【合格体験記/卒業生のその後】慶応大学SFC総合政策学部/お菓子を通じて、食文化に精通する人になりたい。/AO入試合格(長内)

自己紹介

氏名:長内 あや愛(おさない あやめ)
出身高校:十文字高等学校
合格大学:慶應義塾大学総合政策学部
入塾した時期:高校3年のゴールデンウィーク頃

志望校を選んだ理由

「食」の分野を学問・学術の世界の中で横断的に学びたいと思っていて、叶うのはSFCが一番理想の環境だったので、第一志望校と決めました。

私は14才のから食文化研究をしてきていて、当時から将来も食文化に携わる仕事をすることが目標でした。SFCを調べて行くうちに、この大学・学部、そしてこのAO入試という方式であれば、今まで自分の取り組んできた「食・お菓子」についての研究と熱量を評価をしてもらえるかもしれない、認めてもらえるかもしれない、ここしかない!と入学したい気持ちが強くなりました。

Loohcs志塾(旧:AO義塾)を選んだ理由

現役の大学生や卒業生など年の近い方が講師をしているAO入試専門塾だったからです。
私は長女(第一子)で身近に大学受験をしている人もいなく、「学校」という場も苦手だったので、身近に頼れる先輩や先生が居なく受験について何もわかりませんでした。

塾をたくさん調べた中で、AO義塾(現:Loohcs志塾)が一番、AO入試を経験した年の近い大学生が指導していると知り、身近に話を聞けると思ったことと、AO入試に特化した塾であり、自分の必要な授業だけを選んで受講することができる、等身大に教えてくださると思い、入塾を決めました。     

AO入試を終えて得たこと、成長したこと

AO入試を終えて得たことは、どんなことでも戦う武器になり得る、という考えを学んだことです。

大学を卒業し社会に進んだ今だから思うことは、AO入試、そしてSFCでの学びは「学んだことをそれで終わりにするのではなく、その先の社会に還元し、どのように自分たちが生きる社会が豊かになるのかより良くなるのか」ということを考えて行動することに重きが置かれていたように思います。

AO義塾 (現:Loohcs志塾) でのAO入試対策では、自分がやっているテーマをどのように社会に還元するのかということを、周りの受験生とともに切磋琢磨しながら常に考える時間をくださいました。

私の関心分野である「食」は人類皆関係があることであり、学問とはかけ離れていると思われがちでした。私もそう思っていました。しかし、食分野であっても、どのように社会と繋がるのか?なぜ課外活動ではだめなのか、大学で勉強したいのか?を1つずつ、払拭し、「学問の中で扱うに値すること」に昇華させて、受験や卒業後の社会でも、戦う武器となりえる気づきをくださいました。

Loohcs志塾(旧:AO義塾)に向いている人

私は、どんな人もAO入試という受験方法で受験すると思って一度自分を見つめてみるべきだと思っています。だから、どのような人がAO義塾に向いているかというとみんなです(笑)

AO入試の対策は点数が出ません。社会に出ると点数がつかない中で結果を出さないといけないことの方が多いと思います。点数化して評価されない、評価されにくい中でどのように戦うか、これもAO入試の受験、 SFCの受験から多くを学びました。

点数がない世界で結果をだすためには、自分のもっているものを武器するために自分をみつめ、相手を見つめ、目標やそのためにやれること、出来ること、やらなければいけないことを明確化し、努力しなければいけません。AO義塾(現:Loohcs志塾)はその頑張りを応援してくれるところです。

これからの目標

私は今、大学院で食文化研究を続けながら、日本橋で飲食店を経営しています。「食」に携わった仕事がしたい、という目標があったから慶應義塾大学SFCへの入学を志望し、入学することができ、入学後もひたすらぶれることなく目標のために勉強と行動しました。

大学2年には食に関わる学生団体を立ち上げ、大学4年には起業し、卒業後大学院に進学、夏には日本橋 で「食の會 日本橋」 という飲食店を開店しました。

大学院では「福澤諭吉が食べたであろう料理の復刻再現を作る」ということに取り組み、食文化研究家として、近々お店でそのお料理をお客様にご提供する予定です。

「勉強したことを学術の世界で終わらせるだけでなく、社会に還元する」というSFCの精神と、入試の際に志望理由書で書いたその目標を、私は「食」の世界で体現し、実現すべくこれからも頑張っていきます。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学