法政大学に
合格したい受験生へ。
学力”だけ”に拠らず出願できる入試を【AO推薦入試】と呼称しています。このページでは、法政大学を志望する受験生が知っておくべき、AO推薦入試に関する情報を提供します。

はじめに:GMARCHもAO入試ってあるの?

AOや推薦入試というと、「私には関係ない。スポーツのできる人が受ける入試でしょ。」と思う方も多いかもしれません。しかし、知らなかっただけですでに出願資格をクリアしていて、倍率が低く更に一般入試前に合格を獲得できるAO入試に合格できる可能性が高い人が多くいるのです!

入試は情報戦です。「知らなかった」というだけであなた自身の将来さえ左右してしまうかもしれません。GMARCHのAO入試について詳しく見てみましょう。

法政大学のAO入試の特徴

法政大学はGMARCHの六校の一つとして、毎年志願者数で全国トップレベルを誇る人気大学です。法政大学は「自由と進歩」、「進取の気象」、そして「持続可能な地球社会の構築」をミッションに掲げています。その達成のため、総合的な知と、思想・価値観の転換に裏打ちされた人間社会の変革を目指す教育の一翼を担える人材を求めています。各学部に多種多様なAO推薦入試が用意されており、自分に合った入試方式を選定し、対策を行えば合格の可能性を非常に高めることができると言えます。

AO推薦入試【実施状況】各学部のここ数年の動き

法政大学では、自己推薦特別入試、公募制特別入試、帰国生特別入試など、多彩な入試制度を設けています。

AO推薦入試を実施している学部・定員

このページの目次:
▼文学部▼経済学部▼人間環境学部▼キャリアデザイン学部▼経営学部▼国際文化学部▼GIS(グローバル教養学部グローバル教養学科)スポーツ健康学部情報科学部理工学部

*定員が明記されていない各学科・入試方式については若干名の募集となっています。
また、このページはAO義塾独自の記事です。正確な情報は大学公式ホームページでご確認ください。

①文学部

文学部には地理学科、哲学科、英文学科、日本文学科の4つの学科で推薦入試が設けられており、それぞれ出願資格が異なります。様々な高校生活を送った学生に考慮し、留学経験者に有利な枠も多く、合格の機会を広げるためにも受ける価値が充分あると考えられます!

地理学科
(10名)
・全体の評定平均値が4.0以上、かつ「地理A」「地理B」「地学」「地学基礎」のいずれかの評定平均値が4.5以上
(ただし、在学中留学した場合の留学中の成績は算入しない)
・書類審査・「地理B」の学力考査・面接で合否が決まります。
・地理Bの理解度が合格可能性を上げる点において非常に大きなウエイトを占めており、地理が得意で学力に自信があれば、合格の可能性は十分にあります。
哲学科
(若干名)
IB(国際バカロレア)自己推薦
・DP(ディプロマプログラム)でフルディプロマ取得済みの者、すなわちIB資格取得者、もしくは出願時の見込み点が26ポイント以上の者(ただし入学時までにフルディプロマ取得のこと)
・書類審査(小論文含む)、及び面接により合否が決まります。IB取得者には大変優しい入試となっています。
グローバル体験公募推薦
・高校時代に連続180日以上の留学経験がある者
・書類審査(小論文含む)、及び面接により合否が決まります。半年以上の長期留学者は大変有利な入試となっています。
英文学科
(若干名)
IB(国際バカロレア)自己推薦
・DP(ディプロマプログラム)でフルディプロマ取得済みの者、すなわちIB資格取得者、もしくは出願時の見込み点が26ポイント以上の者(ただし入学時までにフルディプロマ取得のこと)
・書類審査、及び面接(英語での口頭試問含む)により合否が決まります。IB取得者には大変優しい入試となっています。
グローバル体験公募推薦
・高校時代に連続180日以上の留学経験がある者
・書類審査(小論文含む)、及び面接により合否が決まります。半年以上の長期留学者は大変有利な入試となっています。
日本文学科
(若干名)
自己推薦(15名)
・全体の評定平均値が3.8以上
・書類審査、「国語」の筆記試験及び面接により合否が決まります。国語の学力に自信があり、学科で学ぶ強い意欲があれば合格は容易と言えます。
グローバル体験公募推薦
・高校時代に連続180日以上の留学経験がある者
・書類審査、小論文試験及び面接により合否が決まります。半年以上の長期留学者は大変有利な入試となっています。

