斎木陽平塾長紹介

斎木陽平塾長紹介

AO入試を通して、未来を担う高校生が集う塾を作りたい。

AO義塾を設立したきっかけ、それは私自身のAO入試という実体験からです。

高校生のとき福岡に住んでいた私は、地元にAO入試について助言したり、指導してくれたりする先生や先輩、塾講師を見つけられませんでした。悩んだ私は、福岡から東京のAO入試専門塾に飛行機で通っていました。結果として合格することはできましたが、そのためには多くの苦労や悩みが常につきまとっていました。

AO入試の受験勉強の場合、対策に関する情報がなければ不利になってしまうことが多々あることも身をもって痛感しました。特に私のように地方の高校生は情報が少ないことが多いと感じています。同時に、AO入試には多くの誤解や偏見がつきまとい、サポートを得るどころか、受験自体を学校の先生に反対されたり、時には妨害されたりすることすらありました。

自分に成長する機会を与えてくれたAO入試の本当の姿を、もっと多くの人が知り、もっと多くの高校生がチャレンジできるようにしたい。それが私たちがAO義塾を立ち上げることにした原点です。

がんばって大学合格を果たしても、入学後に目標を見失っている人が少なくありません。 それは大学に合格することが目的化していたからでしょう。自分の、好きなこと、嫌いなこと、過去や経験、将来したいこと、それらを深く見つめ直すこともなく、偏差値で自分の将来を決める。その先に、本当に豊かな未来が待っているのでしょうか?

AO入試は受験生に、社会にどう貢献し、そのために進学後はどう学ぶのかを、明確に答えることを求めます。つまり、AO受験生にとって大学合格はゴールではなくスタートでなければなりません。だからこそ、自分の人生を大きく左右する受験時代に自分の過去・現在・未来を真剣に向き合うことができるのです。

多くの方の支えもあり、AO義塾も10周年を迎えることができました。
これからも私たちAO義塾は、受験生一人一人と向き合い、ともに学び、志を持った学生を輩出していきます。そうすることで大学入試はゴールではなくスタートに変わり、大学、そしてその先にある社会が少しずつ輝きを増していくのだと信じています。

塾長プロフィール

A0義塾塾長 斎木陽平

1992年生まれ。福岡県出身。慶應義塾大学法学部政治学科へFIT・ AO入試で合格。卒業後、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻課程へ進学。2011年にAO入試専門塾「AO義塾」を設立。初年度から圧倒的な合格率でAO入試合格者を多数輩出し、「日経ビジネス」誌が選ぶ「各界で活躍する平成生まれ30人」に香川真司選手や石川遼選手らと共に選出される。また、「新しい時代に、新しい教育を。新しい時代に、新しい夢を。」をテーマに2013年、「一般社団法人RE:VISIONリビジョン」を設立。高校生の夢や想いが社会的に評価される場所を創るため、精力的に活動を続ける。著書に『AO入試で必ず受かる』(実業之日本社)『AO入試を受ける前に知っておいてほしいこと』(エール出版社)がある。

斎木塾長の志望理由書

※無断転載、複製を禁じます。

私は政治家になりたい。そして、人々が夢や目標を持つことのできる社会を作りたい。よって、慶應義塾大学法学部政治学科への進学を強く希望する。

去年の冬、いつものように登校していると、ワイシャツを着た男性が道端で寝ていた。それ以来、日を追うごとにそこで寝泊りする人は多くなり、多いときには数十人を見かけるようになった。私はこの光景を見て、世界金融危機によって多くの労働者が解雇されているという報道を思い出した。

12月末には都内で、ボランティア団体が派遣切りにあった人を支援する「年越し派遣村」が設置された。そこには、職を失い、最低限の生活を送ることができない、五百人もの人々が集まった。北九州市で実際に私が見た現象が、全国的に起こっていたのである。私は、一部国民の最低限の生活さえも守ることのできない今の日本の制度は、どこかおかしいのではないかと感じた。

