>>合格に必要な情報が聞ける"合格者座談会"を実施中!<<

【徹底解説】学校推薦型選抜とは?

【徹底解説】学校推薦型選抜とは?

はじめに

初めまして。Loohcs志塾の松崎です!
Loohcs志塾では上智公募制推薦入試の対策を担当しています。

このコンテンツでは、私が受験生の時に疑問だった点を踏まえて受験生が知りたいこと、そして知っておくべき学校推薦型選抜のポイントをご説明します!

文部科学省の調査では、2020年度私立大学入学者の約56%が推薦入試によると発表され、年々変化しつつある大学入試。その中でも、学校推薦型選抜については曖昧な情報が飛び交っていますよね。 

受験生の皆さんは

「推薦入試って良く聞くけど、それって何?」

「どんな人が学校推薦型選抜に向いているの?」

「学校推薦型選抜を受けるにはどんな準備が必要なの?」

といった疑問をお持ちだと思います。

それでは、それぞれどのような入試制度なのでしょうか?以下に見ていきます!

指定校制と公募制の違い

学校推薦型選抜は学校長の推薦により出願できる入試制度で、大きく分けて「指定校制」と「公募制」の2つに分かれています。

指定校制

指定校制は高校と大学との間の信頼関係によって設けられた制度です。指定校の枠は以下のような基準で決められます。

①高校の前年度の一般入試結果

②過去に指定校推薦で受かった生徒の大学での成績

※医学部を除き、ほぼ100%の確率で合格を得ることができます。

公募制

公募制では、各大学が学科ごとの出願要件を募集要項に掲示しています。それを満たした生徒は学校長の推薦を得ることで出願できます。

☆注意点

①同じ大学の複数学科を志望することは出来ない場合が大半
②公募制は倍率が低くて狙い目と言われていますが、近年の一般入試の定員厳格化に伴って倍率は年々上昇していて、しっかりとした対策が必要

学校推薦型選抜の出願要件

指定校制

指定校制では、3年間の評定平均4.5以上といったとても高い評定が求められることが多いです。
同時に英検2級程度以上の外国語資格も求められます。これらに加えて、部活動や委員会活動への貢献度も加味されます。
しかし、同程度の経歴を持つ生徒が複数人いることもあり、選定方法は各高校によって異なります。この際、大学から求められる評定や資格については毎年変わる可能性があるため、進路担当の先生に聞くなど注意が必要です。
また、高校で留学を考えている場合は、現地校での成績が必ずしもそのまま換算できるとは限らないので、事前にチェックしておくべきでしょう。

公募制

公募制で求められる評定平均は4.0程度となっています。
加えて語学力も必要で、特に英語系や国際系の学科では外国語外部試験の高いスコアが求められる傾向にあります。
大学によっては、「決められた評定と語学検定の基準を超えていれば平等に評価する」としていますが、基本的には評定・語学検定共に高いに越したことはないと考えられます。
また、公募制についても高校で留学をした場合は、留学先の成績表の提出が求められますので、帰国までに現地で申請することを推奨します。

出願にはどんな書類が必要?

※指定校制では各高校で内情が異なるため、自分の高校に問い合わせてみてください。

ここでは公募制について説明します。

学校に頼む書類

①調査書

各高校が発行する調査書が必要です。

②学校長推薦書

公募制入試は学校長の名の下に出願できる入試であり、必要となります。
学校長が出願する全ての生徒を細かく把握できているとは考え難いため、事前に記載して欲しい内容を箇条書き等で担任の先生に渡しておくことをオススメします。この際、自己推薦書と重複しない内容を書いてもらうようにしましょう。

自分で用意する書類

①自己推薦書

大学によっては志望理由書とも呼ばれます。A4で1~2枚程度で、大学が受験生について詳しく知るための重要な書類です。いわば大学と自分を繋げる架け橋の様な書類です。
この書類には、学科を志望する経緯、大学での学びを経た将来像、将来像のために高校生活で培った力を一貫性を持って書く必要があります。

