日本にいながら英語で授業が受けられる!すべて英語で講義を受講できる大学まとめ

すべて英語で講義を受講できる大学まとめのバナー

英語力をあげたい!と思っていても、いきなり留学……というのもハードルが高いかもしれません。
しかし!日本国内にいながら「すべて英語」で授業を受講できる大学・学部もたくさんあるんです!

そこで、すべて英語で講義を受講できる大学をまとめました。

掲載した全ての大学で総合型選抜(AO入試)を実施しているので、その情報もあわせてチェックしてみてください!

講義がすべて英語で実施されている大学

公立/国際教養大学(AIU)

総合型選抜の有無

あり(特別選抜/専願制)

対象学部

  • 国際教養学部

国際教養大学の特徴

  • 授業はすべて英語少人数制で実施
  • 学生は全員1年間の留学が必須
    • 授業料はAIUへ納める授業料のみで留学可能
    • 留学先での単位もAIUの単位として認定

ルークス志塾のワンポイントアドバイス

日本国内で「授業をすべて英語」で受講できる大学・プログラムは限られています。
英語力を身に着けたい、将来世界で活躍したいという志を抱いている受験生にはとてもおすすめの大学です。

また、留学を必須としている大学も少ないです。
大学生のうちに絶対留学をしたいと考えている受験生はぜひ検討してみてください。

専願制の総合型選抜であるため、合格した場合必ず入学する必要があることに注意しましょう。
また、特別選抜には15通りもの選抜方式があるので、自分にあった方式を選択し、受験を有利に進めることが必要です。

【公式サイト】国際教養大学

https://web.aiu.ac.jp/

私立/立命館アジア太平洋大学(APU)

総合型選抜の有無

あり(総合型選抜/併願可能)

対象学部

  • アジア太平洋学部
  • 国際経営学部

立命館アジア太平洋大学の特徴

  • 海外からの留学生が多数在籍(約2人に1人)
  • 講義のほとんどが英語と日本語の二言語で開催
    • 英語教育は習得レベル別に少人数クラスで学ぶことができ、英語に自信のない人でも学び始めることが可能
  • キャンパスに併設された学生寮があり、日常生活の中でも国際交流ができる

ルークス志塾のワンポイントアドバイス

AIUと異なり、APUでは「日本語での授業」も開講されています。
また、英語教育も初級から用意されているため「今は英語にそんなに自信はないけれど、これからしっかり実力を身につけたい」という方にもおすすめの大学です。

APUの総合型選抜は「ロジカル・フラワー・チャート入試」「総合評価入試」「活動実績アピール入試」の3通りが用意されています。
それぞれに課せられている課題や条件をチェックして、自分に一番あった方式で出願しましょう。

【公式サイト】立命館アジア太平洋大学

https://www.apu.ac.jp/home/

私立/国際基督教大学(ICU)

総合型選抜の有無

あり(総合型選抜/専願制)

対象学部

  • 教養学部

国際基督教大学の特徴

  • 講義の約3割が英語で開講
  • 入学時は全員教養学部所属になるため、大学で学びながら自分の専攻を決めることができる
  • 少人数・対話型の授業が多く、ディスカッションやグループワークの機会が多い

ルークス志塾のワンポイントアドバイス

ICUはリベラルアーツ教育に力を入れている大学です。
入学時に専攻を決めないため、文系・理系に関わらず横断的に学ぶことが可能です。
色んなことを学んでみたい、まだ自分の専攻(興味)を定められていないという方にもおすすめの大学です。

また英語教育にも力を入れており、一年次から英語漬けの生活を送ることになるそうです。

専願制の総合型選抜であるため、合格した場合必ず入学する必要があることに注意しましょう。
ICUの総合型選抜は「英語外部試験利用」「理数探求型」「IB認定校対象」の3通りが用意されています。
それぞれに課せられている条件をチェックして、自分に一番あった方式で出願しましょう。

【公式サイト】国際基督教大学

https://www.icu.ac.jp/

講義がすべて英語で実施されている学部

私立/早稲田大学国際教養学部(SILS)

総合型選抜の有無

あり(AO入試/併願可能)

早稲田大学国際教養学部の特徴

  • ほぼすべての授業が英語で開講
    • 統計学など一部の授業は日本語/英語どちらでも受講可能
  • リベラルアーツ教育に力を入れており、様々な分野の知識を深めることができる
    • 文理横断した7つの科目郡から選択可能
  • 学生は全員1年間の留学が必須
    • 留学中の学費については学校毎に規定がある(留学先の学費のみ払う場合、早稲田大学への学費のみ払う場合どちらもあり)
    • 留学先で取得した単位については早稲田大学の審査を経て認められれば認定される

ルークス志塾のワンポイントアドバイス

SILSへ出願するためには、「異文化体験のまとめ」を記述する必要があります。
SILSを志望校に考えている受験生は、早いうちから「異文化体験」として記載できるような活動をしておくことが必要です。

早稲田大学国際教養学部への出願には、評定平均や英語スコアでの足切りはありません。(高等学校卒業などの要件を満たしていればほぼすべての受験生が出願することができます)

しかし、英語外部検定試験のスコア提出は必須です。
英検であれば少なくとも準一級上、TOEFLは100点以上、IELTSは7.0以上を目安に取得しておくことが望ましいでしょう。

【公式サイト】早稲田大学国際教養学部

https://www.waseda.jp/fire/sils/

私立/上智大学国際教養学部(FLA)

総合型選抜の有無

あり(公募制推薦入試/併願可能)

上智大学国際教養学部の特徴

  • 語学以外の講義はすべて英語で開講
  • リベラルアーツ教育に力を入れており、専門分野は二年次に決定する
    • 比較文化、国際経営/経済学、社会科学のいずれかを選択
  • 少人数・対話型の授業が多く、ディスカッションやグループワークの機会が多い

ルークス志塾のワンポイントアドバイス

FLAは上智大学の中でも、特にグローバルに力を入れている学部です。
所属学生には帰国子女や留学生も多く、国際色豊かな大学生活を送ることができます。

上智大学の公募制推薦入試ではどの学部でもおおむね「4.0以上」の評定平均値が求められますが、国際教養学部も例外ではありません。
受験の用意を進めながらも、学校の成績はしっかり取得しておきましょう。

また、国際教養学部の出願にはTOEFL、IELTS、TEAPいずれかにおいて規定以上のスコア取得が必要です。
どれも時間をかけて対策する必要がある外国語試験であるため、早いうちから準備を始めることが必要です。

【公式サイト】上智大学国際教養学部

https://www.sophia.ac.jp/jpn/program/UG/UG_LA/index.html

ルークス志塾では、いつでも無料で受験相談ができます!

気になる大学の情報はありましたか?
ルークス志塾では、いつでも無料で受験相談をすることが可能です!
自分ひとりで悩む前に、まずはプロに相談してみませんか?

※本記事に掲載している内容は2022年1月時点のものです。詳細な情報については必ず大学の公式サイトをご確認ください。

その他の特集ページはこちら↓↓

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    必須受講者氏名
    フルネームで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須受講者フリガナ
    フルネーム・カタカナで、姓名の間にスペースを入力してください。

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    任意所属高校

    任意志望大学、その他ご要望等