編】

ここでは、法学部頻出テーマである「一票の格差」についての例題とその回答を掲載します。

解答は小論文の書き方に沿った構成になっています。きちんとした構成ができているのか、自分の解答と比較してみましょう。

問:一票の格差についてあなたの意見を述べよ

解答:
【主張】
私は一票の格差について、政府は政策によってこの事態を改善するべきだと考えます。
【理由】
なぜなら、一票の格差は日本国憲法第14条に明記されているような「法の下の平等」を侵害しているからです。
【具体例】
例えば2012年の衆院選が最高裁によって違憲状態であるという判決を下されることがありました。
【反駁】
確かに、一票の格差を是正するためには、抜本的な制度改革などが必要であるため、現実的でないという意見もあります。しかしこれに対しては現在、地域の人口ごとに当選する議員の数を第三者委員会が割りあてる制度が議論されるなど、問題解決に向けて動き出しています。
【主張】
以上のことから、私は一票の格差について、政府は政策によってこの事態を改善するべきであると考えます。
このように主張と主張で文章を挟むサンドイッチ構造を組立てることで、自分の主張が出題者により伝わりやすい文章を組立てることができます。

重要ポイント:小論文は基本的にまず「結論ありき」

小論文と書く手順としては、自分が最終的に何を伝えたいのか、何を主張したいのかを論文の冒頭で示し、それに対する理由付けを行っていくことが重要です。
文章力は一朝一夕では身につきません。
地道にコツコツと訓練を積むことで、高得点を狙える文章力を養えるようになります。

最後に

ルークス志塾ではいつでも相談できる無料相談会を実施中です!
小論文対策の悩みを相談してみませんか?

その他の特集ページはこちら↓↓

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等