②課題レポート

題材は志望学科によって異なりますが、A4で2枚~5枚程度の分量が課されます。
受験生がその学科で学ぶに際し、適性があるかがチェックされます。従って、各学科の専攻に沿った内容が課されています。

③語学試験の証明書

TOEIC、TOEFL、TEAP、英検といった語学試験の証明書の原本が必要となります。証明書の有効期限を確認することが大切です。

※④留学先の成績証明書、在学証明書

高校で留学をした生徒は現地校の証明書が必要となる場合があります。帰国間近に申請しても日本のように直ぐに発行されるとは限らないので、なるべく早くから申請することをオススメします。

入学試験の中身とは?

入学試験は午前中に学科試験、午後に面接といった形を採る大学が多いです。

学科試験

指定校制

医学部を除いて多くの場合には学科試験はありません。

公募制

各学科でそれぞれの試験が課されます。
社会系の学部では主に小論文。外国語系の学部では日本語訳や、その国の知識を問う問題。経済と理工系では数学の問題。このように多種多様な試験が課されており、これらの出来が合否を左右しています。

面接

指定校制

教授との10分程度の面接があります。高校との信頼関係による入試のため、あまり深いことは聞かれません。

公募制

こちらも教授との10分程度の面接があります。
出願時に同封した自己推薦書等の書類と、午前中の試験について主に聞かれます。英語系の学科では、英語面接を実施しているところもあるので、スピーキングの力も欠かせません。
面接が和やかな雰囲気になるかどうかは受験生の準備量にかかっています。

いつからどんな対策が必要?

指定校制の場合

高校1年の1学期中間考査から高校3年まで高得点を取り続ける必要があります。また、部活動や委員会活動にも積極的に参加し、学校生活を盛り上げる主体的な存在であることが大切です。

高校1年の段階から、どんな大学から指定校推薦が来ているかの情報を集めることも欠かせません。その枠の中に自分の志望する大学や学科があれば、その枠を得ることを明確な目標にして勉学に励むことができます。

学校の成績に加えて、英検2級以上の取得も目指してください。英検準1級まで取得できればライバルよりも一歩先にいられると思います。

公募制の場合

指定校制と同じく、高校1年の1学期から高校3年まで高成績を取り続けることは必須です。同時に、部活動と委員会の活動実績も大切です。

課題レポートや学科試験で時事問題について問われることが多いため、早い時期から社会に目を向けるべきです。

この時に

①新聞や本を多く読み、知識を吸収する癖を付けると効果的
②ボランティア活動に参加したり、学生団体を設立する

などして実際に社会に参加した経験も大きな強みとなります。

そして、高校2年の終わり頃から公募制を採る大学の情報収集を始めると良いでしょう。自分の評定平均が大体分かってくる高校3年の春頃から出願書類の準備に入ることが理想的です。

最後に

以上が学校推薦型選抜についてです。
高校によっては指定校推薦の学校内選考に書類を課す場合もあり、指定校制と公募制のどちらにも念入りな書類対策が必要です。公募制に関しては書類対策だけでなく、当日の試験に向けた対策も大切です。

そこで、Loohcs志塾では書類対策から小論文や面接対策まで一連の対策を提供しています。実際に公募制推薦入試で合格した講師から直接ナマの声を聞いたり、豊富な過去の合格者資料も揃っており自由に閲覧することも可能です。

是非一度、Loohcs志塾の無料相談会に足を運んでみてください!

松崎文哉
この記事を書いたひと 松崎文哉

Matsuzaki Fumiya

上智大学法学部法律学科3年。公募制推薦入試で入学。大学では体育会水泳部水球部門に所属。高校での留学経験から、言語を問わずに受験生を大学に合格させるお手伝いを、塾生への指導やWEBでの発信を通じて行っている。

合格者座談会
合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
AO入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須受講者氏名

    必須受講者フリガナ

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    ※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    任意所属高校

    任意志望大学