②経済学部

国際経済学科
IB(国際バカロレア)自己推薦
・DP(ディプロマプログラム)でフルディプロマ取得済みの者、すなわちIB資格取得者、もしくは出願時の見込み点が26ポイント以上の者(ただし入学時までにフルディプロマ取得のこと)
・書類審査、及び面接により合否が決まります。IB取得者には大変優しい入試となっています。
英語外部試験利用自己推薦(6名)
(1) TOEFL®iBT 54点以上(うち Speaking10以上かつ Writing10以上)
(2) IELTS(Academic Module)band 5.0以上(うち Speaking4.0以上かつ Writing4.0以上)
(3) TOEIC®、TOEIC®S&W あわせて790点以上、(うち TOEIC®S&W は Speaking100点以上かつ Writing100点以上)
ただし、TOEFL®ITP(団体受験)及びTOEIC®IP(団体受験)は不可
(4) 実用英語技能検定準1級以上(公益財団法人日本英語検定協会主催)
・書類審査、小論文試験及び面接により合否が決まります。比較的スコアの要求も厳しくなく、英語外部試験でのスコアに自信があれば合格に限りなく近づけます!
経済学科
英語外部試験利用自己推薦(2名)
(1) TOEFL®iBT 54点以上(うち Speaking10以上かつ Writing10以上)
(2) IELTS(Academic Module)band 5.0以上(うち Speaking4.0以上かつ Writing4.0以上)
(3) TOEIC®、TOEIC®S&W あわせて790点以上、(うち TOEIC®S&W は Speaking100点以上かつ Writing100点以上)
ただし、TOEFL®ITP(団体受験)及びTOEIC®IP(団体受験)は不可
(4) 実用英語技能検定準1級以上(公益財団法人日本英語検定協会主催)
・書類審査、小論文試験及び面接により合否が決まります。比較的スコアの要求も厳しくなく、英語外部試験でのスコアに自信があれば合格に限りなく近づけます!
現代ビジネス学科
英語外部試験利用自己推薦(2名)
(1) TOEFL®iBT 54点以上(うち Speaking10以上かつ Writing10以上)
(2) IELTS(Academic Module)band 5.0以上(うち Speaking4.0以上かつ Writing4.0以上)
(3) TOEIC®、TOEIC®S&W あわせて790点以上、(うち TOEIC®S&W は Speaking100点以上かつ Writing100点以上)
ただし、TOEFL®ITP(団体受験)及びTOEIC®IP(団体受験)は不可
(4) 実用英語技能検定準1級以上(公益財団法人日本英語検定協会主催)
・書類審査、小論文試験及び面接により合否が決まります。比較的スコアの要求も厳しくなく、英語外部試験でのスコアに自信があれば合格に限りなく近づけます!

③人間環境学部

人間環境学科
IB(国際バカロレア)自己推薦
・DP(ディプロマプログラム)でフルディプロマ取得済みの者、すなわちIB資格取得者、もしくは出願時の見込み点が26ポイント以上の者(ただし入学時までにフルディプロマ取得のこと)
・書類審査、及び面接により合否が決まります。IB取得者には大変優しい入試となっています。
自己推薦(20名)
・全体の評定平均値3.5以上
・書類審査、「英語」と「小論文」の筆記試験及び面接により合否が決まります。面接では自己PRと適性が審査されるため、同学に入学する必要性を自分の性格や経験とともに強く訴える力をつければ合格の可能性を上げることができます!

④キャリアデザイン学部

キャリアデザイン
学科
IB(国際バカロレア)自己推薦
・DP(ディプロマプログラム)でフルディプロマ取得済みの者、すなわちIB資格取得者、もしくは出願時の見込み点が26ポイント以上の者(ただし入学時までにフルディプロマ取得のこと)
・書類審査、及び面接により合否が決まります。IB取得者には大変優しい入試となっています。
キャリア体験特別入試(15名)
・文化・芸術活動(個人、クラブ、地域での実績)、英検・TOEFL®・TOEIC®、簿記等の諸資格、スポーツ活動(競技者やマネージャーとしての実績等)、地域での NPO やボランティア活動の実績等、客観的に証明できるものを有すること。複数の場合は、主な活動実績(3点程度)とする。
・書類審査、小論文試験及び面接によって合否が決まります。高校時代に成し遂げたことを、客観的なデータとともに示す力をつけることができれば、合格は容易と言えます!
グローバル体験公募推薦(15名)
・高校時代に連続180日以上の留学経験がある者
・書類審査(小論文含む)、及び面接により合否が決まります。半年以上の長期留学者は大変有利な入試となっています。
商業学科等対象公募推薦(2名)
・全体の評定平均値が4.0以上、かつ英語・国語・数学のいずれかの評定平均値が4.2以上であること
・公益財団法人全国商業高等学校協会主催の各種検定試験(珠算・電卓、簿記、ビジネス文書(ワープロ)、情報処理、商業経済)で1級合格科目が、2科目以上であること
・公益財団法人全国商業高等学校主催の英語検定試験で1級に合格していること,または,公益財団法人日本英語検定協会主催の英語検定試験で準2級以上に合格していること
・書類審査及び面接により合否が決まります。商業学科で学び、一定の資格を取得していれば合格に非常に近づけると言えます!

