AO入試での評定平均値の重要性

AO入試合格者に共通する「評定平均値」の関係について”正直に” お伝えします。

「AO入試において評定平均(内申点)ってどこまで影響するんですか?」
という質問に慶應AONo.1のAO義塾が正直にお答えします。

「AO入試において評定平均ってどこまで重要?」「評定平均がないと受からない?」「どれくらいの数値が必要?」など、評定平均で困っていませんか?
この記事では実際にAO義塾の池袋キャンプ長が、よくあるAO推薦入試に関しての質問や悩みにお答えし、評定平均と入試の全貌をわかりやすくまとめました!

こちらでは主に、AO入試の合格と評定平均の関係についてまとめています。推薦入試の合格と評定平均の関係については以下をご覧ください。
推薦入試合格者に共通する「評定平均値」の関係について”正直に”お伝えします。

あまり受験生の前で口にできなかったAO入試における評定平均(内申点)と合格率の関係について

AO入試を受験するにあたって、「向いている受験生」と「そうではない受験生」とがいることは事実です。確かにAO入試と一般入試とを併願することで受験チャンスが増えることから、受験した方が確率が上がることは事実です。ただ、大学学部によっては評定平均を出願資格としていることは当然のこと、「見えない足切り」とも言える基準を設けている大学学部も存在していることから、受ける大学によっては併願した方が良い場合と、絞った方が良い場合とが存在します。しかし多くの塾では塾生数を増やしたいことから、そうした見えない事実は話されない場合が多い様です。
このページではAO入試において評定平均とAO入試の関係について、2000人以上のAO指導歴のあるベテラン講師がわかりやすくまとめました。ぜひ、自分に向いている入試について考える基準の一つにしてみてください。

①評定平均はAO入試の合格率において「極めて重要」です

敢えて厳しく言いますが、評定平均値はAO入試において重要な要素の1つになります。まず第一に、出願資格に評定平均の基準を設けているAO入試が多いです。例えば上智大学の公募推薦入試ではほとんどの学部で4.0以上、立教大学は3.5~3.8以上が出願基準として設けられているなど、そもそも一定以上の評定平均値を取得していないと志望校に出願できない場合があります。
また他にも、同じAO入試内で方式が複数存在する場合は、一般的に評定平均値が高い受験生の方が倍率の低い方式を選択可能になります。例えば慶應義塾大学の法学部FIT入試(AO入試)はA/B方式を用意しており、A方式は評定平均に関係なく出願が可能ですが、B方式は「全体の評定平均4.0以上かつ国数英社で4.0以上」という基準が設けられています。B方式の方が圧倒的に倍率が低く、またA/B方式は併願が可能であるため、4.0以上を取得している受験生はA方式のみの受験生と比べて合格率に大きな差が生まれます。他にも慶應SFCのAO入試では、A/B/C方式が用意されており、Aは評定平均が関係ない方式、Bが評定平均4.5以上の方式、CがSFCが指定する資格取得者のみの方式となっており、こちらもAとBには大きな倍率の差が存在します。つまり出願基準に評定平均が設けられていない場合でも、多くの大学学部では「評定の優れた受験生」を優遇していると言えます。

②学校の偏差値も評定平均に関係ある

こちらは全てのAO入試で一概には言い切れませんが、高校の偏差値を踏まえた上で評定平均を評価している入試も一定数存在します。批判を恐れず言えば、一般的には偏差値の高い高校の方が高い評定平均を取得するのが難しいといえるため、こうした差異が生まれるのも致し方ないと言えます。ただ高校の偏差値をほとんど考慮しない入試も多く存在することから、出願前から諦めるのはもったいないとも感じます。
しかしこうした基準は大学側から発表されておらず、また募集要項から見極めることも難しいことから、過去の合格者の傾向を分析するしかないのが現状です。だからこそ、AO入試の専門家や進路指導の先生に、志望校の傾向を相談するのが吉と言えます。

あなたの志望校に受かるにはどれくらいの評定平均が必要?無料でお答えします!
AO義塾は10周年!これまでのデータから志望校別に傾向を分析しています。

③いつの評定平均が対象?

こちらもよくある質問ですが、評定平均値は高校3年間で出願までの全ての期間のものが適用されるケースが大半です。3学期制の学校であればおおよそ3年生の1~2学期、2学期制の学校であれば3年生の1学期分までが対象です。つまり、今の評定平均値が低くとも3年生の時に挽回することも可能ですので、AO入試を受験することを考えだしたら、まずは評定平均を上げることに取り組んでみては如何でしょうか。


評定が低いと受からないのか?

