【合格体験記】横浜キャンパス/慶應大学SFC総合政策学部/海を守るのは、私しかいないと思います!(9期 市川)

教室一覧

自己紹介

出身高校:法政大学国際高校
合格大学:SFC 総合政策学部
AO義塾に入塾した時期:高3の6月中旬。

高1の頃は「絶対法政大学に行く!」と決めていて、定期テストはめちゃめちゃ頑張ってました。高2くらいから、海洋大学に行きたいと思っていました。海が好きなんです。ダイビングとかもしてて。海の中って、自分が見れる世界が広がる感じがあってよくないですか(笑)?

海洋大学に行くため、高2の秋ごろから一般受験の塾に入り本格的に受験勉強を始めました。ただその時フィンスイミングもやっていて、アンダー17にも選んで頂いて、海外に行ったりしていたので、そこまで勉強を頑張ってるって感じではなかったです。フィンスイミング優先の生活でした(笑)。フィンスイミングを始めたきっかけは、イルカが可愛くてイルカになりたいたーって思って(笑)。だから海の生物も好きなんです。水族館とかにもよく行っていて、最初は水族館で働いたりイルカの調教師になりたいなって思ってました。

志望校を選んだ理由

SFCを目指した理由は、ただ海の環境問題の知識だけではなく、政策面とか色んな面から問題を考えること必要で、それができるのはSFCしかない、と思ったので志望しました。ただ、そこに気づくまでAO義塾でたくさん考えさせられました。

SFCは学校の先輩から話を聞いていて受けようと思っていたので、AO義塾の説明会に来た時に自分で志望理由書を書いて持ってきていきました。最初は「海洋プラスティックごみ問題を解決したい」というテーマで、海の環境問題を「水分解性プラスチックビニール袋」という微生物で分解されるものを作って解決する、ということを書いていました。海洋大学にも出したかったのでSFCと両方の大学に当てはまるようなテーマにしてたんです。

入塾後、調べ学習や講演会とか、自分で市販の水分解性性プラスティックビニール袋を買って実験もしたりしました。でも、講師の方と話す中で「本当に科学(開発)をやりたいの?」と言われて「そういえば全然やりたくないな」と思って(笑)。科学が好きなわけでもないし。しかも、わたし最終的に水分解性プラスティックビニール袋に反対してるんですよ(笑)。すでに開発されている市販のものを自分で買ってみて試してみたんですけど、全然効果がなくて、これじゃ無理だって思ったんですね。

そういう経験もあって、私にできることってなんだろうって考え直しました。海の生物のそばにいるのは好きだけど環境問題やその政策についても考えることが好きだなって気づいて、自分がやりたいのってもしかしてそっちかも、と思ったんです。

海洋問題について調べていくうちに、解決するためには政府の政策や協力もも必要だし、ごみを海に捨てさせない施策、例えばごみ箱に捨てたくなるようなデザインを施すとか、メディアを使って周知してもらうのもそうだし。一つのことを知っているだけではなく、全部のことをやっていかないと解決できないということがわかってきたんです。なので、最終的には志望理由書の解決策はこれだ!というものは書いてないんですけど、総合的に学べるのはSFCしかない!という感じで志望理由書もまとめました。

また、SFCを目指した理由はもう1つあります。講師の方とはじめて会った時に、境遇が似てるなって思ったんです。ライフセービィングもしてるって言うし、行ってる高校も同じだったし。その講師の方がSFCに通っているということもあって、話しているうちに「わたしもこの人の後輩になりたい」って思ったんですね。

AO義塾を選んだ理由

他の塾では、一般対策のカリキュラムなどが付いてくることがあったので…。AO義塾だとAO入試にだけ集中できるカリキュラムなので、わたしはそこがよかったです。また、教えてくれる講師の方が現役のSFC生だったので、AO入試について納得できる話を最初の1時間の面談で話してくれて、説得力がすごいあるなって思いました。それで、AO義塾だなって思いました。

それと、頭がよくなかったので、一般は出来れば避けたくて。あとは、フィンスイミングを早くやりたかったので、一般は避けたかったってのもありました(笑)。

AO入試を終えて得たこと、成長したこと

自分で調べたり書きだしたりしてまとめる力が付いたと思います。最初のテーマである、海洋問題の解決方法に水分解性プラスティックの開発としてたんですけど、最終的に解決策はでなかったっていう結果になったんですけど、そこに至るまでに、たくさん調べたり、考えをまとめたりしました。

また、政府とか興味なかったんですけど、毎日ニュース見たりとか施策を調べたりとか、自分の周りだけではなく世界に目を向けられるようになったことかなって思います。講師の人たちがみんなニュース見てて「この前G7でさー」とか言われて、わからない自分が悔しくて、そこからニュースをめっちゃ見るようになりましたね(笑)。

学校の勉強は嫌いだったんですけど、AOの勉強はすごく楽しくて、一般の塾の自習室でも「AOのことやりたい!」ってずっと考えてました(笑)。もちろん調べるのが大変で辛いってこともありましたけど、気づいたらAO入試が楽しくなってました。それを楽しめるようになったことも成長だと思います。

あと、フィンスイミングとか海洋生物が好きとか、自分の強みを知れたし、それを活かすこともできるようになったということも成長したことだと思います。

どのような人にAO義塾がむいていると思いますか?

何かしら強みがある人はAO入試で勝てると思います。志望理由書に直結するものですね。私なら、フィンスイミングの経験が海洋生物を守りたいってことに繋がってますし。あとは、自分の強みっていうのを講師の人たちが引き出してくれるので、正直誰でも努力すればできると思いますね。「君のすごいとこってこういうとこじゃん!」って言ってくれるし。

あとは講師を上手く使えるかどうかですね、いい意味でですよ(笑)?家に帰った後でも、ピンっと来たことは連絡してみて、どうですか!?って聞いてみたり。全部聞いて答えてくれるので。なんだかんだ、講師とたくさん話していろんな意見を聞くことが大切だなって思いますね。横浜校舎の講師の方々は距離が近いですね。色んな意見とか考えとかも聞けるし、聞いてくれるし。大好きです、講師の人もAO義塾も(笑)。

これからの目標

実は、今のところ将来の夢がないんです。だって、SFCで学ばないとわたしは今のところ何にも出来ないって思うし。ボランティアとかは継続できるけど、デザインとか人の心理を知って、ごみを捨てさせないためにはどうするべきかとか、政策面とか、そういうのはSFCでしか学べないって思っているし。大学に行けば幅も広がるし。すでに入りたい研究室も決まっています。今のところは、そういうことしかできないけど、大学院まで行って、最終的には学びと自分の好きなことを通して海の環境問題を解決していきたい。わたしが海の近くにいて海に関わることで利益が生まれて、それで海洋生物を守れたらいいなって思います。

教室一覧
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。

任意所属高校

任意志望大学