⑤経営学部

経営戦略学科
グローバル体験公募推薦
・高校時代に連続180日以上の留学経験がある者
・TOEFL iBT® 61 点(PBT® 500 点)以上、IELTS(Academic Module)6.0 以上、TOEIC® 600 点以上、実用英語技能検定準 1 級以上のいずれかのスコアを提出できる者。ただし、TOEFL®については、TOEFL®ITP(団体受験)は不可、TOEIC®については、TOEIC®IP(団体受験)は不可、IELTSについては、Academic Module に限る。
・全体の評定平均値が4.2以上(留学中の評価は算入しない)
・書類審査、小論文試験及び面接によって合否が決まります。半年以上の留学経験があり、英語外部試験で標準的なスコアを持っていれば、合格の可能性は非常に上がると言えます!

⑥国際文化学部

国際文化学科
SA(スタディーアブロード)自己推薦(20名)
・ドイツ語・フランス語・ロシア語・中国語・スペイン語・朝鮮語のうち、いずれかの言語圏の文化に強い関心をもち、これらの言語圏のいずれかをSA先として希望するもの。
*SAとは、当該学部で必須となっている2年次秋学期の海外留学のことです。

・全体の評定平均値が3.5以上であり、かつ「外国語」教科のうちいずれかの言語(「英語」など)の評定平均値が4.0以上のもの。
・書類審査及び面接試験により合否が決まります。特定の言語を学ぶことに対する熱い意欲とそれを表現する力を身につければ、合格は決して難しくありません!
分野優秀者(10名)
・全体の評定平均値が3.5以上
・以下の①~⑦のいずれかに該当する者。
①以下のa~gのいずれか1つの資格を有する者。
a.TOEFL®iBT68(CBT190・PBT520)以上、TOEIC®700 以上、
実用英語技能検定準1級以上、IELTS(Academic Module)5.5 以上、TEAP300 点以上(4 技能)(いずれか1つでよい)。」※TOEFL®-ITP(団体用。過去問題の再編成)、TOEIC®-IP(学校や職場単位で行うもので一斉公開テストではない)のスコアでは出願できません。 ※TOEFL®および TOEIC®はエデュケーショナル テスティング サービスの登録商標です。
b.(公財)ドイツ語学文学振興会「ドイツ語技能検定試験」2級以上、ゲーテ・インスティトゥートによる「Goethe-Zertifikat」B1、職業ドイツ語検定試験「ZDfB」B1、青少年のためのドイツ語基礎統一試験「ZDj」B1以上(いずれか1つでよい)。
c.(公財)フランス語教育振興協会「実用フランス語技能検定試験」準2級以上、フランス国民教育省フランス語資格試験「DELF」A2、同フランス語学力試験「TCF」スコア 200、パリ商工会議所フランス語能力認定試験「TEF」スコア 204 以上(いずれか1つでよい)。
d.ロシア語能力検定試験委員会が実施する「ロシア語能力検定試験」4級以上。
e.(公財)日本スペイン協会「スペイン語技能検定」2級以上、あるいは「スペイン語検定試験DELE(セルバンテス文化センター)」B1以上。 f.(一財)日本中国語検定協会「中国語検定」2級以上、「HSK(漢語水平考試)」8級以上、「新HSK5級」210 点以上、「新HSK6級」180 点以上(いずれか 1 つでよい)。
g.ハングル能力検定協会による「「ハングル」能力検定試験」準2級以上、あるいは(公財)韓国教育財団による「韓国語能力試験」4級以上。 ②全国レベルのスピーチコンテストや弁論大会での入賞、あるいは都道府県大会で優勝するなどの高い社会的評価を受けた者。 ③さまざまなメディア(映像、音響、身体、活字など)による表現能力に特に優れ、全国レベルの大会・コンクールでの入賞、あるいは都道府県大会で優勝するなどの高い社会的評価を受けた者。
④国際社会に存在する諸事象、諸問題についてテーマを設定し、その具体的な研究成果(論文、作文など)が全国レベルにおける大会・コンクールでの入賞、あるいは都道府県大会で優勝するなどの高い社会的評価を受けた者。
⑤国際バカロレア資格証書(International Baccalaureate Diploma)を取得済み、または 2017 年3 月 31 日までに取得見込みであり、DPカリキュラムのグループ3「個人と社会」で上級レベル4点または標準レベル5点以上(入学時までにフルディプロマを取得していることが必要)。
⑥以下のa~dのいずれかに該当する者。
a.情報処理推進機構(IPA)による下記のいずれか1つの試験に合格した者。*
(ア)基本情報技術者試験
(イ)ITパスポート試験
