>>総合型選抜はまだ間に合う!個別相談募集中!<<

明治大学農学部自己推薦特別入試を徹底解説!志望理由書編!

明治大学農学部自己推薦特別入試を徹底解説!志望理由書編!

 今回は明治大学農学部自己推薦特別入試を解説していきます。志望理由書の書き方がわからない…どういう風に書いていけばいいか不安…。そんなみなさんのためにグンと合格に近づく志望理由書制作のコツを伝授しちゃいます!!

入試情報

出願条件

⒈ 明治大学農学部志望学科を専願とし、合格の場合、入学が確約できる者。

⒉ 以下の(1)(2)のいずれかの条件を満たす者。

※公募制Bは要項をお読みください。

公募生A

各学科、2つの条件があり、①②によって選考課題が異なる。

農学科

①全体の評定平均値(学習成績の状況)が4.0以上の者

②在学中に学業以外に優れた活動歴がある者で、全体の評定平均値(学習成績の状況)が3.5以上の者

農芸化学科

①全体の評定平均値(学習成績の状況)が4.3以上の者

②在学中に学業以外に優れた活動歴がある者で、全体の評定平均値(学習成績の状況)が4.0以上の者

生命科学科

①全体の評定平均値(学習成績の状況)が4.0以上の者

②在学中に学業以外に優れた活動歴がある者で、全体の評定平均値(学習成績の状況)が3.5以上の者

※学業以外の優れた活動歴では特に研究発表・懸賞論文分野の実績のある者を重視します。

食料環境政策学科

①全体の評定平均値(学習成績の状況)が4.0以上の者

②在学中に学業以外に優れた活動歴がある者で、全体の評定平均値(学習成績の状況)が3.5以上の者

 高等学校(中等教育学校の場合は後期課程)在学中に、特筆すべき優れた能力を恒常的に発揮した者 (但し、スポーツ競技は除く)で,それを具体的・客観的に証明する資料(書類・作品・記事・書籍等)を提出可能な者。

[該当者の例]

 科学技術一般に関するもの国際科学技術コンテスト(数学オリンピック・化学オリンピック・生物学オリンピック等)や、公的な発表会において,優秀な成績を収めた者。各種懸賞論文において、優秀な成績を収めた者。 

 農学や農業に関するもの日本学校農業クラブ全国大会等において、優秀な成績を収めた者。

 資格検定分野外国語や数学、簿記、パソコン技能などにおいて、極めて高度な資格を有している者。 

 社会貢献分野、ボランティア・地域活動などに恒常的に参加し,献身的・指導的役割を果たし、その実績を社会的に証明できる者。 文化・芸術・芸能活動などの分野において、学外の大会・展覧会・コンクール等にて、個人また団体で優秀な成績を収めた者。

試験スケジュール(2021年度入学者)

試験内容(2021年度入学者)

自己推薦特別入試はどんな受験生を求めてる??

(要綱より)

(1)農学科

 自己の目標を達成するために意欲的に学び地道に努力する者。特に食料生産や緑地を含む環境の保全と創生に関わる分野の知識と技術を身につけて,将来これらの分野で社会に貢献しようという熱意を持っている者を歓迎する。

(2)農芸化学科

 化学が得意で,生物(動植物や微生物),食品及び環境などの分野を勉強したいという強い意欲を持ち,将来この分野で社会に貢献しようと思っている者。調査や実験などによって物事を解明することを好み,課外活動で活躍した実績を持つ者の応募を歓迎する。

(3)生命科学科

 知識欲・探求心が旺盛で,地道な努力と深い思考ができる者が望ましい。自己推薦特別入学試験は学力試験では評価できない潜在能力を有する学生を採用することが目的である。したがって,全科目を万遍なくこなすのは得意ではないが,特定の科目(特に生物と化学)が得意な者,あるいは特筆すべき個性・資質を持つ者を求めたい。なお,生物基礎及び生物,化学基礎及び化学を履修していることが望ましい。

