神奈川大学に合格したい!総合型選抜(旧AO入試)・公募制推薦入試についてまとめました。

総合型選抜 出願資格一覧

経営学部

特にありません

理学部

特にありませんが、次の学科においては、下記を学習しておくことが望ましいと記述してあります。
・化学科を志望する者は、入学までに「化学基礎・化学」を学習しておくことが望ましい。(自習も含む、
高等学校での履修を条件とはしない)
・生物科学科を志望する者は、入学までに「生物基礎・生物」を学習しておくことが望ましい。(自習も含む、
高等学校での履修を条件とはしない)

工学部

次の学科においては、下記を学習しておくことが望ましいと記述してあります。
・物質生命化学科を志望する者は、入学までに「化学基礎・化学」の内容を学習しておくことが望ましい。(高等学校での履修を条件とはしない)
・情報システム創成学科を志望する者は、入学までに「数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B」および 『理科(「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」または「地学基礎・地学」のいずれかの組合せ)』
に該当する内容を学習しておくことが望ましい。(高等学校での履修を条件とはしない)

物質生命化学科に出願を希望する者はスクーリングの受講が必須で、出願時には受講者に交付される「受講修了証」の提出が必要です。

法学部 社会活動等実践者

1:高等学校または在外教育施設の第3学年1学期(または前期)までの全体の評定平均値が 3.6以上で学校長による推薦のある者。
2:生徒会活動やクラブ、サークル活動などの学校課外活動または学外団体事業において、社会教育的、文化的、福祉的な非営利的活動に積極的に参画し、他の範とし得る実績をあげた者。
3:活動主宰団体(設置団体の公私は問わない)の責任ある機関により、上記2にいう実績の具体的内容が証明され、かつ、本制度の趣旨に合致する者として推薦される者。

経済学部

1:2020年3月に高等学校(中等教育学校を含む。以下同じ)を卒業見込みの者、または2020年3月 31日までに文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有するものとして認定または指定した在外教育施設の当該課程を修了見込みの者で、以下の(1)~(3)のいずれかを満たす者。
(1)経済学科現代経済専攻を志願し、高等学校または在外教育施設の第3学年1学期または前期までの全体の評定平均値が 3.7以上の者。
(2)経済学科経済分析専攻を志願し、高等学校または在外教育施設の第3学年1学期または前期までの全体の評定平均値が 3.8以上であり、かつ、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A)の評定平均値が 3.8以上の者。
(3)現代ビジネス学科を志願し、高等学校または在外教育施設の第3学年1学期または前期までの全体の評定平均値が 3.7以上の者。
 
2:高等学校を卒業した者または在外教育施設の当該課程を修了した者で、以下の ~ のいずれかを満たす者。
(1)経済学科現代経済専攻を志願し、高等学校または在外教育施設の在学中の全体の評定平均値が 3.7以上の者。
(2)経済学科経済分析専攻を志願し、高等学校または在外教育施設の在学中の全体の評定平均値が 3.8以上であり、かつ、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A)の評定平均値が 3.8以上の者。
(3)現代ビジネス学科を志願し、高等学校または在外教育施設の在学中の全体の評定平均値が 3.7以上の者。

経営学部

〔1〕部門共通の出願資格

各部門に共通する資格として、次の①~⑦の要件のいずれかを満たす者。
①高等学校(中等教育学校を含む。以下同じ)を卒業した者または 2020年 3月卒業見込みの者。

②高等専門学校の 3年次を修了した者または 2020年 3月修了見込みの者。

③外国において、学校教育における 12年の課程を修了した者、2020年 3月 31日までに修了見込みの者またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。

④文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有するものとして認定または指定した在外教育施設の当該課程を修了した者または 2020年 3月 31日までに修了見込みの者。

⑤専修学校の高等課程(修業年限が 3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または2020年 3月修了見込みの者。

⑥文部科学大臣の指定した者。

⑦本大学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2020年 3月 31日までに 18歳に達する者。
出願資格⑦により出願を希望する者は、事前に個別の入学資格審査を実施します。

〔2〕各部門の出願資格

地域・社会活動部門
上記〔1〕の部門共通の出願資格を満たす者で、次の条件に該当する者。
ボランティア団体や生徒会その他を通して自主的かつ長期にわたり、ボランティア活動や地域・社会への貢献活動をしてきた者で、その結果や活動状況について客観的に証明できる者。ここで「客観的証明」というのは、感謝状や新聞記事のほか、主催団体の報告書や推薦状または写真などを含む。

文化活動部門
上記〔1〕の部門共通の出願資格を満たす者で、次の①、②のいずれかに該当する者。
①学術・芸術・芸能・技芸等の分野で活動を行ってきた者で、その活動の成果を客観的に証明できる者。
②本学主催の「全国高校生俳句大賞」「全国高校生理科・科学論文大賞」のほか、各大学主催の各種大賞・コンテストにおいて顕著な創造的成果をあげた者。