(ウ)ネットワークスペシャリスト試験
(エ)データベーススペシャリスト試験
(オ)ITサービスマネージャ試験
(カ)エンベデッドシステムスペシャリスト試験
*情報処理推進機構(IPA)(2003 年 12 月までは、日本情報処理開発協会情報処理技術者試験センター)による情報処理技術者試験制度改正前の下記のいずれかの試験に合格した者を含みます。
(ア)基本情報技術者試験
(イ)初級システムアドミニストレータ試験
(ウ)ソフトウェア開発技術者試験
(エ)アプリケーションエンジニア試験
(オ)テクニカルエンジニア試験(ネットワーク、データベース、システム管理、エンベデッドシステム、情報セキュリティのいずれか1つの試験に合格)
b.(一財)職業教育・キャリア教育財団検定試験センターによる情報検定(J検)「情報活用試験 1 級」、「情報システム試験」、「情報デザイン試験(初級、上級)」(旧区分 準 2 級以上)の者。
c.(公財)画像情報教育振興協会(CG-ARTS 協会)による下記の検定において、いずれか2つ以上に該当する者。
(ア)CGクリエイター検定 ベーシック、エキスパート(旧3級以上)
(イ)Webデザイナー検定 ベーシック、エキスパート(旧3級以上)
(ウ)CGエンジニア検定 ベーシック、エキスパート(旧3級以上)
(エ)画像処理エンジニア検定 ベーシック、エキスパート(旧3級以上)
(オ)マルチメディア検定 ベーシック、エキスパート(旧3級以上)
d.NTTコミュニケーションズ(株)によるインターネット検定「.com Master ADVANCE」シングルスター、「.com Master ADVANCE」ダブルスター(旧「ドットコムマスター(.com Master)」の「シングルスター(★)」「ダブルスター(★★)」「トリプルスター(★★★)」)のいずれか1つの試験に合格した者。
⑦下記のコンテストにおいて規定の成績を修めた者。
a.東京工業大学学術国際情報センターおよび大阪大学サイバーメディアセンターが共同主催する高校生のスーパーコンピューティングコンテストにおいて本選で入賞した者。
b.全国高等専門学校プログラミングコンテストにおいて優秀賞以上を獲得した者。
c.U-22 プログラミング・コンテストにおいて入賞した者。
d.学生CGコンテストにおいて入選以上の者。
e.ロボットコンテスト((一社)全国高等専門学校連合会、NHK、NHKエンタープライズ主催)において全国大会入賞以上の者。
f.ロボカップ(RoboCup)全国大会において準優勝以上の者。
・書類審査及び面接試験によって合否が決まります。高校時代に達成したことを、資格とともに示し、学びへの強い意欲を表現する力を身に付けることができれば、合格により近づけると言えます!

⑦GIS

12月入試
(30名)
S基準
TOEFL iBT®88 点以上(ただし Writing スコアが 21 点以上に限る)*、
  またはIELTS (Academic Module) band 6.5 以上(ただし Writing band が 5.5 以上に限る)、
またはEnglish A: LIT または English A: LAL を履修し、国際バカロレア(IB Diploma)を取得
A基準
TOEFL iBT®76 点以上*
またはIELTS (Academic Module) band 6.0 以上
またはTOEIC® 820 点以上**
または実用英語技能検定(英検)準 1 級以上
または2016(平成 28)年度に受験した英検で準 1 級以上合格かつ CSE スコアが 2450 点以上の者
(2015(平成 27)年度以前に受験した英検で準 1 級以上合格した者)
B基準
評定平均が 4.0 以上であり、上記いずれかのスコアに準ずる英語力があると学部が認める者。
TOEFL®*、IELTS (Academic Module)、TOEIC®**、英検のいずれかの証明書を、基準を満たしているかどうかに関わらず、必ず出願時に提出すること。
・上記の基準のいずれかと、書類審査、及びS基準は英語面接試験、A・B基準は英語小論文試験と英語面接試験により合否が決まります。試験のスコアと共に、学びへの強い意欲と自分を表現する力を養うことで、合格はより確実なものになると言えます!
秋学期入学入試
【国外選考】
(10名)
・各教育制度の大学入学資格試験に相当するものを合格もしくは受験していること。
・書類審査のみで合否が決まるため、志望理由書でいかに自分ややりたいこと、学びへの意欲を表現できるかが鍵となってきます。逆に言うと、その能力さえ十分に身につけていれば、合格の可能性は飛躍的に上がると言えます!