(4)食料環境政策学科

 第1に,食料問題・環境問題に強い関心を持っている者。例えば,それらに関する事柄について自ら積極的に調べ,発表し,また行動する者。第2に,社会科学的な知識欲・探究心に富む者。例えば,食料問題・環境問題を社会の仕組みという点から探求し,その解決策を考えたいという強い意欲を持っている者。第3に,大学を卒業した後は,関連する分野で社会に貢献しようという具体的なイメージを持っている者。例えば,高い外国語能力を身に付け,国際的に活躍したいというのもその一つである。

 

 自己推薦特別入試では、学科ごとに求める生徒像が大きく異なりますが、高い学習意欲、課外活動や外国語、理系科目で突出した才を持つ生徒を求めています。

 基礎的な知識、及び高校時代からの活動実績があり、農業分野で将来活躍したいという強い意欲を持つ者を求めています。

明治大学農学部って?

アドミッションポリシー

 人類の福祉と健康に関わる課題に対し、農業・食料分野から解決を図ることを目的に研究活動を行なっているようです。農学の役割を理解し専門的知識と技術、そして人間性豊かな人物を育てることを目標としています。共通するところとしては課題解決に向けたものを感じます。特に学科については以下の要項に書いてある通りです。

(要綱より)農学部は,人類の福祉と健康に関わる課題の解決に向けて「食料・環境・生命」という21世紀を象徴する3つのキーワードを軸に,新時代に対応した特色ある教育・研究を行っています。新時代を担う専門的 知識と技術を身に付けた人間性豊かな人材の育成に努めています。 そのため農学の役割と魅力を理解し,幅広い教養を身に付けた志願者を期待します。各学科では,具体的に次のような学生を求めています。

  ○農学科:人類の生存にとって最も重要な食料生産や環境の保全に関わる分野で活躍できるよう,地球的視野・幅広い科学的素養と農学に関連する基礎的技術体系を総合的に身に付けた,問題解決能力 の高い人材となることを目指す学生 

 ○農芸化学科:農芸化学分野に関する事柄を的確に評価判断するために必要な幅広い専門知識と確 かな実験技術を習得し,生物機能を応用したバイオテクノロジーと最新のサイエンスを融合した手法を用い,人間生活に関わる食品・環境,微生物,化学・生物の各分野で日本のみならず国際社会にすることを目指す学生 

 ○生命科学科:あらゆる生物の生命現象を分子レベルで解析・解明し,生物個体の多様な生命現象のメカニズムや生物間の相互関係などを探り,生命全般や地球的な環境の問題の解決に貢献することを目指す学生 

 ○食料環境政策学科:人類の生存基盤と福祉に関わる食料・農業問題と環境・資源問題について,社会科学の観点から,個人,地域から地球規模までを広く視野に入れ,問題解決への道筋を考究し,行動できるような専門性と総合性を兼ね備えた人材となることを目指す学生

 

志望理由書を作る際に気をつける2つのポイント

 志望理由書を書いていく中で、受験生が陥りがちなミス、その対策について特別に教えちゃいます!

「大学で何をやりたいのか。それが自分に、社会にどのような価値を持つのか」を必ず示そう!

 自己推薦特別入試では要項にある通り、意欲的な生徒を第一に求めています。自分がその生徒像に合う人間、だということを説得力のある文章で示さなくてはなりません。特に大学は受験生を「具体的な目標や研究テーマ」を持っているかに注目して見ています。もちろん農業への知見が深く、関心が強いことをアピールしなくてはなりません。

 しかしいかに熱意を示しても、行いたい研究などが独りよがりの「社会に利益のない」ものでは評価はされません。自分の中で具体的なプランがあり、大学でどのように積極的に行動していくかを書くこと。そしてそこから合格に近づくためには、「プランに自身はどのように関わっていくのか」「大学で自分はどう成長したいのか」「プランが社会にどのようなバリューを生むのか」を簡潔に納得のいくように書くことが重要です。他の資料と併せながらこのような点に注意しながら自分をアピールしていきましょう。

 特に農学部は3年生から研究室に入ることができ、研究に没頭できる環境ですが、ただ研究するだけでなく、実地調査等を交えながら実際の農業問題の解決を図るなどと、研究的な学部の中で自分がどう活きるか、どのような手法を用いて農業に貢献するのかということを明確に示さなくてはなりません。

推敲するときは1度書いてから、否定的にその文を何度も読み込もう!

