授業料1ヶ月無料のキャンペーン実施中!

2021年度入試【合格体験記】/立正大学 法学部/消防士として法律を深く理解し、人々が安心して過ごせる世の中を実現したい/AO入試合格(出津)

自己紹介

氏名:出津裕斗
出身高校:藤代高等学校
合格大学:立正大学 法学部

ーどういう高校生活を送ってた?

小学生から野球を続けていて、「甲子園に出場する!」という目標があって、藤代高校に入学しました。勉強も力を入れてやってたんですけど、野球一筋の生活を送っていました。

ー藤代は野球強いから練習大変だったんじゃない?

月〜金まで7時40分から朝練、放課後も16時〜20時30分まで練習があって、甲子園を本気で目指していたので監督も厳しかったです。体力、技術面も鍛えられたんですけど、特に精神面がすごく鍛えられました。土日も朝早くから練習がありました。

ーそんな中、受験意識し始めたのっていつ?

意識し始めたのは、高3の4月でした。でも、野球をずっとやってきたので、勉強は他の人より劣るところがありました。

「大学にどうやって入ろう」と考えたときに、野球で得たものとか、自分でやってきたことをアピールしていきたいな、って考えて。あと、学校生活でも学級代表とか部活以外でも中心となってやってことが多かったので、一般入試ではできない、自分の強みをアピールしたいなって思って、AO入試を受けることにしました。

例えば、野球部の活動の中での監督の言葉とか、今後の人生で役立つような経験とかがたくさんあったので、そこを表現できたのはすごく良かったと思ってます。

志望校を選んだ理由

ー志望校を選んだ理由は?

立正大学は公共政策コースっていうのがあって、公務員として必要なことが学ぶことができると思ったので選びました。あと、自分は消防士を目指しているので、公共政策コースでは消防官プログラムで消防士としての資質を身に付けられると思い、選びました。

ー確か、説明会来た時点で法学部に行きたいって言ってたよね。その時点で消防士になるには法学部だ!って考えてた?

いや、その時点では公務員は法学部が強い、って聞いていたので法学部を目指してた、って感じです。

入塾後、法律と消防士の関係を調べるために、消防署に行ってお話を聞いたとき、「消防士には法律の知識が多く問われるから、身に付けていた方がいい」と言われたので、法律の知識を身に付けたい、とそこでハッキリしました。

ー最初の説明会で「なんで消防士になるために法学部にいくの?」って聞いたけど、その時どう思った?

聞かれたときに、簡単に学部を選んだ自分が甘いなって思いました(笑)大学受験厳しいなって。入学したいって気持ちはあったんですけど、「公務員になりたいから、法学部です。」っていう曖昧な理由だったんで、なぜ法学部?と聞かれたときに、明確な答えを持たないといけないな、と。AO入試が終わった今は、あのままじゃダメだったなってよくわかりますね(笑)

Loohcs志塾を選んだ理由

ーなぜLoohcs志塾を選んでくれたの?

AO入試一本でいこうって考えていて、他の塾も見たんですけど、一般に力を入れているなって思ってて。自分はAO入試専門で見てくれるところがよかったので。そこで、Loohcs志塾ともう1つAO入試専門の塾を見つけたんですけど、もう1つの方は大人数で一斉授業を行う形式で、それもいいかなって思ってはいました。でも、そうすると生徒一人ひとりに当てる時間が少ないのかなって思って。

Loohcs志塾のようなマンツーマンの授業の方が、講師の方との1対1の授業の方が濃密になってより良い対策ができると思ったので、そこが一番の決め手でした。

Loohcs志塾の授業や対策

ー塾でやってた対策について教えて。

1人1人の受験校の試験に合わせてくれるので、自分の場合は提出資料の作成をマンツーマンでやりました。自分で書いてきて、それを何度も添削してもらいながら、より良いものを作っていくって感じでした。

あとは、面接対策ですね。実際の試験を想定した内容を、どうやったら試験官にうまく伝えられるか、という部分を対策していった感じでした。学校でもやるんですけど、より細かく指摘してもらいました。

ーそういえば、入ったときに「活動や調べることをしっかりやってね」って言われたと思うんだけど、どう思った?

正直、ここまでやるんだってビックリしました(笑)。一番びっくりしたのは、「消防署に行って話を聞いておいで」って言われた時ですね。ええーって思って(笑)。

AO入試は行動が大事だっていうことはわかっていたので、知識や実績を身につけるのはわかってたんですけど、消防署に行くっていうのは考えてなかったですね。ここまでするのか!って。

でも、消防署に行って話を聞くことで、法律の知識もこういう部分で活かされているんだ、ということがわかって、すごくよかったです。消防士の方にも「君みたいに、消防士になりたいって行って来てくれる高校生は初めてだ!」って言われました。

AO入試を終えて得たこと、成長したこと

ーAO入試、やってみてどうだった?

Loohcs志塾に入って、最初に自己分析をやったんですけど、これを通して自分のことをより深く知れたことですね。おそらくここの塾に入ってなければやっていなかったと思います。その上で、志望理由書の作成などをやったので、自分自身を言葉で表現する力がついたと思います。

ー今までそういうことはやってなかったの?

学校とかでは考えることはなかったですね。

ーどういう面で活かされた?

書類を作る上でも、自分の過去を振り返って、こういうこと頑張った、ああいうこと頑張ったとか書けたので。特に、こういうことをして何を得たのか、というところを活動報告書などに入れていくことがすごくためになったというか。

やったことは明確に言えるんですけど、何を学んだとかはすぐに出てこなくて。塾に来る前は、ただこういうことやってきました、とか書けばいいと思ってたんで。それを考える時間がすごく良かったです。

Loohcs志塾に向いている人

ーLoohcs志塾に向いてる人はどういう人だと思う?

AO入試で受験をしたいって思っている人で、明確な将来の目標があった場合は、より細かく大学について知れるからいいし、入学したい思いが強くなると思います。

あとは、大学がまだ決まってないけど、AO入試でチャレンジしたいって人でも、この塾には自己分析があるので、講師の方とマンツーマンで会話をしていく中で行きたい道や大学について発見できるので、そういう人でもいいと思います。

これからの目標

大学で消防士になるための法律や資質を身に付けて、将来は多くの人を命を救い、法律の知識で火災を防ぐことができる消防士になりたいです。そして、火災の予防に努めたいと思います。

そして、チームワークを大切にして、地域の人に優しく寄り添える消防士になりたいです。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学