グローバル人材育成部門
上記〔1〕の部門共通の出願資格を満たす者で、次の①~⑪のいずれかにおいて評価(級、点数など)が以下に示す基準以上である者。または、⑫に示す基準を満たす者。資格を取得した時期は、原則として高等学校入学以降とする。
①実用英語技能検定(日本英語検定協会) 2 級
②TOEIC® Listening & Reading Test [旧:TOEIC®テスト](国際ビジネスコミュニケーション協会)500点  ※IPのスコアは出願に利用できません
③国連英検 (日本国際連合協会) C級
④TOEFL iBT®(国際教育交換協議会) 45点
⑤TOEFL Junior® Comprehensive(グローバル・コミュニケーション&テスティング)322点
⑥日商ビジネス英語検定 (日本商工会議所) 3 級
⑦IELTS(日本英語検定協会)4.5  ※アカデミック・モジュールに限ります。
⑧Cambridge English(ケンブリッジ大学英語検定機構) PET
⑨GTEC CBTタイプ(ベネッセコーポレーション) 1050点(2018年度以降に取得)
⑩GTEC CBT(ベネッセコーポレーション) 1000点(2017年度以前に取得)
⑪TEAP (日本英語検定協会) 226点
⑫高等学校において 23単位以上の外国語を単位取得した者または取得見込の者(国際教育に重点をおいた高等学校の国際科、英語科、総合学科その他の課程に学び、外国語で優秀な成績をおさめた生徒 ・学生が該当する)。

技能・資格取得部門
上記〔1〕の部門共通の出願資格を満たす者で、次の①~③の資格をはじめとする各種資格を有する者。
各種簿記技能検定試験や外国語検定試験(日本語、英語を除く)をはじめとする公的組織・機関またはそれに準じる組織・機関による検定試験において優れた成績をおさめて資格を取得した者。検定試験でおさめた成績と取得した資格の種別・名称が客観的に証明できること。
各種の技能検定試験と取得資格については、下記の基本資格のほか、取得者の高い能力を十分に証明できる資格であれば、検定試験と取得資格の種別・名称は問わない。資格を取得した時期は、原則として高等学校入学以降とする。
①簿記技能・会計資格
a.簿記検定(日本商工会議所) 2級
b.簿記実務検定(全国商業高等学校協会) 1級
c.簿記能力検定(全国経理教育協会) 1級
d.BATIC®(東京商工会議所) ブックキーパーレベル
②情報処理資格
a.基本情報技術者試験(情報処理推進機構) 合格
b.ITパスポート試験(情報処理推進機構) 合格
c.情報処理検定試験(全国商業高等学校協会) 1級( 1部門)
d.情報処理検定試験(全国商業高等学校協会) 2級( 2部門)
e.a~dのほか、情報処理技能検定等の公的資格 合格
③外国語検定資格(スペイン語、中国語、ドイツ語、フランス語など。日本語、英語を除く)日本語、英語以外の外国語検定資格試験で、評価(級、点数など)が上記「 グローバル人材育成部門」の基準に相当すると認められる者。

スポーツ活動部門
上記〔1〕の部門共通の出願資格を満たす者で、次の条件に該当する者。
各種スポーツ大会などスポーツの分野で活躍して本人の努力によって顕著な記録を残すか優れた成果をあげた者、または所属組織が相当の成績をおさめるのに多大な貢献や活躍をした者(マネージャー、審判を含む)で、それらのスポーツの分野での自分の成果と内容を客観的に証明できる者。なお、入学後は提出されたスポーツ種目に関わる運動部への入部を強制するものではない。

外国語学部、国際日本学部、人間科学部、理学部、工学部

こちらは学科/入試形態によって出願資格が異なるため、詳細は公式サイトを御覧ください。

試験の時期

総合型選抜(旧AO入試)の時期

出願期間:9月上旬
試験日:9月下旬
合格発表日:10月上旬

公募制推薦入試の時期

出願期間:10月下旬
試験日:11月下旬(学部や方式によって変わります)
合格発表日:11月下旬


Loohcs志塾では、神奈川大学の総合型選抜(旧AO入試)対策を実施しています。
いつからでも入塾できるLoohcs志塾で、合格を掴み取ろう!
まずは一度、無料相談会へ

山下部 幸秀
この記事を書いたひと 山下部 幸秀

Yukihide Yamakabe

Loohcs志塾池袋キャンプ長。慶應義塾大学環境情報学部を休学して校舎を運営する傍ら、インスタグラマーを目指している。東大や早慶上、GMARCHやSFC一般入試など、幅広く教鞭を執った経験を活かし2019年に池袋キャンプを開校、志望校合格率86.9%を達成。

高2、1相談会高2、1相談会
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須受講者氏名

    必須受講者フリガナ

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    ※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    任意所属高校

    任意志望大学