これをきっかけに、私は社会保障に強い関心を抱くようになり、自分の住む小倉北区の52歳の男性が孤独死した事件を知った。そこで、北九州市の財政や社会保障の実態について詳しく調べてみると、市は深刻な財政状況であることがわかった。公園の一斉整備や、大規模な公共
事業を積み重ねたことで、わずか十年で借金が倍増し、さらに、国の財政逼迫により地方交付金も削減されていたのだ。少子高齢化による社会保障費の増大も加わり、市の財政はまさに火の車であった。そこで、あろうことか、市政は生活保護を必要とする人々への受給を一方的に打ち切っていたのだ。全国的にも、財政状況が厳しい自治体ほど、生活保護の打ち切りは顕著に見られる。北九州市は、道端で寝泊りしていた人どころか、生活保護受給者の命すら助けられない状況に陥っていた。この事件で亡くなった男性は最後に、「おにぎり食べたい」と書き残していた。国民におにぎりひとつ与えることができないのか、人が一人死んでしまうまで放っておくのかと、私は今の日本の政治に絶望した。今こそ、この国の社会保障制度を変えなければならない、そう強く思った。

私には、北九州市は日本全体の縮図のように見えた。なぜなら、税金の無駄遣い、少子高齢化、積み重なった莫大な借金などの多くの問題が、今、国が抱えている問題と重なるからだ。このままでは、全国で貧困に苦しむ人たちが続出してしまうのではないだろうか。

江戸時代に、現代の日本と同じような課題に直面した人物がいる。米沢藩主の上杉鷹山だ。彼の就任当時、藩はすでに収入の六年分の借金を抱えており、社会保障も機能していなかった。鷹山はまず、大胆な人員整理で歳出を削減し、産業育成のために農地開発を行い、藩を増収の方向に導いた。さらに、教育のために新たな学校を設立し、家柄に関わらず学問を教え、数多くの優秀な技術の担い手を育てた。破綻寸前であった藩財政は立ち直り、藩は医師を雇い医師不足を解消させ、社会保障の充実にも力を入れた。口減らしのために山に捨てられていた老人たちには、鯉師という職業を与え、老人も自ら稼ぎ手として社会復帰するきっかけを与えた。また、子供を育てられなかった窮民には育児資金を投資し、間引きを根絶した。これにより、自身の夢や目標を持つことさえできない環境にいた人々の選択肢は広げられ、この時代には珍しく、自己決定の機会が与えられたのである。

最近では、国民の支払う税金が、公務員の人件費や公共事業費に消えてしまっている。農業は衰退し、育成に多額の費用がかかる医師は、全国的に不足している。また、教育に関しては、各家庭の経済状況によって大きな学力格差が生まれていることも否めない。高齢者についても、働きたいという意思があるのにも拘らず、働き口が追いついていない。

当時と現代を単純比較することはできないが、私は鷹山の様に、政治革新、産業育成、人的投資の三つの政策を柱とし、日本の財政を立て直した上で、予算の配分を健全化させ、社会保障が充実した社会を、現代で実現させたい。

だがしかし、日本の社会保障制度を充実させるためには、これら以外にも様々な対策が必要であろう。貴塾に入学できたら、現在政府が行っている政策の調査を行い、問題を発見し、改善策を見出す能力を身につけたい。また、人々の対立する考えや利害を調整する際に必要とされる、多角的に社会現象を分析する能力を養いたい。貴塾においては、社会の先導者に問われる資質の向上を目標とする教授陣の確かな指導が、学生の勉学に対する更なる興味と熱意を引き出し、社会を先導する多くの卒業生を輩出している。貴塾で学んだ経験と知識を活かし、将来は政治家として社会保障を充実させ、人々が活躍できるように全力で働きたい。よって、私は慶應義塾大学法学部政治学科への入学を強く希望する。

斎木塾長の自由記述

 

aogijuku_saiki_2aogijuku_saiki_1

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。
必須希望受講方式


※現在、東京都内は原則オンラインでの受講をお願いしておりますので、ご了承の上でお問い合わせください。

必須受講者氏名

必須受講者フリガナ

必須現在の学年
必須メールアドレス

必須電話番号

必須希望日程・時間
※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

必須希望校舎

コロナウイルスによる感染症が収束した後、通いたい校舎を選択してください。
各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

任意所属高校

任意志望大学