AO入試は総合的な人物評価だから
巻き返すチャンスは無限大
AO義塾では過去に評定2.7でも慶應大学に合格しています。

上記の記事を読むと評定平均の低い受験生はAO入試に不向きかと思われがちですが、必ずしもそうではありません。AO入試は従来までの一般入試では採れなかった人材を採るために始まった入試制度であることから、勉学だけが評価の全てではありません。逆に評定平均で合否が決まるのであれば、一般入試と採れる人間はさほど変わらないですよね?AO義塾ではこれまで評定平均が2点代でも慶應義塾大学に合格させた事例が何件もあります。その経験を元に、評定平均値が低い受験生でもAO入試で合格できる手法をまとめました。

①評定平均や高校の偏差値が関係ないAO入試も存在する

まず前提として、評定平均や高校の偏差値をあまり考慮しない入試を選択するのが吉です。例えば中央大学は、大学が重視する能力として「行動する知性」を掲げています。だからこそ学校の勉強に真面目に取り組んできた受験生以上に、外でアクティブに活動をしそこから学びを獲得してきた受験生を評価する傾向にあります。この様に「行動」「実学」を重視する大学では、活動などを重視します。同様に入試名が「グローバル入試」や「外国語資格利用入試」となっている場合は、特に国際性を評価の対象としています。
評定平均の低い受験生は各入試の募集要項を読み込み、大学が求める人物像を理解し、そこから受験戦略を考えるのがポイントです。

②評定平均の低さは、「スキル」や「活動実績」で補完できる

AO入試は受験生の総合的な評価をする入試です。ですので評定平均が低くても、他の要素で補うことで十分に合格は可能と言えます。そして評定平均以外の評価軸で主流なのが「スキル」「活動実績」です。
スキルとは、個人が持っている力のことです。外国語やIT系のスキル、スポーツスキルなどが対象です。特に外国語のスキルは苦手な勉学を補う要素にも繋がるので、出願前に資格を取得しておくことをオススメします。そしてスキルは、どこの大学を出願する際にも一定以上の評価対象となりますので、対策をしておくと良いでしょう。難関大を志望するなら英検2級は必須、英検準1級を持っているとより有利になります。スポーツに関しても定量的に実力のわかる結果などがあることが望ましいと言えます。またスポーツに関しては、大学によって部活が後押ししてくれる場合もあるので、志望大学の部活動に連絡をしてみるのも良いかと思います。
活動実績とは、自身がこれまでに取り組んできた活動のことを指します。こちらも先述の通り、特に「行動力」を評価する入試形態で高い評価の対象となります。また正直なところ、自主的に様々な活動に取り組んでいる受験生はそこまで多くないことから、他の受験生と比較して「あなただけの魅力」にもなります。特に評定平均に自身のない受験生は、まずは自分の興味分野で高校生も募集している課外の活動に参加し、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

AO義塾では慶應AO8年連続No.1!
独自のノウハウでスキルや活動実績のサポートも実施しています
あなたに必要な対策を全て無料で教えます。まずは一度無料相談会へ

③評定平均が低いことは、捉え方次第では協力な武器になる

評定平均が低い理由によっては、それがあなただけの魅力に繋がるケースも多々あります。何か辛いことがあって不登校になってしまったことが評定平均を下げてしまっているのであれば、その辛い経験がきっかけとなり、オリジナリティの高い強力な志望理由へと化けます。学校の勉学に好奇心が抱けなかったのであれば、そこから日本の教育制度について述べても良いでしょう。いずれにしてもAO入試は人物評価であるからこそ、あなたが今の現状をどう捉え、そこからどう思考/行動するのかがカギとなります。


合格するにはどれくらいの評定平均が必要?

大学によって求められる評定はまちまちですが、難関大を目指す際には4.0以上は欲しいと言えます。AO義塾の場合、評定平均4.5以上かつ英検準1級以上を取得していると慶應義塾大学の合格率が8割を超えるなど、高いに越したことは無いと言えます。中堅大学では3.5以上が望ましいと言えるでしょう。
ただ上述の通り、学校の評定を考慮しない入試だったり、評定が低いことを武器にしたりなど、受験戦略は多様です。AO義塾では一人一人の受験生に合わせたカリキュラムをご用意しています。まずは一度、あなたの合格への道筋を無料で相談してみませんか?

【最後に】
上述の様に熱心にスキルや活動に取り組んだとしても評定平均をあげることを怠ることは厳禁です。高いに越したことはないので、活動やスキルを育むと同時に学校の勉学にも一生懸命励んでください。それがAO入試の受験勉強となります。

※これらの分析はAO義塾独自の分析となります。大学側から公式的に発表しているものではないのでご留意ください。

山下部 幸秀
この記事を書いたひと 山下部 幸秀

Yukihide Yamakabe

AO義塾池袋キャンプ長。慶應義塾大学環境情報学部を休学して校舎を運営する傍ら、インスタグラマーを目指している。東大や早慶上、GMARCHやSFC一般入試など、幅広く教鞭を執った経験を活かし2019年に池袋キャンプを開校、志望校合格率86.9%を達成。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学