⑧スポーツ健康学部スポーツ健康学科

自己推薦
(15名)
理数系(7名)
・全体の評定平均値が4.0以上、かつ「数学」が4.0以上、かつ「理科」(物理・生物・化学・地学)の1科目以上が4.0以上
・書類審査、筆記試験(理数系の題材・データに関する分析や小論文)、及び面接(筆記試験の題材やデータに基づく)により合否が決まります。
アスリート系(8名)
・全体の評定平均値が3.2以上、かつ「英語」の評定平均値が3.0以上
・全国大会に出場した者
または全国大会に出場するための都道府県大会、選考会または各ブロック大会(関東大会、九州大会等)で、
(ア)個人競技で優勝した者、
(イ)団体競技もしくは団体種目で成績が4位以上であり、かつ上位4位以内の試合に出場した者
または ①もしくは②の基準以外で、それに準ずると認定された者
■ 団体競技の例:サッカー、ラグビー等
■ 個人競技における団体種目の例:水泳・陸上競技のリレー、駅伝等
・書類審査、筆記試験(スポーツ・健康領域の題材に関する小論文)、及び面接(競技経歴に関すること、筆記試験の題材に基づく)により合否が決まります。自身の競技経歴・経験と共に、それをどのようにして社会に生かすかを論じる力をつければ、合格は容易になると言えます!
トップアスリート
入試
・出願時点で、国際大会(オリンピック・世界選手権等)への日本代表としての出場経験を有する者 ・書類審査、筆記試験(スポーツ・健康領域の題材に関する小論文)、面接試験(競技経歴に関することと、筆記試験の題材に基づく)により合否が決まります。自身の競技経歴・経験と共に、それをどのようにして社会に生かすかを論じる力をつければ、合格は容易になると言えます!

⑨情報科学部

情報科学科
(10名:
コンピュータ科学科5名
ディジタルメディア学科5名)
・全体の評定平均値が4.0以上、かつ「数学」「理科」「英語」のうちいずれか2教科の評定平均値が4.3以上であること
ただし、理数科の場合は全体の評定平均値が4.0以上、または理数が4.3以上であること
・数学については「数学Ⅰ」「数学Ⅱ」「数学Ⅲ」「数学A」「数学B」のすべてを履修していること。ただし、ディジタルメディア学科を第一希望として出願する場合は、理科について「物理基礎」および「物理」も履修していること。
・書類審査、数学筆記試験(数Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数A・B)及び面接試験により合否が決まります。数学筆記試験の対策を十分に行い、学びへの意欲を志望理由書で確実に伝える能力を身につければ、合格の可能性は非常に高くなると言えます!

⑩理工学部機械工学科

航空操縦学
専修自己推薦
(5名)
・裸眼または自己の矯正眼鏡使用により各眼視力が 1.0 以上
・コンタクトレンズによる屈折矯正術による矯正を行っていないこと。
・屈折矯正手術(角膜前面放射状切開手術、レーシック等)の既往症がないこと。
・次の①~③のいずれかの資格を有する者
TOEFL®TESTのOfficial Score ReportがiBT32 点(CBT97 点、PBT400 点)以上であること。ただし、2015 年4月1日以降に受験したものであること。
もしくは、TOEIC®TESTのOfficial Score Certificateが 430 点以上であること。ただし、2015 年4月1日以降に受験したものであること。
もしくは、公益財団法人日本英語検定協会実用英語技能検定試験準2級以上に合格していること。※TOEFL®ITPおよびTOEIC®IPは認められません。
・全体の評定平均値が 4.0 以上の者。
・物理、数学Ⅰ、数学Ⅱをすべて履修している者。
・書類審査、面接試験、操縦適性検査、及び航空身体検査により合否が決まります。

帰国生入試を実施している学部・定員

文、経営、デザイン工学、理工、生命科学(各学部若干名)

AO推薦入試を実施していない学部

法、社会、現代福祉、工

      
キャンペーンや対策ノウハウ更新中