 1度志望理由書を書き上げると、書ききった達成感や喜びで客観視出来ず、誤りに気づけないままでいるケースが多いです。(特に先ほど言った社会にとってどのような影響を与えるかといった点について)

 書き上げてからどんどん志望理由書をグレードアップしていくことが合格に近づく重要な作業です。その際に、あえて自分に厳しく、意地悪に(揚げ足取り気味な)スタンスで自分の志望理由書を見直していきましょう。それによって、誤った論理の部分に気づき、またそんな自分の意見に反論ができれば、志望理由書に書いたことへの自信が生まれ、その後の面接試験の対策などにもつながっていきます。

合格への志望理由書3つの極意

自分と大学のマッチングする(自分がふさわしい)ところを客観的に一番詳しく書こう!

 志望理由書を書いていく中で一番説明をするのが難しいポイント!なぜ他の大学の農学部ではなく明治大学を志望するのかを読む人が納得できるように書こう。それだけでなく自分自身の特徴などと大学のマッチングポイントを書けると説得力が上がります。特に自分の過去や将来と大学に結びつく点を探して書こう!

熱意のあまり、感情的になりやすい志望理由を一番論理的に!

 〇〇がしたいから。△△だから明治大学に入りたい。志望理由書の肝心な部分に限って意外と理由になっていないことが多いんです…。例えば、雰囲気に惹かれたから。幼い頃から憧れていたから。農業の勉強をしたいから。そこまででは明治大学に漠然と行きたい理由、農学部に進学しようとした理由、のどちらかはわかる、その程度の志望理由書になってしまいます。「明治大学農学部〇〇学科」に進学したい理由、なぜ他大学の農学部でなく明治大学農学部なのかについて一番丁寧に書きましょう。そのために募集要項、大学パンフレットは隅々まで読み込み、その上で研究室や研究内容等も把握しておきましょう。

現在に近づくにつれ具体的に書こう!

 1000字の中で全てを丁寧に1から書いていては到底収まり切るはずがありません。コツとしては、幼稚園生の頃よりは高校時代の話をするように、自分が長期的に思い描いてる将来よりかは、大学の4年間で何をするのか、卒業後何をしていくのかと現在から近いことを重点的に書いていきましょう。高校時代に何を行なってきたかを中心に志望理由書をかけると説得力が増します。

 

Loochs志塾へ是非ご相談を

Loochs志塾は志望理由書の添削を始め、選考課題対策・サポート、面接試験対策、動画試験などの新型コロナウイルス によって今年から生まれた試験の対策も行っています!

Loochs志塾では他の提出書類や、受験情報についても対策記事があるのでチェックしてみてください!!

久保 領雄音
この記事を書いたひと 久保 領雄音

Kubo leon

慶應SFC環境情報学部に2019年度春AO入試を経て入学。1年間のドイツ留学は人生の分岐点となった。競技歴15年のカヌースプリント競技では日本代表として戦う。自身のアスリートとしての人生が戦略的思考を養い、マーケティングを学ぶキッカケとなる。大学では企業やデジタルマーケティング、ブランディングなどを探求する研究会に所属。これからは、総合型選抜時代においてスポーツに励んできた学生が受験で平等に戦えるためにアスリート学生の強みを本気で引き出すコンテンツを作成したい。

合格に必要なこと全部教えます
【無料】体験授業・相談会に申し込む
担当より日程調整の連絡をお送りさせていただきます。
総合型選抜入試で成功するための合格プランを一緒に考えましょう。

    必須希望受講方式

    必須受講者氏名

    必須受講者フリガナ

    必須現在の学年
    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須希望日程・時間
    ※日程は候補日ですので、担当者と調整後確定します。複数の日程を1~2週間の余裕をもってご記入ください。

    必須希望校舎

    各校舎ともオンラインでの対応が可能です。

    任意所属高校

    任意志望大学